風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 12 月 (3)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事内検索

2012/05/29(Tue) 21:06:22

5月29日
某風呂映画を見に行ってきました。スーパーの買い物でためた映画館のチケット引換券あるし。
いやもう、阿部ちゃんは、まったく日本人に見えませんね(笑) 

映画館への途中に温泉街があるんですけど、日帰り温泉施設に寄っていたら、ふにゃふにゃになって今日一日仕事しなさそうなので、がまんしました。タオルも用意してゆきませんでした。
でも、そのあと仕事して帰宅時、スーパーで買い物したとき、温泉卵を見つけてしまって、買っちゃいました(笑)うまっv

あ、お仕事はしてます。原稿の修正に入りました。担当さまのすばらしいアドバイスで、ここどうなんだろう、というところが解決しました。

 

2012/05/26(Sat) 17:58:24

5月26日
原稿は無事に昨日の夕方、担当様へ送りました。
LaLa全サのニャンコ先生マウスとマウスパッドきたーっ!
早速このパソコンにつけました。先生の顔の形で、しゃべるので自宅用(デスクトップ)にしかなりませんけど(笑) 
顔なのはいいんですが、うっかりボイスボタンにさわるとしゃべるから、図書館では迷惑。仕事用の持ち運びノートパソコン起動音もオフにして使ってる私でした。
動作もいいので、お気に入りになりそうです。

いただいた本のご紹介
「竜巻少女(トルネードガール)2 うちのエースはお嬢様!?」
(著:風野潮先生 画:たかみね駆先生 講談社青い鳥文庫)
編集部経由風野先生から頂戴いたしました。本当にいつもどうもありがとうございます。シリーズ2巻目です。なんかいきなりの斜め上展開です(褒め言葉)。たしかにノーコンだけど剛速球なエースでヒロインですけど。

 

2012/05/24(Thu) 22:11:31

5月24日
原稿書けたっっっ明日見直して、夕方に担当さまへ送ろう……〆切を5日延ばしてもらったことはヒミツ、担当さまほんとうにありがとうございます、がんばりましたっ。

しかし5日押したので、次の原稿が既にピンチの予感なのです……この原稿が書けたら、某風呂映画見に行こうと思ってたのに……上映終わっちゃう…………。

 

2012/05/21(Mon) 10:08:06

5月21日
金環日食。
朝起きたら、というか5:30に母に起こされました、快晴!
皆さんすみません、雲に一切じゃまされずに観測できました。
ここまで天気がよくなるとは。

欠け方が50%を越えたら、なんだか空が暗くなってきた気が。そのうち、だんだん寒くなってきました。夕方みたいにちょっと暗いんだけど、光が黄色いわけではない、ふしぎ。
鳴いていた鳥が静かになり、明らかになにかが異常。昔の人が驚いたの、わかる。なんかが違います。

90%欠けるころにはもう、朝6時でも寒くなかったのに、手が冷たくなるほど寒いです。
こんなに寒いと思わなかった、温度計持ってくればよかった。無風だったんで、風が起きることはなかったけど。
けっこうあたりが暗くてびっくり。なんだろ、裸眼なのにサングラスかけてるかんじ?  うん、青黒い系サングラスを通してみている景色に似ていました。


 

2012/05/20(Sun) 21:02:49

5月20日
長野県、明日の朝は晴れ間が出ます、と夕方のローカルニュースのアナウンサーが、満面の笑みで宣言した! ホントか!!! そう宣言している夕暮れ時にはすげぇ曇ってたんですけど。
とりあえず母と二人で、薄曇りでも簡単に観察できるピンホール作りました。材料:トイレッペーパーの芯・アルミホイル・輪ゴム、画鋲。あと、スクリーンになる白紙。
あ、日食メガネは、3年前の部分日食(日本の南で皆既だったヤツ)のときのがとってあります。

フリマで、ニャンコ先生の液晶画面クリーナーをゲット……って、でかすぎるだろ、これ……。手のひらサイズです、ストラップなのにケータイにつけるには大きいです。だって画面よりでかい。
パソコン用にしました。

あ、あ、原稿がんばってますよ〜〜!

 

2012/05/15(Tue) 17:41:48

5月15日
HEADLINEにも書きましたが、「竹取物語 蒼き月のかぐや姫」の試し読みができます。
こちらです。イラスト・目次を含めて21ページまでです。イラストは3枚+扉絵です。かぐや姫が、かわいいです!

原稿、半分まで書けた……出るのは夏休み明けでしょう、私がちゃんと書けば……。

 

2012/05/13(Sun) 09:56:18

5月13日
あれ、また↓の日記のリンクが飛べない。もう一度貼り直します。
「竹取物語」講談社の公式ご紹介ページはこちらです。

 

2012/05/13(Sun) 09:53:41

5月13日
母の日。今年のプレゼントは愛媛・今治の特産タオルスカーフと深紅のカーネーション。何で今治のタオルなのかはヒミツ。

「竹取物語 蒼き月のかぐや姫」ただいま発売中。この書籍の出版社公式ご紹介ページはこちらになります。

絵本ではわからなかった、かぐや姫の本当のお話、というのが売り文句です(笑) 小さな子どもにはわからなかった、本当のかぐや姫の物語って、どういうことなんでしょうね^^ 
かぐや姫という、絵本ではなんだかとっつきにくいツンデレ? なお姫さまの、本当の気持ちをなるべくわかりやすくなるように書いてみました。
でも、原文を95%くらいはそのまま再現していますよ。現代語訳本の範疇です。

元祖少女漫画というか室町時代の女子ラノベ「鉢かづき姫」もセットで入っているので、お得? です。むちゃむちゃラブ度が高いハッピーエンドのシンデレラストーリーです。しかし500年近くも女子ラノベって基本的なストーリーとか設定とかテーマが変わらないのね(笑) 

今回は、あとがきが「あとがきという名の解説」になっています。絵本とは違う深さがあってでも小学校4年生くらいにもわかるような本を書いて、という編集部からのご注文でしたので、理解の助けになるよう、解説もつけてみました。

 

2012/05/10(Thu) 22:20:13

5月10日
「竹取物語 蒼き月のかぐや姫」著者見本が届きました。
すばらしいイラストです、きらっきらです。雅です。らぶです。

マジで「鉢かづき」はラブ台詞いっぱいですから。王子様の告白、すごい熱烈ですが、これ原作通りですよ。

そろそろオンライン書店さんで扱いが始まっているようです。リアル書店さんでは、明後日あたりから、順次店頭に並ぶそうです。

ところで。お母さん世代に懐かしい「ねらわれた学園」(30年くらい前のヒット映画です)が、今度アニメ映画になるそうですね。
映画公式サイトだと「(原作は)講談社青い鳥文庫刊」ってなっててびっくり。他社さんではもう手に入らないんですね。
ということで、こちらは青い鳥文庫fシリーズ、オレンジ色の青い鳥文庫です、よろしくなのです。

 

2012/05/06(Sun) 18:59:06

5月6日
連休は親戚の家に行ってきたわけですが、ちょっぴり取材もできました。ほぼ取材は終わったので、本格的に原稿を書かないと。
ゆうべ、いやにでっかくて黄金色に輝く月だなあと思っていたら、今はスーパームーン(いつもより月が地球に少しだけ近い)なんですね。次の新月が、金環日食になるってことか。

 

2012/05/02(Wed) 15:08:16

5月2日
「竹取物語 蒼き月のかぐや姫」の、ジュニア編集者(読者モニター)の皆さんからいただいた感想の一部が青い鳥文庫のサイトで公開されました。
私の手元には、原稿を読んでくださった方全員分の感想が届いております。
皆さん、ごていねいで、しっかりとご自分の考えをつづった、とても感動的な感想の言葉を、本当にどうもありがとうございました。ここは直した方がいいというご意見は、参考にさせていただいて、直しました。

 

2012/05/01(Tue) 11:29:49

5月1日
風が強い、この時期の温かい強風って青嵐っていうんだよね、たしか。

青い鳥文庫の担当ぽにゃらTさまが、青い鳥文庫ファンクラブ用のグッズの著者見本を送ってくださいました。
平家物語のオリジナル描き下ろしイラストを使った、ポストカードとしおりです。
画像はこちらです。

久織先生の、ため息が出るような美しすぎる筆致で、夏椿(沙羅の花)と静と、義経・清盛です。
ファンクラブに既に入っている方にしかお届けできないので、せめて画像を御覧ください!!

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania