風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2010/04/29(Thu) 16:09:41

4月29日
下↓に書いた画像がUPできない問題は解決しました。ご心配をおかけして、大変失礼いたしました。

フリマでステキなものを手に入れました。羅径(らけい)です。陰陽師とか風水師が家相を占うのに使う道具です。四隅に四神の絵が入っていて、金色で、いいかんじです。
私には使い方があんまりわからなくて申し訳ないのですが、インテリアとしてステキなので、買ってしまいました。いま本棚から資料本を引っ張り出したところなので、読んで研究します(泥縄)。

 

2010/04/27(Tue) 11:13:58

4月27日
「ベスティアの聖乙女」が発売になりました。
なにとぞよろしくお願い申しあげます。

このサイト、現状全ての画像がUPできなくなっているみたいです。
どこに原因があるのか、いくつか想像はできますが、パソコンにくわしくない私では、突き止めて修正するのが正直難しいのです。

既に古い形のシステムですし、ケータイの機種によっては見られないため、ケータイに対応したブログへ引っ越そうかどうしようか、考えてみます。コンテンツの量が半端なく多いからなあ。

 

2010/04/26(Mon) 14:15:18

4月26日
双葉社のwebマガジン連載「マコト」の第2回目が公開されました。
第1回目(最初)から読みたいかたはこちらからお願いいたします。

各オンライン書店さんにて「ベスティア」の取り扱いが始まっている模様です。リアル書店さんでは明日発売です。

いただいた本のご紹介
「カンガルー・ハッチのパンチ」
(編:信州児童文学会 総和社より発売中 童話アンソロジー 児童文学ハードカバー)
信州児童文学会さまよりいただきました。ありがとうございます。一般公募と同会会員のかたがたの、800字で書かれた童話を集めたアンソロジー(複数の作者による短編集)です。

 

2010/04/24(Sat) 09:45:56

4月24日
あらびっくり。もうこちらのお店あたりで「ベスティア」を販売していただいておりますね。今回は早売りありなのでしょうか。他の書店さんはどうか、確認してないのですけれど。

いただいた本のご紹介
「タイム★ダッシュ 掘
(著:藤咲あゆな先生 画:天海うさぎ先生 岩崎書店YA!フロンティアより発売中)
またまた藤咲先生より頂戴いたしました。業界指折りの速筆、おそれいります、本当にどうもありがとうございます。
シリーズ3回目、今回の舞台は古代エジプトです。クレオパトラとかツタンカーメンとか出てきます。史実でも泣けるエピソードでよね、たしかにあの話は、うん。

 

2010/04/23(Fri) 09:47:02

4月23日
なんだかこの辺の片隅で「ベスティアの聖乙女」の書影がちらっと見えてしまったり(^^)
下の記述↓で、「花増量」とありますが、正確には「ヒロインの髪飾りの花増量」です。補筆訂正いたします、失礼いたしました。

今回の主役はちょっぴり変化球なキャラたちですので、ラブシーンにも拘わらず、あちこちでびみょーに会話がずれてます(笑)
きみたち、それって愛のささやきなのか? と書いていて何度ツッこんでしまったか。
27日の発売です。何とぞよろしくお願いもうしあげます。

 

2010/04/21(Wed) 12:39:43

4月21日
「ベスティアの聖乙女」著者見本が届きました!!!

カバーがメガネです! ……えと、春っぽい色合いです、ジュジュの髪とかロゴとか若葉色で。花も増量(前巻比)
ぜひメガネと若葉色とやわらかな鶸色を目印に、きらっきらなカバーを27日以降書店さんで探してやってくださいませ。

中のイラストもメガネです! …………えと、ヒロインの絵がとってもかわいらしいとかルーフスの絵がかっこええとか、でもとにかくメガネ絵です! ジュジュのメガネっぷりを堪能していただけたらと思います!!!!!

あららぎ先生、美麗で愛らしくてすばらしいイラストを、本当にどうもありがとうございました!!!(特にp78はお気に入りです)


いただいた本のご紹介
「魔天使マテリアル 次〕匹譴詭斉」
(著:藤咲あゆな先生 画:藤丘ようこ先生 ポプラカラフル文庫より発売中)
編集部担当様と藤咲先生より頂戴いたしました。いつもいつもどうもありがとうございます。
や、やっとレイヤが(以下ネタばれにつき自主規制)、新展開を見せるマテマテ最新刊、シリーズ8巻めですね。私のツンデレ弟属性を刺激しまくってくれるすてきなシリーズです。

 

2010/04/19(Mon) 17:52:49

4月19日
昨日、まだ七分咲きですがお花見を決行しました。お団子とお茶をスーパーで買って、公園に行って、桜の下で食べただけですけれど。
風が寒かった……。

いったいいくつまで、原稿の同時進行ってできるものなんでしょうか。
執筆だけは一作に集中ですが、企画とか準備とか打ち合わせとか、書いた後の原稿の直しとか校正その他諸々は、複数の作品を同時にやっているのです最近の私。
今はひたすらひたすら企画と準備のみの複数同時進行。こういう状態も珍しいですけれど。
「マコト」の続きを書かないとならないのが気がかりですが。

流れてしまうので、もう一度貼りつけておきますね。
長編恋愛小説をネットで連載中です。
「マコト」 双葉社文芸編集部webマガジン「カラフル」にて連載。
こちらへどうぞ。
毎月10・25日更新です。無料で読めます!!!


いただいた本のご紹介
「妖怪サーカス団 まめ太と風の神送り」
(著:藤野恵美先生 画:まさら先生 学研エンタティーン倶楽部より発売中)
藤野先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。シリーズ3巻めです。
敵キャラであるキツネの姫(キツネ耳しっぽでツンデレ)の行動目的もわかってきましたね、どうなるんでしょう。

 

2010/04/17(Sat) 08:56:19

4月17日
朝起きたら雪が10cmくらい積もっていた!
椿とか桜とか水仙とか、雪に花が埋もれていた。

下の日記↓でああ書いたので、具体的に今、いくつ同時に本の企画とか執筆とかやってるのかと数えたら6つでした。
「マコト」の連載の続き、夏に出る本一冊、たぶん秋に出る本二冊、未定二冊。

いただいた本のご紹介
「明日ハ晴レカナ曇リカナ」
(著:風野潮先生 文藝春秋より今月下旬発売 一般文芸ソフトカバー)
風野先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。家族小説です。中学生の子どもたちの青春小説でもあるので、お若い読者さんにも読みやすく、お勧めです。

 

2010/04/15(Thu) 09:58:13

4月15日
一昨日は最高気温20度くらいあったのに、いま、雪がちらついてますよ……。
週末はお花見に行きたいのですが、暖かいかなあ。

夏の終わりまでお仕事の予定が埋まったかんじです。
おかげさまでどうにかまだ失業せずに業界で生きております。応援していただきまして、まことにどうもありがとうございます。
夏に書いた原稿、秋には本になる予定です。

業務連絡。
各社に届きました3月までの消印のファンレターに、お返事を本日投函します。ありがとうございました。

 

2010/04/12(Mon) 16:56:33

4月12日
HEADLINEにも書きましたが。
長編恋愛小説新連載のおしらせです。
「マコト」 双葉社文芸編集部webマガジン「カラフル」にて連載。
こちらです。
毎月10・25日更新です。本日より公開しました。無料で読めます!!!

失恋したヒロイン「こころ」は、高校時代片思いだった初恋の彼「タク」と偶然再会、彼は「こころ」への片思いの思い出を綴った小説で新人賞を取りデビューしていたのです。
実は両思いだったことに気づいた二人は、あらためてつきあい始めるのですが……。せつないです。

初めての一般文芸、大人の恋愛小説です。自分としても原稿の長さがばりばりに最長記録です。ラブ度の高さには自負と自信あり(笑)
たぶん1年とか続くと思います。更新日には毎回ここの場所でお知らせします。

多くの皆さんに読んでいただけたら、とってもうれしいです。よろしくお願い申しあげます。

 

2010/04/10(Sat) 19:28:31

4月10日
東京まで、打ち合わせにいってきました。
いくつか先のお仕事が見えたり、決まってきたり。秋以降に出る本ですよね。

で、マンガ大賞受賞某風呂漫画に現在はまってしまっているので、横浜美術館まで足を伸ばし、ポンペイ展を見学してきました。
あかすりべらとか、家庭用風呂装置とか、すごい感激して熱心に見てきましたよ(笑)

いただいた本のご紹介
「百年の蝶」(著:深月ともみ先生 画:友風子(ゆうふうし)先生 岩崎書店より今月発売 児童書ハードカバー)
岩崎書店編集部さまより頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
第8回ジュニア冒険小説大賞受賞作、純粋な気持ちになれる、和風っぽい異世界のファンタジーです。

 

2010/04/08(Thu) 21:19:09

4月8日
花祭。お釈迦様の誕生日です。
私は先日、お寺で甘茶をいただきました。

今日、桜が咲いているのを発見しました。ソメイヨシノじゃなく、少しだけ早く開く彼岸桜。
いい加減に冬の服を片付けないと、と思うのですが、新作のプロットが自主〆切日になっても進まず……うんうん考えております。

さらにその先のお仕事の打ち合わせもあって、アイディアを出してそっちのプロットもまとめて、としばらくばたばたしていそうです。

 

2010/04/06(Tue) 09:24:56

4月6日
ちょこっと、いいニュースを聞きました。個人的にはとても楽しみです。

昨夜、ひさびさに丸ごとラブ&アクションの設定とあらすじが夢で降ってきたので、忘れないうちにメモしておかないと。
夢の中で私はそれを、新作アニメオリジナルDVDとして見ていたのですが(しかも「犬夜叉」を見ているはずなのに、どうして全然違うんだ、と止めようとリモコンをいじるのに止まらない)、起きてすぐ、全くのオリジナルストーリーだと気がついて。

しめしめ、これは使える。


いただいた本のご紹介
「夢みるアイドル 3」(著:牧野節子先生 画:亜沙美先生 角川つばさ文庫より発売中)
「ビースト☆レスキュー 2 恐怖のビースト晩餐会」(著:ビーストリー・ボーイズ先生 訳:中井はるの先生 画:亜沙美先生 金の星社より発売中 児童書ソフトカバー単行本)
2冊、亜沙美先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。相変わらずの亜沙美先生ちょー美麗華麗イラスト満載でございます!
個人的にはクールな女性獣医師の白衣メガネっぷりに萌え(以下略) 主人公少年の犬耳しっぽもふもふもいいです。

 

2010/04/03(Sat) 18:20:52

4月3日
「ベスティア」のカバーイラストが完成したので、みせていただきました。
か、かかか、可愛いすぎる!!!
これはとてつもなく可愛いらしいです!!

今回のヒロインはくるっくるなロング金髪なので、発売されました暁には、メガネ男子ともどもぜひ目印に。

いただいた本のご紹介
「レンタル執事 (コミックス版)」
(作画:藤成ゆうき先生 原作&シナリオ:藤咲あゆな先生 キャラデザイン:凪かすみ先生 エンターブレインB's-LOGコミックスより発売中)
藤咲先生より頂戴いたしました。まことにどうもありがとうございます。
さまざまなプロフェッショナルの特技を持った美形執事を、依頼に応じて派遣してくれる会社の物語。
原作はB's-LOG文庫より3巻まで発売中です。ドラマCD が今月21日に発売だそうです。個人的には掃除のプロで物腰柔らかな梶さん(CV:石田彰さま)を派遣依頼し、我が仕事場を整理整頓していただきたいです(笑)

 

2010/04/02(Fri) 08:56:40

4月2日
昨日の近況報告は、恒例の行事でしたので削除いたしました。
今年は100%嘘でもないかもしれません(笑)

改めまして、今月刊行のご案内を申しあげます。
4月27日発売予定
「ベスティアの聖乙女 ほほえみの姫に捧げる純愛と剣」
画:あららぎ蒼史先生 集英社コバルト文庫 予価¥520(税込)

「聖乙女」2巻めです。主人公(男子の)が交代して、メガネの彼になりました。ええ、前巻「アヴィス」に出てきたあのメガネ男子です。
「聖乙女」は同じ世界を舞台に同じ設定で、違う「聖乙女」と花婿候補の貴公子が恋に落ちて婚約するまでの物語を書いてゆく、という構成です。

今回は主人公が主人公だけにコメディ度ややアップ、そしてラブ度も高め(前巻比)になりました。漫才会話はあいかわらずです。ヒロインが相当な天然なので、ラブ度は高くても会話が変化球です。

聖乙女のヒロインと相手の貴公子、見知らぬ同士が心に共通点を見つけて一気に恋に落ちる、というのがこの物語のコンセプトなのです。
が、前巻が「孤独感」と正統派だったのに、この巻の二人は……ちょっと意外な理由で、担当様からも「(いい意味で)変ですね、一目惚れのポイントが」とほほえみながら言われました。メガネの彼らしくてかわいいと思うんですけどね、こういうのも(笑)

5月1日刊行に相当しますが、ゴールデンウイークのため、早めに発売されます。ご注意くださいませ。
あららぎ先生のカバーイラストもとってもステキです。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania