風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 12 月 (4)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事内検索

2009/03/30(Mon) 19:08:03

3月30日
LaLaDXの全サ「遙か4」アクセセットが届きました。チャーム5点セットです。
パソコンのキャリーバッグにつけてみました。

次の作品の原稿、がんばって書いてます。
恋愛が盛り上がってまいりました。
来月下旬には詳細が発表できるといいのですが……。
いいのですが…………………私ががんばらないと。

 

2009/03/27(Fri) 09:25:42

3月27日
次の原稿のキャララフを見せていただきました。
なんてステキなんだ!!! 

またしても男祭の逆ハーレムです。
きらきらーってかんじの男子たちで、とお願いしたら、本当にきらきらきらきらーっ☆ってとってもすばらしい絵が。
イラストレータさん、どうもありがとうございます。

来月後半以降になったら情報公開ができることを祈って、がんばって原稿書いてます。
「ラブすぎ」のふたつ名、空回りしないよう。
……甘い台詞をさらに濃縮加工しなくては……。

 

2009/03/26(Thu) 08:49:27

3月26日
19:00追記
オンライン書店での発送が開始の模様です。明日には多くの店頭に出ると思います。お騒がせいたしました。

HEADLINEにも書きましたが、本日発売予定の「遙か4」3巻、店頭への配本が遅れているようです。
まことに申し訳ございません。
私にも状況がよくわからないので、わかりましたら、またお知らせいたします。

がんばって次の原稿書いてます。

 

2009/03/22(Sun) 08:55:43

3月22日
担当さまのお許しが出ましたので。

HEADLINEにも書きましたが。
次の新刊です!
5/10頃発売予定
「言霊師どーも 転校生と図書室のヒミツ」
絵:亜沙美先生 JIVEカラフル文庫 予価830円(税込)
タイトルは「ことだまし」と読みます。イラストは「陰月のヤジリ」でもお願いした亜沙美先生です。また一緒にお仕事をさせていただけて、とても光栄ですv

時海としては初めて世に出る現代学園ものの長編です。生徒会ならぬ児童会(小学校なのでw)とか委員長とか会長とか書記が活躍??
ジャンルはミステリで学校の怪談……でもなんだか癒し系で、ところどころ可笑しい(主に脇役が)です。
「ホームズ」タイプのミステリです。つまり変わった人だが天才的な探偵の様子を、一緒に行動するもう一人が「私」の視点で語ります。

探偵役である癒し系の美少年どーもと、明るく元気で頼れる幼なじみリョウ、ふたりの男子をよろしく。いや「私」エミは女子ですが。
探偵というよりも、謎解き兼お祓いという方がむしろ近いといおうか……京極夏彦先生の百鬼夜行シリーズの京極堂的なことをすると思ってください。いや、それともちょっと……だいぶ違うし、妖怪とか超常現象は出てきません。

人の放った言葉だけがある、言葉の謎が怖さを引き起こし、哀しみを興す。それを解決して癒すのが「言霊師」の仕事のひとつ、です。
なんだかよくわからない説明ですみません(汗)
とにかく読んでいただけたらと思います! よろしくお願い申しあげます。

 

2009/03/19(Thu) 17:33:47

3月19日
HEADLINEでもお伝えしましたが。

「遙かなる時空の中で4 (3) 護るべき人」PC公式サイトでもカバーイラストと冒頭3p分の試し読みが公開になりました。こちら↓
http://www.gamecity.ne.jp/gcbunko/haruka4_03.htm
カバーイラストはリンクからGAMECITY文庫をクリックしていただいた方が、大きいサイズをすぐ見られます。

ゲームに従いつつ、オリジナルルートに入っていくかんじの最終巻です。

発売日ですが、どうも発売まで公式ページでは日付が出なさそうなので……私が確認しているのは、一週間後に店頭に出る、です。
何とぞごひいきに、よろしくお願い申しあげます。


上記の本もだったのですが、最近、公式サイトよりも早く、予約のため刊行予定情報を公表するオンライン書店さんがおられまして、大変うれしいわけです。
が、ここでは今まで「公式サイトに出てから」ということにしてました。

さて、今回、次に出る本である児童書の情報が、既に一部オンライン書店さんでリリースになってますけれど、どうしたものでしょう(^^;)
ちなみにゴールデンウイークあけたら出る予定だ、と私は確認してます。

リンクからとあるオンライン書店さんへ移動し、作者名(時海結以)で検索することを停めるものでは全くありません、はい(笑)

担当さまにこちらで公開していいか確認してみます。公式サイトでは早くても発売一ヶ月前の公開だと思いますので。


いただいた本のご紹介
「サムライガード 3 愛があれば○の差なんて」
(著:舞阪洸先生 画:椎野唯先生 GA文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつも本当にありがとうございます。精力的に執筆してらっしゃいまして、尊敬いたします。
サブタイトルの○の中に入る文字、なるほどと思ったんですが(笑)

 

2009/03/18(Wed) 10:17:51

3月18日
暖かいですね。

なんかもう絶対買っちゃいそうないきおいっていうかの第二弾が。
第一弾の時はまだ迷っていたんですけれど……。

ドラマCDです。
月刊光源氏図鑑

この第二弾百合編は個人的っつーか私のはぁと的に凄すぎるッ!!!
十代の紅百合盤が「遙か1〜3」朱雀コンビですよっっ。
そして井上さまと小野Dさま……。

もちろん、当然第一弾もすばらしいですよね。ホント。

源氏物語関連商品コレクションは去年でやめたつもりでしたが、ちょっとこれはかなり大人買いしそうです。


ああああたし今の仕事をクリアしたら絶対これ買って聞いて昇天するんだっっっ☆


あれ? なんかヘンなフラグが立ったような……気のせいデスよ気のせい。
さ、お仕事ガンバロ。

 

2009/03/17(Tue) 20:39:16

3月17日
……またしてもカウンタが飛びました……orz
おそらく8200前後で飛んだはずです。
なのでホームのところの数字に8200を加えておきます。

児童書の著者校(試し刷りのふりがな・誤字などチェック)を戻しました。ゴールデンウイークあけたら出ます、たぶん。
児童書はゆっくりです。原稿書いたのは北京オリンピックの頃でしたから。

次の仕事、マイペースな私にしてはけっこう急いでがんばってやってます。
楽しいですv 私が楽しくてどうするよと思いますが。読者さんが楽しくなければなりません。
女子向けでラブで男祭りです♪ 
またしてもか……と見捨てないでくださるとうれしいですいろいろ言ってもやっぱりけっきょく好きなんだなVv

 

2009/03/14(Sat) 21:54:25

3月14日
ホワイトデー。
私の脳内にいるクールデレな伊達メガネの彼にチョコをくださった皆様、
ありがとうございました。

書いていた長丁場の原稿を一時中断し、新作やってます。
急ぎの依頼でして。ええ、ちょっとうれしい企画です!
うれしかったんで、ここのところ、更新のたびにゆってます。
イラストレータさんもあのすばらしいかたにお願いできるとうかがってますです。

でも中断してしまった原稿の担当さんには土下座です、ホントにすみません。
焦って書けるようなタイプの原稿じゃなくて、じっくり書きたくて……。

詳しいことが早く発表できるといいですね!
……全ては私のがんばりしだいです。ご迷惑をかけないようにしないといけません。

 

2009/03/11(Wed) 13:15:01

3月11日
マジ修羅場突入なんですけど。でも隔日更新がなんとなくやめられない。

ええと、ちょっとうれしい新作の作業開始です!
これは一度やってみたかった念願のお仕事なので、わくわくどきどきです。

あとは……「遙か4」3巻ネタで。
那岐@CV宮田幸季さまの登場するこんな記事を読んで(ちなみにリンク先画像オレンジのエプロンが宮田さまですね)、なんとなくというか思わずというか、3巻の「那岐は○○だから」という小ネタを思い出してしまいました。風早に(天然で)いじられてます(笑)
いただいた設定資料拝見したとき、「え? そうなんだ」と私は思ったんですが、こういう設定なんですよね。
どんな設定かは、3巻で……。

 

2009/03/09(Mon) 18:07:49

3月9日
HEADLINEにも書きましたが。
「遙か4」3巻のケータイからの無料試し読み連載が始まりました。カバーイラストも公開になっております。
カバーキャラはメインで残った三人「同門の絆」チームですね、もちろん。

http://www.gamecity.ne.jp/gcbunko/ へケータイでアクセスしてください。パソコンでは別のサイトへ行きますので、ご注意をお願いいたします。

試し読みは「連理の章」といいます。「連理」とは「男女の深い契りの例え」と辞書には書いてあります。つまり相思相愛、愛しあう男女の心のことなのですが。
章の舞台の地名をつけるのを基本にしたのですが、2〜3巻の出雲と熊野にいる時間が長いので、ここを「戦野」「森羅」「動地」「連理」と内容につながる単語にしました。

 

2009/03/07(Sat) 21:03:18

3月7日
いよいよ春から夏の予定が決まってきました。
なんだか初挑戦のステキな企画もありますよ?

しかし同時に長期修羅場も怒濤のようにやってまいりました。
一ヶ月当たりの仕事量、去年の夏の比じゃないような気が……そしてまた昨年末のような胸がどきどきばくばくの進行があるのか??
あれで修羅場耐久Lvが上がったと思ったんですが、まだまだだでした覚醒までは。

とりあえず、某社の担当さまにしぼーフラグメールを送ってみました。
「あたし、この修羅場を乗り越えたら、積んである乙女ゲームいっぱいやるんだあははぁ〜」
速攻で励ましてもらえました。

味をしめたので、他社の担当さまがたにもしぼーフラグメールを爽やかに送ってみようと思います。
「あたし、この修羅場を乗り越えたら、続夏目友人帳とネオアンジェリーク2期と黒執事とヴァンパイア騎士と伯爵と妖精のアニメぜぇぇぇんぶ一気に休みなしで見るんだあはははぁ〜〜」

……引かれそうなのでやっぱやめときます。


ところで。
新しい鋼錬アニメ、中の人がずいぶん変わるみたいですね。
あたしの好きなあのかたが……三木眞一郎さまになったみたいです。

 

2009/03/05(Thu) 09:18:15

3月5日
ひたすら地道に原稿中。今月分のパズルも書かないと。

「遙か4」のシンボルフラワー笹百合のお話。
笹百合といえばアシュヴィン。アシュヴィンといえばCV石田彰さまの、こんな記事を見つけたからなんですが。

私が笹百合という花の存在を知ったのは、万葉集に出てくる花の解説本を読んでいたときでした。まだ小説書いてなかった書くなんて思ってもなかった頃(子どもだったという意味ではなく)です。

このリンク先の記事で石田さまが答えてらっしゃる万葉集の歌
「道野辺の 草深百合の花笑みに 笑みしがからに 妻と言うべしや」
(「まるで道ばたの草むらで百合が咲いているみたいに、君がちょっと微笑んだから」なんて甘い言葉で、私が妻になることを承諾したなんて、あなた勝手に決めないでよね)
の百合が笹百合だということで、写真が載っていたのです。

山百合、という解釈本もありますし私もそうだと思っていたのです(色白でそばかすがあって明るいから)が、笹百合という見たことのない薄紅の百合の清楚で凜とした美しさに、みとれました。こんな百合が咲いている西日本はいいなあ、と。

でも実際に本物を見に行くことになるまでには、いろいろと合縁奇縁があったんですね(^^)
「遙か4」3巻、2巻最後の方でのアシュヴィンのあの発言は結果どうなってしまうのか、お楽しみに。

 

2009/03/03(Tue) 11:49:36

3月3日
桃の節句。今夜はおひな様を片付けないと。毎年がんばっても片付け効果が妹にしか現れてないってのは、なぜですかね?

gooの公式サイト内で、私の作ったクロスワードパズルが掲載されているみたいです。
こちらのクロスワードです。

もしよろしければ、解いてあげてくださいませ。
マウスで遊べます。
このサイトは小説の読者さん向けということもあり、パズルでは別名掲載ということもあり、あんまりパズル作家としての話はしてきてないんですが。もそもそと細く長く(小説よりもずっと長く)やっています。

 

2009/03/01(Sun) 11:38:37

3月1日
光の春……。明るさだけが一足早くまぶしくて。
まだ寒いです。

昨日久しぶりに音楽CD買いました。
久石譲氏の「Another Piano Stories」
「ポニョ」や「おくりびと」や「太王四神記」や「私は貝になりたい」のテーマ曲が収録されています。本当にすばらしい作曲家さんですよね。

今書いている原稿は長丁場(たぶんプロになってから一冊にまとまる量としては一番多い)なんですが、書きあげる頃には、その次の予定が決まっているといいな。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania