風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2009/05/28(Thu) 20:53:17

5月28日
「どーも」2巻ほぼ書けました。
後は読み直して修正し、担当さんへ。今月末の〆切に間に合いそうでよかったです。
次に〆切が来る原稿(児童書ではありません)もはりきって書かないと。

いただいた本のご紹介
「狗牙絶ちの劔(くがだちのつるぎ) 3」
(著:舞阪洸先生 画:うなじ先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。本当にいつもいつもありがとうございます。精力的なご執筆、頭が下がるばかりです。
展開は……すごいことになってます。それ以外いえません。何書いてもネタバレ状態かも。

 

2009/05/25(Mon) 21:30:11

5月25日
ひたすら「どーも」2巻を書いております。

「プリマ」が配信されている「全力書店」ですが、「天地人」のコミックスを明後日から配信するそうです。先日からネットで何度かニュースになっていました。たとえばこちらとか。

「どーも」2巻が書きあがっても、他にもいろんなジャンルで3作は書かないと。暑い夏になりそうです、おかげさまで。ありがたいことです。

 

2009/05/22(Fri) 10:03:26

5月22日
ホント今更なんですが、「プリマ」のプレスリリースの公開資料を発見しました。
こちら(pdf)です。
モニタのサイズにもよりますが、125〜150%に拡大してご覧になるとよろしいかもしれません。
今はタイトル変更になってるし、実際のケータイ画面でのご案内もさらに手が加えられておりますけど。
美麗な画像だけでもぜひご覧になってくださいませ。

 

2009/05/20(Wed) 09:38:38

5月20日
小満。植物のエネルギーが野山にあふれるという意味の二十四節気、だそうです。よい季節になりました。

「どーも」2巻をいっしょうけんめい書いてます。
なんだか趣味に走ってますけど、いいのかなあ。
原稿書く以外ホントにしてないので、ここに記すことがあんまりなくて恐縮です。

 

2009/05/16(Sat) 19:26:38

5月16日
今月のパズルもできたし。
今年もスズランと藤が咲く季節になりました。桜草はそろそろおしまいです。

「どーも」2巻がんばってます。
ホントにがんばっております。

 

2009/05/12(Tue) 08:40:58

5月12日
呪文の話。
「どーも」の帯に「呪文を操る」と書かれてます。
そういえば、「コウヤ」の帯も「私の呪文で」だったような。

「物語のひみつ」にも以前書きましたが、「コウヤ」の呪文というか呪(しゅ)は真言です。仏様の力をお借りするもの。
「遙か」でもおなじみだし、陰陽師もそうですね、バトルに向いた明王呪。まあ「コウヤ」では守護の力である観音さまとかですけど。(どうやら永泉さまが観音呪をちょこっと使うみたいです、「夢浮橋」の攻略本見ていたら。さすが永泉さま、おやさしい)

「どーも」が使うのは古神道系です。純和風?
というか始めに企画考えた数年前は、修験道系の呪を使うつもりでした。浄化に効きそうなのとか戦闘向きなのとかあって。

しかし。
「遙か4」のお仕事をいただいたとき、「うわ、やられた」と正直思いました(笑)。那岐が唱えるんですよね、六根清浄の呪。
けっきょく用意してあった修験道の資料を那岐に使ったので、同時進行で書いたどーもには古神道の資料を使いました。那岐もこちら(「遠神恵給え」)を使うというば使うんで、かぶらないようにして。
古神道でバトル向きの呪宣詞となると、私も氏子の、あの神様ってことでいいのかな、軍神として知られるし……とか。

めりはりのある修験道の呪より、古神道の方が言葉が柔らかいですね、「たまえ」(お願いします)が最後につくし、すべて大和言葉だから。雰囲気がふんわりしてるどーもには似合っているかも。

呪文ってかっこよく見せるのが最大のポイントなんで、工夫のしがいがありますよね。けっこう好きです。

「メガネ恋。」の時はラテン語(古代ローマとかその後のキリスト教での)のことわざや慣用句でした。
「全ての道はローマに通ず」「チャンスの神には前髪しかない」というのは日本でも知られたことわざですが、その類です。

もし今度呪文の出てくる話書くなら、何を使おうかなあ……。和風か洋風かで全然違いますけど。

 

2009/05/11(Mon) 19:30:04

5月11日
「プリマ」タイトル変更のお知らせです。
新タイトルは「プリマヴェール四兄弟 −ぜんぶ私のカレ!−」です。

他にも似たようなタイトルがあったとかというわけではなくて、より「わかりやすい」タイトルになりました。ストレートといおうか。
内容は変わりませんので、よろしくお願い申しあげます。

「言霊師どーも」公式特設ページができました!
http://hint.jive-ltd.co.jp/web/domo/index.html
立ち読みが1章分まるまる14pできます!!
キャラ紹介の他、どーものヒミツもありますね(笑)

ん?? 2巻発売日…………(汗)
げげげ原稿書いてますっっ☆

 

2009/05/09(Sat) 18:14:36

5月9日
「言霊師どーも 転校生と図書室のヒミツ」各オンライン書店さんで発送が始まりました。
よろしくお願いいたします。

「プリマ」1ルート攻略しましたですよ。私は2週目に入りました。目指せコンプリート。

次の原稿を書かねば……。

 

2009/05/06(Wed) 09:28:52

5月6日

「言霊師どーも」の書影画像はこちらこちらでもご覧いただけます。
お求めはお好きな書店さんでどうぞ。ぜひごひいきによろしくお願い申しあげます。


今日明日クライマックスが配信中です。ご案内再掲。

ケータイ配信マルチエンディング恋愛ノベル
「プリマヴェールの執事たち 〜花咲く城のシンデレラ〜」
画:東条さかな先生 配信:ソニー・デジタルエンタテインメントさま
「全力書店」 http://zbk.me/(ケータイ専用です。パソコンからは行かれません)
入ったらまず四つ並んだサムネイルの一番向かって右、「美男子兄弟」「恋愛ゲーム」の小さな文字があるのをクリックしてください。

パソコンからのご案内へのリンクはこの画面の下の方5月1日にあります。


新作原稿は前半が書けました。一般向けですから長丁場でして、児童書だと2〜3冊分の量あるんですよ。ここで一区切り、今月末に別の本の〆切が迫ってるので。続きはまた来月。
前々から長丁場といってましたが、試行錯誤の末、いくつも書きかけては自主ボツにした結果、この物語(純粋に恋愛小説)で自分が納得しました。

私はどうやっても恋愛書き体質のようですね(笑) 
冒険とか謎を追うとかが書きたいといつも思ってますが、それはお子様向けならば楽しく書けるようです。
両方の要素が書ける(燃え萌えも書ける)ラノベが一番あってるということになるのかなぁ。
夏にはラノベの〆切もありまして……がんばります! ボツにならないよう。

 

2009/05/03(Sun) 10:14:50

5月3日
新作執筆中。激愛? いやこれ、世に出れば「ラブすぎの時海」のとりあえずの「ラブすぎ」代名詞作品(代表作とはおこがましくて言えない)になるのかな?

ラブラブだとかむちゃくちゃ甘ったるいだとか世間様からご評価いただいている(恐縮ですうれしいです)時海ですが、自分でも今回ばかりは、こんなどうしようもなく恋愛におぼれている二人って見たことないなと思って書いてます自覚大ありです(笑)

今まではどの作品でも、主人公には恋愛以外に達成すべき大事な目標があった(源氏物語を除く)わけですが、これにはそんなものありません。
一組の女と男が激しく愛しあうだけ、それが全ての目的でありテーマ、という純粋な「恋愛小説」です。

一度チャレンジしてみたかったのよね。文体もジャンルも大人向けのアダルトな……。
ア、アダルト?? いやもうほら源氏の君の素行を書いたときにその辺に踏みこむときは踏みこむぞってふっきれたから(笑)

私はお子さん&ティーン向けの小説家なので、あくまでもイレギュラー作品のつもりです。
修行の一つとしてチャレンジしているだけですし、機会を与えてくださった編集者の方と出版社の皆様に心から感謝しております。


「プリマヴェールの執事たち」公式略称「プリマ」(今命名した!)、後半の配信に入ってきてます。
後半になると共通部分が少なくなり、キャラ・ルートごとに異なる恋愛イベントが長々と(笑)
花というわかりやすいモチーフの他、いろんなことについて男子キャラたちには語ってもらいました。楽しかったです、書いてて。
しかも甘ったr(ry

配信利用料でこの「プリマ」を買ってもまだおつりがあるので、石田彰さまの「お嬢様向け癒しの着声」をいくつか買いましたよ、私(^^)
「遙か4」のアシュヴィンの強さやたくましさや度量の広さ(これはこれで好きですし、もちろん「問題ない」のお方も好きです)ともちょっと違う、以前から石田さまのレパートリーの中でも私の好きなトーンである癒し系石田さまヴォイスになってます。ステキです(*^^*)

これを聞いて自分で自分を癒して(涙)、執筆がんばろうと思います。
……にしても、声優さんって本当っにすごいですよねえ。


こちらで「言霊師どーも」のカバーイラスト(書影)が確認できます↓
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9984490742

 

2009/05/01(Fri) 09:46:25

5月1日
「プリマヴェールの執事たち」私も毎日プレイしてます! ルートは秘密☆ 目指せコンプリート。
全てのスチルが待受にできる仕様なので、さっそく1枚めを貼りました。
ケータイ・パソコンともご案内はこちらになります。

プリマヴェールとは、フランス語で桜草です。
ギャラリーのオリジナルに桜草の画像を載せました。
ピンクのハート型の花びらが5枚集まって一輪の花。
ヒロインと四兄弟の絆を表してます。


3月18日の近況報告でフラグ立ててた「月刊光源氏図鑑」というドラマCD。
しっかり4枚セット大人買いしました。源氏の君が姫を口説いて口説いて口説きまくる一人芝居。
なんてステキなんだっっv 豪華ステキ声優さまがたの美声を脳内ボイスバンクに登録し、自作テキスト(笑)で脳内再生してみたいと思います。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania