風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2012/11/30(Fri) 17:55:20

11月30日
原稿書いてます、来年の春に出ます、児童向けです。
青い鳥文庫からクリスマスに読みたい本のリストです。
日本史と日本の古典ばかりやっていると、クリスマスに縁がなくて残念ですね。でも、今書いている本では、クリスマスのシーンが!
外国が舞台でノンフィクションです。

いただいた本のご紹介
「落ちてきた龍王(ナーガ)と滅び行く魔女の国供
(著:舞阪洸先生 画:よう太先生 MF文庫Jより発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。本当にいつもいつもどうもありがとうございます。相変わらずのご健筆ぶりですね。
記憶喪失のナーガさま、名前を思い出したのかと思ったら、違ったのかい(笑) かっこいいのに、どこか残念なナーガさま(すけべぇ)ですが、やっぱり戦う姿はかっこいいのです、はい。

 

2012/11/25(Sun) 18:01:31

11月25日
今日は朝張った日陰の水たまりの氷が、一日中溶けませんでした。
ようやく、一仕事終わったので、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」を見てきました。

お坊さんたちがこの作品のテーマについて、「仏教的だ」と論じているとの噂をネットで見かけた記憶がありますが、因果応報といおうか、陰陽がセットになっていて、切り離せない、というのはとても東洋的ですよね、と私も感じました。
キリスト教的な思想では、善と悪は、全然別のものですから。

あんまり書くとネタばれしかねないので、この辺で。
「竹取物語」を書くとき、月の都の人の場面で、わたしのなかで まど☆マギの中のとあるイメージが喚び起こされて心にあったのは確かです。

 

2012/11/22(Thu) 19:52:03

11月22日
「小説ちはやふる2」イラストができ、見せていただきました!
すばらしくて、感涙にむせびました(マジで)
特にp170に載る予定の、新の表情! 目を奪われてしまって、それきり離せなくなりました。
末次先生、本当に感謝いたします、どうもありがとうございます!!!

 

2012/11/19(Mon) 10:01:45

11月19日
先日テレビ放映した「マリと子犬の物語」の感想まとめです。
昔から「子どもと動物にはどんな名役者も勝てない」というそうですが、まさにそう。特に妹役の5才〜6才くらいの子役俳優さんの演技。いっしょに泣いてしまいました。成犬マリを演じてる柴犬も、吹き替えなしですべて一匹でこなしていると聞きました。
犬好きは絶対泣いてしまうと思います。映画そのまま文に書き起こした拙著ノベライズも、いただいた見本を、愛犬家の作家さん数人にプレゼントしたら、泣けたそうです。

 

2012/11/18(Sun) 18:08:57

11月18日
「小説ちはやふる中学生編2」著者校正終わりました。

買い物に出たら、ドイツ製のアドベントカレンダーに一目惚れ。
幼子の天使が二人、座ってほおを寄せ、本を読んでいる洋画のデザインです。
12月1日からめくるタイプだったし、一枚買いました。格安だったし。
これでクリスマスまでカウントダウンができますね。

北海道の旭川で今日初雪と、ニュースで言ってます……うちのところ、もう初雪が降って、うっすら積もった(一日で溶けた)んですけど……どんだけ寒いんだろ。
ときどき北海道より寒いんですよ。

そういえば、上記著者校で「新学期が始まって数日、そろそろ桜が咲き始めそう」と書いたら「もう咲いてるのでは」と校閲さんからご指摘をうけました。開花の平年が4月5日くらいみたいです。
福井は温かいですね。雪はいつ溶けてしまうのだろう。

よその土地の季節感を書くときはホントに考えます、私はゴールデンウイークに花見がやっとできる生活だし。
調べずにてきとーに書くと、こうなります、ホントすみません。
私の原稿は校閲さん・校正係さんのおかげさまで正しくなっております、本当です、ありがとうございます。

 

2012/11/11(Sun) 08:41:23

11月11日
HEADLINEにも書きましたが。
明日12日(月)深夜25:59(13日1:59)から、日本テレビ「映画天国」で「マリと子犬の物語」を放映します。
ご覧になれるエリアにお住まいの方、よろしければどうぞ。

 

2012/11/09(Fri) 17:38:40

11月9日
あれこれ返事待ちだったりして、ちょっとエアポケット。次の仕事の資料を準備中。マンガ読んだり録画消化したりしつつ。


「好きです鈴木くん!! ―カーテンコール―」増刷決定です。
書店の店頭で見つかりにくくなっていて、本当にごめんなさい。
店員さんに注文して、お待ちいただけたらと思います。

詳しくはルルル文庫編集部ブログ、担当トモねえさまの本日の日記へ。
http://lu3.gagaga-lululu.jp/edit/2012/11/post_243.html
ちなみにピュアホワイトラブ9刷と↑にありますが、ウィズプレシャスハートは7刷しています。

こんなにも増刷重ねたの、実は初めての経験です。発売から3年経つというのに、まだ売れているなんて。
応援してくださったご愛読者の皆様、本当にありがとうございます!!!! 心から感謝申し上げます。深々ぺこり。

なお、「小説ちはやふる中学生編1」も先週3刷が出回ったはずです、連絡がありました。
「平家物語」もただいま増刷中です、もうすぐ出回りますので、店頭に見あたらなければ、ご注文の上、お待ちくださいませ。





今年はセットテープ発売50周年だそうですね。
昨日、調子の悪かったCDラジカセの、CDプレイヤーの回転部分がとうとう壊れまして。さっき、プレイヤーだけのシンプルなの、買ってきました。壁かけタイプ。ラジカセ部分なんて、使ったかどうか……。

でも、とっておくことにしました、ラジカセ。
書棚の奥に、古いカセットテープがあります。7才の時、担任の先生が、クラス全員の声を録音してくれたんです。初めて自分の声を聞いて、あまりのひどさに「これ私じゃない」と泣いた思い出があるテープです。

それが聞けなくなる、聞く手段を自ら捨てるってのは……いや、実は聞いたことないですけど……もしかしたらもう、音が消滅しているかもしれませんけど……なんか捨てられなくて。

もうカセットテープも、再生装置も売ってない……再生装置はまだ店頭にゼロではないですけどね。


私はまだフロッピーディスクを使っています、原稿の保存に。笑ってください。

だって、一生分毎日書き続けた仕事が、フラッシュメモリスティックどころか、CD一枚に入っちゃうのって、なんか手応えなさ過ぎません?
FDなら、一冊分の仕事がちょうど一枚に収まるんです。

数年前、FDが店頭から消えかけてたとき、100枚くらい、ワゴンセールでまとめ買いしました。
たぶん、もう手に入らないと思って。
FDリーダも世の中から消え、私の愛用のリーダがダメになるころまでには、きっと、これを使いきるだろう、と。

それでもまだ私が物書きを続けられていたら、そのときは何か別のバックアップを考えればいい、きっとそれは、幸せなことだから。


昔の人が和紙に墨で書いたものは、千数百年経っても無事に読めるんですよね……奈良時代のなんて、楷書ですから、すらすら読めます。

でも、今は、ハードが消えたら、ソフトが読めないんですよ? こんなにも沢山の情報や記録があふれているというのに。

かしこくなってるのかなあ、人間って……と少しだけ思います。
まあ、考古学好きの戯れ言とお聞き流しくだされば。

私は電子書籍も便利だけど(もちはこびやすいし)、本の残りページを確かめるのが、好きです。あとこれしかページが残っていないのに、この展開、どうなっちゃうんだ主人公!!! ってのが。

なんか本日も長文で失礼しました。

 

2012/11/06(Tue) 19:39:26

11月6日
「小説ちはやふる2」のカバーイラストができました。
中学生新の表情がとてもいとおしい、美しいイラストです。
末次先生の描かれる絵が本当にすばらしくて、尊敬いたします。もったいなくもありがとうございます。

 

2012/11/04(Sun) 19:22:09

11月4日
原稿に一区切りついたので、買い物に出たら、すっかりどこのお店もクリスマス仕様になっていてびっくりしたでござるの巻。
かぼちゃはどこへ消えたのだ? ぷち浦島気分。
ついついクリスマスソングにそそられて、クリスマスカードを買いました。ニャンコ先生の新作ガチャも手に入れました。
って、今年もあと二ヶ月ですか?? マジですか???? 年賀ハガキ買ってないですよ、もう売ってるじゃないですかっっ。

 

2012/11/01(Thu) 09:53:35

11月1日
今日は古典の日です。
解説はリンク先の読売新聞記事にゆずるとして、8月の終わりに国会で決まったみたいです。

古典は難しいとか、わかりにくいとか、思われがちですが、そんなことはありません。

考えてもみてください。昔は印刷なんかなくて、手書きで、借りた本を書き写して、自分のものにしてたんですよ。用紙も墨も筆もみんな高級品でお値段が高かったんです。

そんな時代に、つまんない本をわざわざ書き写しますかね、お金と手間暇かけて。おもしろいから、書き写すに値した本だけが、現代まで残っているのです。

では何が「難しく」「わかりにくく」思わせているのでしょうか。

私見ですが、平安時代など当時の精神的な背景とか常識を、現代の私たちが知らないから。
常識的ことは、今の本や記事でも、わざわざ文章内で解説したりしませんよね。
平安時代には常識でも、でも現代人の私たちには、文脈の中でそれとなく解説してもらわないと、さっぱりわからない。

特に仏教の知識や当時の人の信仰心、貴族の政治経済システム的なこと、非科学的といおうかオカルトが非日常ではなく日常と考えられていたこと。
この辺の「現代ではわからないこと」を補えたら、人間の心、恋愛や家族愛は変わりません。そこは人類の普遍的な感情で、深く共感できます。

それから、文法だの、正確な現代語訳だの、にこだわりすぎた「受験古文」にどっぷりつかったままでは、楽しめませんよね。私も嫌いです(笑) 
感覚で読めば、それで充分です。受験生のかた以外は、細部にこだわることなんかありません。
文法に正確な翻訳が一番いい、ということは、けっしてないと思います。

たぶん作者からしたら、文法がどうのこうので難しいからつまらないと思われるよりも、全体のセンスやテーマがおもしろい、こまかいことはわからないけど、と思われる方が、ずっとうれしいのではないでしょうか。

後世の人の文法の勉強のために書こうとして書いた作者は、一人もいないはずです。ただ、おもしろいと思ったから、書き留めたんです。

そして、読んだ人にもおもしろいと思われたからこそ、時を経ても書き写され続けて来たんです。

ここ100年足らずで、そのおもしろさが学校教育の中で色あせたとしたらば、残念でなりません。

これからも、機会があれば、古典をおもしろいと思える現代語訳を、私は世に出し続けたいです。
長文失礼いたしました。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania