風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2012/12/31(Mon) 10:43:53

12月31日
2012年も本日限りとなりました。お仕事は年またぎです。ううう。

担当トモねえさまのルルル文庫ブログにもありますが、ファンレター確かに昨日転送いただいております。

お返事は、寒中見舞いぐらいの時期になっちゃいますけど、お送りいたします。
お手紙、本当にうれしいです、どうもありがとうございます。元気が出ます!

が……以前にもここに書いた気がしますし、他の小説家や漫画家の先生もよくおっしゃっていることですが、お願いがございます。

「お返事ください」と手紙に書かれたかた、お願いですから、ご自分のご住所、お名前もちゃんと書いてくださいませんでしょうか。

ご住所とお名前がないと、お返事の出しようがございませんので、書き忘れてないかよーく確かめてから、ポストに入れてくださいね。
封筒に書くと、誰かに見られそうで心配、というかたは、中の便せんでいいですので、かならずご住所(〒番号も)・お名前を全部書いてくださいね。

私としても、お返事が出したくても出せないと、とてももやもやして、気になってしまいますので。


最後がなんかお願いになってしまって恐縮です。
本年も一年間、応援いただきまして、本当にありがとうございました。
来年もがんばります、なにとぞごひいきのほど、よろしくお願いもうしあげます。

 

2012/12/29(Sat) 15:52:54

12月29日

年明け1月5日、近江神宮で開催される小倉百人一首競技かるた名人戦・クイーン戦。
「今年はインターネットで中継するそうですよ」と、私の古い知り合いで、関係者とつながりのあるかたから、先日教えていただきました。

どうやらニコニコ生放送のようです。告知してますので、青字をクリックしてみてください。

驚くのはその中継時間の長さです。休憩が長いわけではけっしてございません。試合が長いのです。これを着物きっちり着て戦い続けるのですから、なんてタフな競技だろうと、恐れ入ります。

原稿が書けてたら見たいけど、たぶん書けてないだろうな……しくしくしく。

 

2012/12/28(Fri) 21:25:29

12月28日
仕事納め……に全然なっていない時海です。
クリスマスも中止してたのに、お正月も中止みたいです。全部お仕事です。ひたすら書いてます……。ホントはちゃんと今日までに終わる予定だったのに、なんか気に入らなくてずっと書き直してて、すみません担当さま。

いただいた本のご紹介
「桜小なんでも修理クラブ! カヤの木伝説の謎」
(著:深月ともみ先生 画:千秋ユウせんせい  講談社青い鳥文庫から発売中)
深月先生から頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます!
シリーズ第三弾です!! あいかわらずまーくんがいい味出してます。 

 

2012/12/23(Sun) 22:31:53

12月23日
とうとう大河ドラマ「清盛」が最終回でした。主人公は清盛なので、清盛没後のことは確かに蛇足なんですけど……30分足らずで弁慶の立ち往生まで全部やるとは(笑)。
いったいどうなったんだ??? とスピード展開についてゆけなかったかたには、拙著「平家物語 夢を追う者」をお勧めします(笑) 

私、子どものころから憶えようとしてたのに、いまだに、囲碁と双六(バックギャモン)のルールが憶えられません。どっちも簡単な道具は持ってるんですけどね。
篠笛(一番簡単な横笛)も練習したけど、まだ音が出せないままだし、古今和歌集は暗記できてないし、平安時代へ行ってもぜんぜん遊べなさそうです(笑)


いただいた本のご紹介
「暗記しないでうまくなる百人一首」
(著:田口貴志先生 コーエーテクモゲームスより発売中 実用書)
株式会社コーエーテクモゲームス書籍編集部から頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。

中高生向けの、競技かるた=小倉百人一首のガイドです。主に、語呂合わせで、歌を百首記憶するための本です。
こういう本、たぶんなかったんじゃないかと。
ほかにも、「ここが知りたかったのよ、でも本では資料がなかったの、だから直接競技者の方に話を聞いて歩いたの」みたいなことがいっぱいですので、お勧めです。

田口先生は、「ちはやふる」原作監修をされている、競技かるた全国高校選手権大会(7月近江神宮の)で連覇している強豪校、暁星高校かるた部の顧問のかたです。もちろんA級選手です。
私も取材で大変お世話になりました。

 

2012/12/20(Thu) 21:48:24

12月20日
「小説ちはやふる中学生編2」無事オリコンランキングに滑り込みました。

このシーズン、年賀状の本がリストの半分くらいを占めちゃうので、はじき出されるかな、と心配していたのですが、1巻と変わらずの売れ行き、本当に本当にほんっっとーーーうううに、お買い上げくださいました読者の皆みなさまのおかげです。
心から感謝感激いたしております。

深く深く御礼もうしあげます、どうもありがとうございます!!!!!!!

 

2012/12/14(Fri) 08:30:04

12月14日

「竹取物語」を原作とした「かぐや姫の物語」が、来年夏、ジブリの高畑勲監督でアニメ映画になるそうですね。
前々からジブリ映画化がうわさにはなっていたので、「ホントだといいんですけどねー」と担当さんとこぼしながら、「竹取物語 蒼き月のかぐや姫」を書いたから、かなりうれしいです。

このジブリのアニメ映画は、「かぐや姫の犯した罪と罰」というのがテーマらしいです。
確かに彼女は、「罪を犯したので、しばらく地上に送られた」という設定になっています。

では、どんな罪を犯したのでしょうか?
原本には書かれていません。


私が読んだ研究書の一つに、「人を愛してしまった」「恋をした」という意味のことが書かれていました。
「これだーっっ」と思いました(笑)

なので私は、オリジナルの台詞で「もしもわたしがこの国に生まれた人であったなら、人を愛してもゆるされたのでしょうか」とかぐや姫に言わせました。
はっきり「恋をしたのが罪です」と言っちゃうわけにはゆきませんからね、一説に過ぎないので。

なお、オリジナルで補った台詞はホントに数カ所です。全体的に、たいへん原文に忠実です。


かぐや姫の罪、あるいは「人を色気で惑わせた」みたいな意味での「恋愛の罪」(仏教ではこういう感情は罪ですから)、だと解釈したのだとは思いますが、研究者のかたは。

その因果で、地上でも同じ苦しみを味わう。男に追っかけ回される、という。その罪から解放されない、ずっと繰り返す。というのが地獄の苦しみというか仏教的な罰ですからね。
そこからの解脱を目指すわけです。


私は子どものころ、「かぐや姫の罪」は「泥棒」だとなぜか思っていました。
「人を愛してしまった」としたら、悩みも苦しみのない月の都って、つまらないところなのでしょうかねえ。たしかに恋愛は悩みも苦しいことも多いけれど。
考えさせられます。


なお、「かぐや姫の物語」の公式サイトはこちらだそうです

 

2012/12/13(Thu) 08:44:59

12月13日
「小説 ちはやふる 中学生編 2」発売になりました!
原作&絵 末次由紀先生 講談社KCデラックス 予価¥700(税込み・1巻と同じお値段)
この書籍の出版社公式ご紹介ページはこちらになります。

ええと、新の隣人、由宇の名字が判明します……たしか、原作には出てませんでしたよね、アニメでもエンドロールでは判明してなかった気が……。
会話が全部福井の方言です、アニメでの新の口調の雰囲気再現にチャレンジしました。担当さまと全力で!!

 

2012/12/12(Wed) 21:41:47

2012年12月12日
帰宅したら家族から、「12時12分に記念写真とか撮った?」と聞かれ、初めて今日がぞろめの日付だと気がつきました……。
すみません、仕事が忙しくて……先日、東京まで取材と打ち合わせに行ってきました。

今度の舞台は、とても伝統あるステキな街でした。府中市も緑や花が多くてステキでしたけど。資料本もいっぱい買いました。もってかえるには重すぎて、無料配送を利用するくらい買いました。

いまのところ、来年1年間で出ることが決まっている本は6冊です。そしてまだ、そのうち2冊を書きかけているだけです! はっはっは。笑うしかないです……。

「小説ちはやふる中学生編2」の見本が届いてました、取材で留守の間に。
オンライン書店では、今日から発送が始まったようです。
今回は、読者プレゼントがありますので、帯をすみずみまで、ぜひごらんください。

 

2012/12/06(Thu) 08:52:25

12月6日
おまたせいたしました、「小説ちはやふる中学生編2」の書影です!!
コミックナタリーさんでご紹介(ここクリック)いただきました。どうもありがとうございます。
末次先生描き下ろし、挿絵も一番最初のが公開されてますね。
かるた大会の新の対戦シーンのみひらき挿絵は、すごい迫力なんですけど、絵でネタばれしちゃうんで、発売までひみつですVv
末次先生、本当にどうもありがとうございます、感激です。

 

2012/12/05(Wed) 09:29:53

12月5日
一部のオンライン書店で、「小説ちはやふる中学生編2」のカバーイラスト(書影)がUPされたみたいです。温かな色遣いです。
来年のお仕事がもう何冊か決まっている……でも出るのは夏とか秋とかです。

 

2012/12/04(Tue) 08:51:13

12月4日
ばりばり原稿中。年内に完成させないとね。
天使のアドベントカレンダーも毎日めくってます。窓のなかの絵も天使だった。

「ちはやふる」モバイル公式サイト(有料)では、小説版2巻のカバーイラスト(書影)が見られるのですが。ネットに公開されてる書影画像は、まだ見つけてません。
なお、同時発売で「ファンブック」と「かるた入門」も出るそうです。私も予約しましたーっ。

 

2012/12/01(Sat) 10:49:45

12月1日
今年も残すところあと一ヶ月!!!!
年内にもう2冊原稿が完成しないとならないんですが、おかしいな……。
とりあえず、「小説ちはやふる中学生編2」は、13日に発売予定です。カバーイラストは紅葉が目印。中学生の新と千早のツーショットです。
まるまる一冊分かけて新を描いてますので、1巻の千早たちのときよりも長期間、新の中学生時代をご紹介できてます。といっても、一年半ですけど。(千早たちは一年間)。


いただいた本のご紹介
「大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり 1」
(漫画:亜沙美先生 原作:高橋由太(ゆた)先生 徳間書店 Ryu comics より発売中)
亜沙美先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。「月刊コミックリュウ」連載が単行本になりました。
亜沙美先生初のストーリー漫画です。残念イケメンの冬坂さまが主人公です、たぶん。え、主人公は黒い子猫(に見える)クロスケさんですか?? 

あー、亜沙美先生「実は私も平家の鎧武者描いてるんです」時海「……だったら、よければ私の手持ち資料貸しましょうか?」という半年前の会話の意味がやっとわかりました(笑) なんのお仕事だろうかと思ってたんですが。すごい迫力ですね、この武者。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania