風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2011/07/30(Sat) 22:10:28

7月30日
上手な読書感想文の書き方を、全国3位に入賞した経験のあるかたがまとめてくれています。

ははは、たしかにこの通りでしょうね。
小学生の時の私が知っていたら、先生から怒られなかったのに。
私が書いていたのは「梗概と辛口書評」だったんですよ、今にして思えば。それで、どこがいけないのか、当時はよくわからなかった。自由に書いていいはずなのにね。


いただいた本のご紹介
「ミラクル☆コミック 4 道は遠くても」
(著:松田朱夏先生 画:琴月綾先生 フォア文庫岩崎書店版より発売中)
松田先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
漫画家を目指すシリーズ4巻め、主人公の味方になってくれる友達も、ずいぶん増えてきましたね。でもアシスタントに行っている連載漫画の中の世界は、なかなかたいへんそうなことに。

 

2011/07/29(Fri) 18:32:34

7月29日
今朝、母が裏庭でオスのカブト虫をつかまえた。
「すごい立派でしょ、見て、この角、この大きさ」とドヤ顔して、飼う気まんまん。
「ケース探してくるから、あんた、持ってなさい、逃がすんじゃないよ」
朝食途中の私にカブト虫を突き出す母。
「えー、ヤだー」
持ったが最後、私が世話することに決定される罠。イベントであまった金魚すくいの金魚といい、ホームセンターで一目惚れしたウサギといい……母からなぜか私のペットに決められた経験多数、何度も同じ手にかかるか、と断固拒否。かわいそう、それにめんどくさい。

そう、私は基本的に自分の世話すらもてあますめんどくさがりや。

「逃がしてあげたら? そうだ、隣のうちの○○くん(幼児)にあげたら?」
「なんでー。こんなに立派なの、めったにいないんだから」
……母上、あなたは男子小学生ですか……?

とりあえずカブト虫をジャムの空き瓶へ閉じこめ、母は物置から飼育ケースを探し出してきた。こうなったらもう遅い。哀れ、カブト虫。
何年かに一度、つかまえてくるんだよね……。
はいはい、えさ買ってきて世話するのは、私ですよね…………その飼育ケースも、前々回つかまえたときに私が買ったものですよね。

ジャムの瓶からケースに移され、夕べたまたま食べた(お中元でもらった)メロンの皮を(母がゴミ箱から拾ってきて)与えられるカブト虫。
「とりあえず、これでいいわね」
きらぁん、と目を光らせて、母は私を見やる。ごごごごごごご…………。

負けました。
カブト虫のえさのゼリーはフルーツ味より黒蜜味の方がなんとなくおいしそうに見えるので、いつも買ってしまう時海なのでした。


いただいた本のご紹介
「星刻の竜騎士(ドラグナー)V」
(著:瑞智士記先生 画:〆鯖コハダ先生 MF文庫Jより発売中)
瑞智先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
いよいよ三角関係確定フラグ発生。というか、キス絵2枚はけしからんですっ(最大級の褒め言葉v)
女のコ(それも二人)から告白させてしまったんだから、アッシュくん(主人公)には、どっちのヒロインを選ぶのか、男らしくびしっと潔く誠実な態度で……て、や、彼の心は決まってると思うんです、ただ鈍くて気づいてなさそうなだけで。

 

2011/07/25(Mon) 14:16:56

7月26日
双葉社web小説「マコト」が、連載終了したため、しばらくは冒頭から読める状態で無料公開されております。
原稿用紙で700枚以上はあるという長編ですが……。よろしければ、夏休みにどうぞ。

町内会の資源回収が近づきまして。古新聞古雑誌段ボール空き缶集めるあれですね。それにあわせて父がどこかから「文藝春秋」をもらってきました。
……これ、私が購読してるとご近所に思われるよね、きっと…………すみませんすみません、うそつくつもりも見栄張るつもりもないんですけど、すみません。っつーか、読んでなくてずっともっとすみません。

 

2011/07/24(Sun) 09:49:17

7月24日
最近はまっているものといえば、バンダイチャンネル。
容量の大きなパソコンに変えて以来。前のだと、しょっちゅうフリーズするんで見られなかったのよね。
「ネットでアニメ」のバンダイチャンネル、アニメ放映過疎地に暮らす私の命綱です。

いただいた本のご紹介
「真サムライガード  メイド剣士参上……っていうか、参上!?」
「真サムライガード2 謎はだいたい溶けた……って溶けちゃダメだろ!?」
(著:舞阪洸先生 画:CH@R先生 GA文庫より発売中)
舞阪先生よりちょうだいいたしました。いつもいつもどうもありがとうございます。
サムライガードシリーズ、セーラー服に日本刀の天然サムライガール愛香を主人公にして、新展開です。

 

2011/07/20(Wed) 19:22:46

7月20日
HEADLINEにも書きましたが、モバイルコンテンツ販売サイト「全力書店」で、大和和紀先生の「源氏物語あさきゆめみし」の原作漫画が購入できるようになりました。

http://zbk.me/(ケータイ専用です。パソコンからは行かれません)、またはこのサイトのリンクからケータイで「全力書店」へ行き、会員登録後、TOPからgirlsのページへ移動、新着コーナーに入り口があります。

ノベライズ版は配信していませんけれど……この機会に、ぜひ傑作漫画をお読みくださいますと、うれしく存じます。


いただいた本のご紹介
「異国迷路のクロワーゼ Le cahier d' Yune(ル・カイエ・ドゥ・ユネ)」
(著:萩原麻里先生 原作&カバーイラスト:武田日向先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
萩原先生よりちょうだいいたしました。どうもありがとうございます。
口絵と挿絵イラストはアニメのスタッフのかたの合作と思われます。
ただいまアニメ放映中の武田日向先生の漫画を、オリジナル小説(中編集)でノベライズした作品、原作の雰囲気やテーマをとてもよく伝えています。

百数十年前、明治時代の長崎からフランスのパリへ。「奉公」で働くために渡った少女と、現地の雇い主の青年との交流……考え方や文化の違いですれちがうことも多いけれど、理解し合おうとする姿が胸に響きます。
ほんと、「控えめで奥ゆかしい」日本人って、フランス人から見たら「何考えてんだかわからん」って、いらつくかもしれませんね(笑)

 

2011/07/15(Fri) 10:54:04

7月15日
「鈴木くん ―ピュア・ホワイト・ラブ―」&「BLACK BIRD ―MISSING―」の台湾版が発行され、見本が届きました。画像は「ギャラリー」にあります。
関係者の皆様に、感謝いたします、ありがとうございます。

ずいぶん豪華ですよ! なんたって、付録がついてるし。えらく厚いものがはさんであるなと思ったら。
カバーイラストのパスケースと、両面カラーイラストのしおり……プラスチック製で丈夫で厚いんですけど。
本にも透明ビニールカバーが掛かって、タイトルがメタリックな押し箔で入ってます。サイズは大きめの漫画本(よしながふみ先生の「大奥」とか森薫先生の「エマ」とか)と同じで、普通の漫画本と同じ大きさの日本版より一回り大きいです。

本文は当然全部繁体字(旧字)の中国語、行頭が2字下がるので、改行が多いとなんか上が白い(笑) ひらがなの名前は作者もキャラも漢字を当てられるのですが、ちひろは「千尋」でした。

レーベル名は「COOL NOVELS」というらしいのですが、漢字表記がどう見ても「酷小説」。
「酷い」という字って、日本とは意味が違うんだ……と今、学生時代に使った中国語の辞書を出してきて(マジでかもされていた……)調べたら、「すごい」という意味みたいです。「酷愛」と書いて「熱愛」「激愛」という意味らしいですね。

 

2011/07/11(Mon) 19:16:00

7月11日
双葉社web小説「マコト」連載第29回(最終回)が更新されました。

不条理な理由ですれちがってしまった恋、タクとこころ、ふたりの結末を温かく見送っていただけましたら、幸いです。

無事に物語を閉じることができました。
ながらくの応援どうもありがとうございました。

 

2011/07/10(Sun) 20:00:52

7月10日
昨日梅雨が明けて初めてひぐらしが啼いた。
今日は初夕立、雷ごろごろ。今年も、雷を気にしながら、パソコンで仕事する季節がやってまいりました。

被災地支援で、できることをいくつか、やってきてみて。
次の本こそは、たくさん笑って、誰も死なない、現実を忘れられる楽しいものを書こうと誓ったのでした。
わたしの本って、いつも誰か死んでいたり、死の影がつきまとっているよな……反省。

 

2011/07/07(Thu) 09:16:17

7月7日
七夕。今年も天気が悪い。昨日は天気がよかったで、期待したのに。
毎年毎年書いている「商売繁盛」の短冊、お星様が見てくださるのはいつだろう……。

ここ数日、IEの調子がヘンで、とつぜん重くなったり、ブログがあちこちでフリーズして見られなくなっていて、自分のHDには(わかる範囲で)原因が見つからないし、困っていたら。(もう火狐に替えようかとか)
今、IEのUP DATEがやってきて、インストールしたらすばらしく快適になりました。よかったよかった。

 

2011/07/04(Mon) 20:51:46

7月4日
原稿できた、修正もすんだ。
発売は年末になるそうですが……。
ちなみに日本史系泣ける話バトルあり。

さて、次のお仕事を本格的に始めないとね。

 

2011/07/01(Fri) 09:51:38

7月1日
暑いですね。ノンカロリーの麦茶と炭酸水とただの水ばかり飲んでいて、だるいだるい、汗だらだら出る。
たまたま入ったコンビニで、炭酸水が置いてなくて、目についたスポーツドリンク買って飲んだらめちゃくちゃ美味い。
「こんなにおいしいものだったっけ??」
……たんに私の体が「水中毒」方向へなんとなく向かっていただけのようです……塩分とミネラルのふくまれた水分を補給しないとやばいんですね、カロリーオーバーしない程度に。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania