風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2013/08/21(Wed) 21:23:01

8月21日
原稿がんばって書いてます。この原稿は年内に出ます。
来月以降書くのは、来年になると思います。今のところ、春に出る本までが、数冊、お仕事決まっております。

池山田先生のブログ読ませていただいたら、先週末に開催された「ちゃお」と「Sh0-Comi」のファン感謝イベント「サマーフェスティバル」(パシフィコ横浜)の際、ノベライズ版にも事前サインしてくださったんですね。本当にどうもありがとうございます! きっとお買い求め下さった皆様の宝物になったことでしょう^^ お求めいただいた皆様も、まことにありがとうございます。
サイン本は当日会場で、冊数限定で販売されるんですが、編集部ブログを拝見するかぎり、あっという間に売り切れた、みたいですね。


いただいた本のご紹介
「魔天使マテリアル 将此仝鋲箸竜鎧痢
(著:藤咲あゆな先生 画:藤丘ようこ先生 ポプラカラフル文庫より発売中)
藤咲先生から頂戴いたしました。いつも本当にどうもありがとうございます。なんかだんだんダーク方向へ? 私は大好物です!! 切なく激しい物語です。

 

2013/08/14(Wed) 22:00:43

8月14日
小学館ビルの落書きが、ニュースになっていますね。私、書かれた次の日、まだ話題になる前に、小学館ビルのすぐ前までいったんですよね。
なのに、見てこなかった……知らなくて、帰宅してから編集部ブログで知って、がーん。
編集部は、ブログにもありますけど、毎日新聞社のお隣あたりへ仮住まいしています。三年間だそうで、しばらく、打ち合わせはそちらに伺うことになります。

いただいた本のご紹介
「夜姫(よるひめ)と亡国(ぼうこく)の六姫士(ろくきし) I」
(著:舞阪洸先生 画:こ〜ちゃ先生 ファミ通文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつも本当にありがとうございます。新シリーズ始動です。
で、なんですか、この衝撃のラストは! とんでもない展開、こんなの見たこと、私はないですよ。似たような発想での展開はあっても、こうまではならなかった。どうなるんでしょう、この先。どうするのか、伏線らしいものはどうどうと書かれていたようにも思いましたが。

 

2013/08/12(Mon) 23:11:19

8月12日
打ち合わせと取材で、東京行ってきました。コミケではないです、残念ながら。

あちこち行ったんですが、一つだけ書くと。
東京国立博物館の「和様の書」展。
場所は、「こばかわ」ノベライズで、めごが戦国武将展に萌えまくっていた、あそこのモデルの建物です。

展示内容は、歴史上有名な「書」。
世界記憶遺産に登録の御堂関白記こと要するに藤原道長のスケジュール帳とか、信長・秀吉・家康の直筆の手紙とか、なんですけど。


私が見たいのは、藤原道長の盟友にして秘書というか執事、藤原行成さまの字なの!
どうしようもない朴念仁でまじめが直衣着て歩いていて、冗談の一つも言えない人で(本人も気にはしている)、後朝の手紙(ラブレター)を職場の事務用便せんで書いてくる人だけど。
字だけは上手い(清少納言:談)、手紙の内容はつまんなくてどうしようもないし事務用便せんだけど、字だけは上手いから取っておく価値がある、という人。

すっげえ萌え。

行成さまが、清少納言の曾祖父清原深養父の歌を書いた色紙なんて、すごすぎる!!!
この二人は仲がよかったんです。
百人一首の清少納言「よをこめて」は、行成さまとのやりとりで詠んだ歌。枕草子にも書いてあります。


しかも隣には、藤原定家が、頼まれて書いて、親戚の別荘のふすまに貼ったという、百人一首の色紙の本物「これやこの」が!!!!

なんてすごいすごいすごい、「ちはや3」のネタにしたそのまんまじゃない! 
「これやこの」は、今回、大切な場面で使ったんですよ、ふっと浮かんで。色紙の話も書けたし。
なんていいものを拝見したんだ、眼福だぁぁぁぁ。

と、まあ、一人で萌えまくって怪しい人だったわけで(めごが政宗さまの鎧に萌えていた気持ちはよーくわかります、あそこまで私は怪しくはなかったと思うけど……いや、充分怪しかったかも……)、ここにかなちゃん(ちはやふるの)がいてくれたら、どんなにか二人で盛り上がれただろうに……とちょっと残念でした(笑)

 

2013/08/05(Mon) 22:37:49

8月5日
原稿書けた、ちはやふる3巻の私の作業が全部終わった。夏休み……といかないのが今年の情況。ひきつづき、書いた原稿の手直しと、今後書く原稿のプロットづくりです。
とりあえず、あまりにも日用品のストックがなくなってしまったので、ちょっとだけ買い物に。積ん読山脈がかなりやばい高さになってます。これ、いつになったら解消できるんだろ。

いただいた本のご紹介
「星刻の竜騎士(ドラグナー)将掘
(著:瑞智士記先生 画:〆鯖コハダ先生 MF文庫Jより発売中)
瑞智先生より頂戴いたしました。いつもありがとうございます。そして、アニメ化決定、おめでとうございます! ラクエルの私服がとっても可愛いですね!

 

2013/08/01(Thu) 10:46:37

8月1日
小林が可愛すぎてツライっ!! ―秘密のWデート!?―
試し読みはこちらになります。p28までご覧いただけます。そこまでで、原作からの登場キャラは全員そろってますので、ぜひご確認くださいv
http://sokuyomi.jp/product/kobayasiga_002/LN/1/

いただいた本のご紹介
「蒼天のサムライ 第一部 端琉島脱出戦」
(著:田代裕彦先生 画:naji先生 オーバーラップ文庫より発売中)
田代先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。空飛ぶ竜とプロペラ戦闘機が戦うという、なかなかない発想のファンタジー戦記です。雰囲気は和風ですね。萌えではなく、シリアス方向です! 迫力ある重厚な物語に引き込まれます。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania