風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2015/03/28(Sat) 19:59:27

3月28日
本日は有馬公生くんのお誕生日です。おめでとう、やっと15歳だね。中3なのに、14歳という設定のまま、すべてのストーリーが進むと聞いてました。

「トゥインクル リトルスター」CDも、くりかえし聞いてます。なんか恥ずかしいです……。けど、「愛の喜び」をモデルアーテイストのかたが演奏してくださり、聞かせていただけただけで、大満足です。


 

2015/03/20(Fri) 22:27:43

3月20日
新刊のイラストレータさんが内定。出るのは当分先……来年ですが、俄然やる気が出てきました、原稿はこれからです。

「四月は君の嘘」アニメ最終回、拝見いたしました!
またしても、連載最終回と同じかをちゃんの言葉で、泣いてしまいました。

公式ついったの方で、監督さんも書かれてましたが。このストーリーに関わった者は、私もですが、この最終回を事前に教えられた上で、お仕事してます。なので、演出に気を遣っています。

どうか、最終回を知って、もう一度、物語を、読み返しあるいは視返してくださいませんか。

笑ったはずのシーンで、涙がこみあげるかもしれません。


いただいた本のご紹介
「ひとしずくの星」「海波家のつくも神2」
(著:淡路帆希先生 画:えいひ先生 富士見L文庫より発売中)
淡路先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。
連続刊行です。「ひとしずくの星」泣ける純愛ストーリーのファンタジー、こういうのは大好物です!

 

2015/03/12(Thu) 21:02:20

3月12日
「四月は君の嘘」クラシックCD第2弾が、3/25に発売になります。
詳しくはこちら↓の公式ページへどうぞ。http://www.kimiuso-ongakucho.com/

小説版「6人のエチュード」で登場させた曲も、たくさん収録していただいてます。
本当に光栄です。感激しております、どうもありがとうございます!!

公式サイトより引用---------------------------

<収録曲>
01. モーツァルト:きらきら星変奏曲 K.265
02. クライスラー:愛の喜び
03. モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番第3楽章 <トルコ行進曲>
04. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻第1番 BWV846 前奏曲
05. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻第1番 BWV846 フーガ
06. モーツァルト:ピアノ・ソナタ第3番第3楽章 K.281
07. チャイコフスキー:“眠りの森の美女”より「バラのアダージョ」(ピアノ連弾版)
08. ショパン:エチュード ホ長調 作品10-3 <別れの曲>
09. ショパン:幻想即興曲 作品66
10. ベートーベン:ピアノ・ソナタ第23番 <熱情> 第3楽章
11. ショパン/イザイ編:バラード第1番 ト短調 作品23

----------------------------------------引用ここまで

 

2015/03/05(Thu) 22:33:27

3月5日
「着物憑きお紺覚書」発売になりました!
1820年代の、東京になる前の江戸へ、訪れてください。

みんな着物を着ていて、電気なんかなくて、髪型は今と全然違って。
でも、わりと今と変わらない暮らしをしていて。
今よりもずっとずっと、人の命が儚かった。
だから、人の存在そのものがみんなみんな愛おしかった、そんな時代です。

食事シーンの描写には、特に力が入ってます(笑)

いただいた本のご紹介
「深紅の魔砲耳(クリムゾン・マギ・トラニオン) ―第十六独立戦車小隊の奮戦」
(著:舞阪洸先生 画:日本円(ひのもとまどか)先生 ファミ通文庫から発売中)
舞阪先生から頂戴いたしました。いつも本当にどうもありがとうございます。
新シリーズです。戦車に乗って戦う傭兵の女の子たち。かっこいいです。

 

2015/03/01(Sun) 11:56:40

3月1日
HEADLINEにも書きましたが。

「小説 四月は君の嘘」の在庫ですが、大都市圏とオンライン書店では手に入りにくくなっております。申し訳ございません。
講談社の社内や倉庫にも、売れる品は一冊も残っていないそうです。

しかし。担当さんもおっしゃっていたし、私もそう思う裏技なのですが、ノイタミナ放映のない地方のリアル書店店頭には、かなりの在庫がございます。私の住む長野県も、実はそうなんです。

春休みの旅行先、お知り合いや、ネットで助けを求めるなどして、地方のリアル書店のマガジンKCの棚を、のぞいてみてくださいませんか?

お手数をおかけしまして、大変恐れ入ります。よろしくお願い申しあげます。


いただいた本のご紹介
「パラプラ学園」
(著:木村航先生 画:やむ茶先生 角川スニーカー文庫より発売中)
木村先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。頭の上がお花畑になっている中学生たちの、愉快なお話……です。いや、文字通り。頭に植えた植物と共生しないと、生きていけない世界のお話。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania