風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2013/02/28(Thu) 19:21:51

2月28日
ようやく! 発売日になって(というか、どうやら今日が公式の発売日のようです)、「コドモ警察」の出版社公式ご案内ページができました!!

ただ、この紹介文は、映画の内容です。オリジナル部分も少々ある小説の内容とは、若干違いますので、あしからずご了承下さいませ。

読売KoDoMo新聞の先週号(週刊)に、この映画の取材記事が載っています。今日、図書館へ行けたので、探して読んできました。(うち、取ってなくて……すみません)

 

2013/02/27(Wed) 19:58:00

2月27日
心当たりを探しても、まだ公式発表がみつからないのですが、さすがに、著者見本も届いているし、オンライン書店の多くでもう取り扱っているので。情報公開しますね。

3月1日発売(もしかしたら都市部では28日にもう店頭に出るかもしれませんが、一応こちらの日付で)
「コドモ警察」
脚本:福田雄一監督 小学館ジュニアシネマ文庫より発売。¥735(税込)

映画「コドモ警察」(3月20日全国公開)の、ノベライズです。だいたいシナリオ通りです。
主演は鈴木福くん。くわしくはこちらの映画公式サイトをご覧下さい。

 

2013/02/24(Sun) 20:09:56

2月24日
下記の日記の件、発売日が変更になってますね。

2月28日ということで……。

実は私も正確なことを知らなくて申し訳ないのですが……28日か1日と聞いてまして、遅い方を告知しておこうかと。
児童書はけっこう、発売日がアバウトなことがあったりします。

確かに主役や主な出演者の年齢からして「児童向け」でして、総ルビ=全部の漢字にふりがながあるレーベルなのですが、映画の内容と、ファン層に合わせて、文章は大人の読書に充分耐えうる仕様を選ばせていただきました。
ようするに、ふりがな以外は一般向けの本と変わらない印象や読後感になっています。むしろ大人だけが、読めば笑えるようなやりとりが含まれます。

なので大人の方にも、ぜひ読んでいただきたいです。

「小説ちはやふる中学生編」も、大人が読んでも読み応えがあるよう意識していますが、小学校高学年の方から、ずいぶん愛読者ハガキをいただいているそうです。
文章の読みやすさ、おもしろさか理解のしやすさは、言い回しや単語や慣用句が難しいかどうか、とはまたすこし別のところにあるのかもしれませんね。

 

2013/02/20(Wed) 23:03:39

2月21日
一時間ほどフライング更新ですが。

セブンネットショッピングさんで、こんな予約ページ見つけました
これも、私が書いた本なのですが……。

今日の発売予定になっちゃっているので、僭越ながら訂正させて下さい。
セブンネットショッピングさんが違っているのではありません。
編集上の都合で、発売は3月1日になりました。

本の内容について詳しいことは、公式発表を確認してからお伝えいたします。
出版社さんも、この映画の公式フェイスブックさんも、まだ何も発表していらっしゃいませんので……いや、どちらも予告はすでになさってますけど、時海が書いたとは発表しておいでではないので。

 

2013/02/20(Wed) 09:27:53

2月20日
「ナゾトキ姫は名探偵v 〜怪盗時計うさぎからの挑戦状〜」発売日です。
お近くの小学生女子の皆様にお勧めいただけましたら、幸いに存じます。ぺこり。100ページくらいの薄さですから、抵抗感も軽減されるでしょうし、イラストとパズルいっぱいで、楽しめる本ですので。

オンライン書店さまでは既に発売が始まっております。リアル書店さまは、開店時刻になったら見に行ってみます! 
全国どこでもコミックス売り場にあると思うのですが(私の地元のリアル書店さまではそうです)、見つからない場合、もしかしたら、児童書売り場にあるかもしれませんので、探してみて下さい。本の形自体は、四六判(しろくばん)という、ソフトカバーの単行本なのです。

なにげにこの「四六判」という「単行本用のサイズ」で本を出すのは、デビューから10年超えて初めてで、「大きいなあ……」と感じました。
ちなみに文庫はA6判、コミックス・新書(児童文庫)はB6判だったと思います。このB6判よりさらに一回り大きいのが四六判。

でもなんで「四六」などという変わった名前なんだろう、と今調べました。
ええと、本のサイズとしては横四寸二分、縦六寸二分なので略してそう呼ぶらしい……なるほど。本のサイズは原紙のサイズから決まるので、江戸や明治時代の寸法が生きてるんですね。
本は一枚の大きな紙(原紙)を三十二等分(両面印刷すると64ページ)にして、それを一冊にしていたのが始まり……確かに江戸時代のラノベ本(草双紙)ってそのくらいだな……現在はその四分の一の16ページが一単位(折・おり、と呼ぶ)ですね、その単位でページを増やしたり減らしたりするのですよ。なのでどの本も、紙の枚数が(ノンブル=ページ数がついていない紙も含め)16の倍数のはずです。ホントかなと気になったら、ぜひ数えてみて下さいね。

 

2013/02/15(Fri) 14:25:40

2月15日

HEADLINEにも書きましたが、新刊発売です!
2月20日発売予定!
「ちゃおノベルズ パズル&推理ブック ナゾトキ姫は名探偵v 〜怪盗時計うさぎからの挑戦状〜」
原作&絵:阿南まゆき先生 小学館ちゃおコミックスより発売 ¥840(税込)

書影入りの出版社公式ご案内ページはこちらです

小学生女子に大人気! 「ちゃお」の人気連載マンガ「ナゾトキ姫は名探偵v」の、パズルブックです。物語に合わせて実際にパズルも解いてゆける本です。
物語だけでなく、パズルも全部時海が作りました。(図は下絵を描いただけで、阿南先生とプロの図版デザイナさんにしあげていただきました)
これだけパズルがいっぱい出てくると、普通、パズルと物語とを別の人が作るのですが、私、いつかこういう本を作りたかったので、はりきって両方作ってしまいました(笑)

既にただいま、見本が手元に到着しております!
ソフトカバーの児童書単行本扱いなので、紙が厚くて、字が大きいですね。というかそもそも本のサイズが大きいです。そしてページ数が実は、本文部分100pあまりです。そこにパズルとイラストと文が入っているのです。

本が苦手な小学生の皆さんも、とても楽しめる本を作ったつもりですので、喜んでもらえるとうれしいなぁと思っています。

何よりもカバーイラストがすばらしくて、阿南先生に大感謝です! 本当にありがとうございます!

 

2013/02/14(Thu) 21:54:25

2月14日
バレンタインデー。自分チョコ食べ過ぎた時海です。徳用袋で買ってしまった……。
担当さまがたにはお世話チョコとか友チョコをお届けいたしました。
去年と同じなんですけど、竹取物語をモチーフにした京都のチョコです。あ、講談社児童書出版部あてには、「食べながら百人一首が憶えられる優れた逸品」のおせんべいも。

新刊なのですが、実はすでに広告というか予告は打たれているのです。
しかし、私の名前がまだ載っていないんですね……。
私が確認できる範囲では、書影も公開されていません。

なのでもうしばらく、発表は待とうと思います。お待たせしてしまいまして、申し訳ございません。

 

2013/02/09(Sat) 21:17:52

2月9日
余寒お見舞い申し上げます。

今年も活動シーズンがやってきました、余寒お見舞い普及活動委員会。
夏は暑中見舞いの時期を過ぎたら残暑見舞いだから、冬は寒中見舞いの時期を過ぎたら余寒見舞いなのです。

と、毎年同じ事を書いてますが……(笑)
チョコレートの香りとともにやってくるのは、余寒お見舞いと確定申告。

いただいた本のご紹介
「ガブリエラ戦記 白兎騎士団(しろうさぎ)の切り札」
(著:舞阪洸先生 画:優木きら先生 ファミ通文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。本当にいつもどうもありがとうございます。
シリーズ完結編です。まだ後一冊、今月末に外伝が出るそうですが。
かわいい顔して黒い策を天然に考えついちゃうガブリエラの、最後の奇策はものすごくとんでもなかったです。
完結、ちょっと寂しいです。舞阪先生お疲れ様&楽しい物語をありがとうございました。


 

2013/02/01(Fri) 09:49:46

2月1日
近々2冊本が出るはずですが、公式発表がまだなので、情報公開はもうすこしお待ちいただけますと、幸いに存じます。おそれいります。

やっと忙しさが一段落しました。でも来月また忙しいことが判っているので、できることは少しでも進めたいです。

いただいた本のご紹介
「星刻の竜騎士(ドラグナー)XI」
(著:瑞智士記先生 画:〆鯖コハダ先生 MF文庫Jより発売中)
瑞智先生より頂戴いたしました! 本当にいつもどうもありがとうございます。
シリーズも第3部、主人公アッシュが一学年進級して、リアル妹リンダが入学してきましたよ。やけに女子の面倒見が天然でよすぎると思ったら、アッシュはずっと妹の面倒を見てきた好いお兄ちゃんだったのですね。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania