風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2009/02/26(Thu) 19:07:03

2月26日
もくもくと原稿中。
なんか久しぶりに地の文が描写書き放題なので、楽です。原稿の長さもあんまり気にしなくていいらしいし。
会話中心で、地の文を圧縮して、しかもわかりやすい言葉で、簡潔に、長さは○○ページジャストで、みたいな注文でずいぶんやってきたから……。
それもやりがいがあって、燃えますけどね。条件クリアしてやる! って。

これでまた元の児童書の文へ戻るのは、精神力使ってきつそうだなあ(苦笑)
元々は長い地の文を書いていた私なので、未だに地の文を簡潔にすべきレーベルでは、作品毎に地の文の印象がすこしずつちがいます。
どうにかして地の文を最小で、最大の効果、みたいなのを考えながら試行錯誤で書いてゆくので。

いや、考えつくネタは子ども向けが多いし、児童・少女小説をやっていきたいんですけれどね。

さすがに技術だけで文を簡潔にするのは、小学校3年生対象くらいが私の限界ですね。
童話や絵本の文は私には無理っぽい。あれは天然の感覚をもとより持っているかただけのものでは、と私はちょっぴりうらやましく思っています。

 

2009/02/24(Tue) 21:16:01

2月24日
メッセージもいただきまして、大変うれしかったのです。
リアルでも何人かのかた(10人は越えていると思う)から、「メガネ恋。」の続きを楽しみにしています、と励ましていただいたのです。
本当にうれしいです。笑ったとおっしゃっていただき、感謝でいっぱいです。

が。が。が……。

今のところ、続きが出る予定はさっぱりとございません。

本……ライトノベルは作者の希望ではなく、お金を出してくださる読者の皆様のご希望に添って出版されます。
私がいくら書きたいと望んでも、それはかないません。
本当に無力な作者ですみませんごめんなさい。

もしもよろしければできますれば、リクエストは編集部の方まで直接届けていただけないでしょうか……。
一迅社さんは公式サイトの「お問い合わせ」というアイコンからメールが送れるようですし。アンケートはがきでももちろんOKです。

どの作品にせよ、皆様のご希望に添えなくて大変心苦しく、恐縮しております。
伏して、平に、土下座で、お詫びするとともに、ご理解のほどよろしくお願い申しあげますm(_ _)m


と、これで文が終わってはなんだかなーと感じるので。
今後の予定を整理してみます。

3月下旬……たぶん一ヶ月くらい先ですが、「遙かなる時空の中で4(3)護るべき人」が刊行になります。私の作業はほぼ終了しています。

その次の刊行は、春、児童書で学園ミステリです。
癒し系ミステリ? ちょっと怖いけれど、ちょっとせつなくほろ苦いかもしれないけれど、やさしさにあふれた物語をめざしました。
今までの児童書とライトノベルの中間くらいの微ラブ? です。あ、イケメン主人公であることを保証いたします11歳の小学生ですが(笑)

今書いているのも一応広義のミステリに入るのかな?
まだ詳しくは言えませんが……まったく新ジャンルに挑戦中です。

その先も予定はいろいろ……立ち消えないようにがんばってます。ライトノベルも出せるように努力中です。

この経済状況ですからね、本当に厳しいのですが……夢を売る商売である小説家が、夢をあきらめてはいけませんよね。

 

2009/02/22(Sun) 10:19:13

2月22日
にゃんにゃんにゃんで猫の日、だそうです。

犬と猫どっちかと言えば、私は猫派なのですが、猫を飼っていたのは幼児の頃です。
残っている写真を見ると三毛猫だったのですが、うっすらとしか憶えていません。
私が5歳くらいの頃死んでしまったので。

小学校から社会人になるまでは、ずっと小鳥系とか金魚とか飼っていて、
今はウサギです。
猫もいいな、と思うのですが。

いろいろと細かい仕事をこなしつつ、桜が咲くまで? に新作を書き上げないと。学園もののはずが全然違う話に企画変更になりましたが、また新しいジャンルに挑戦しております。

 

2009/02/20(Fri) 22:11:03

2月20日
「遙か4」3巻の著者校正終了。
これで、このシリーズに関する私のお仕事は、ほぼおしまいです。とても刺激的で、勉強になったお仕事でした。積みゲーが増えたけれど(笑) 
もう少し体力があればいいんですが。執筆で使い果たしてしまうんで、なかなか他のことができません。しかし運動して体力増やすとか、そういう根性も時間もない罠……。根っからの文化系だからなぁ。

いただいた本のご紹介
「あまがみエメンタール」(著:瑞智士記先生 画:鍋島テツヒロ先生 一迅社文庫より本日発売)
「リビングデッド・ファスナーロック」(著:瑞智士記先生 画:安倍吉俊先生 小学館ガガガ文庫より発売中)
瑞智先生よりダブルで頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。
一迅社文庫のお作は、百合です! ガガガ文庫はアクションホラーですね。まったく異なる作風で、文体も印象が違い、すばらしい筆力だな、と感心いたします。

 

2009/02/18(Wed) 17:53:42

2月18日
執筆の参考にしたい本を買いに出かけました。


……あれ?

お店を出るとき、どうして私は『遙か2』のソフトと攻略本の入ったレジ袋を持っているのでしょう。

お財布から何枚か千円札が消えています。


不思議だなあ(汗) 天から鈴の音が聞こえたと思ったら…………(嘘)


いえ、やっぱね、『夢浮橋Special』 で、今の私の脳内経験値では、神子が望美かあかねしか選べないってのはどうかと思いましてね。
八葉かけあいイベントは全部の神子分、理解して楽しめた方がいいじゃないですか。
『遙か2』は担当様からいただいた資料本読んだのと、自分でレンタルしたOVAというかOAD見ただけなので。
八葉たちの人間関係のせつなさに萌えるなぁ、と資料読んでとても惹かれました。

さあ、これで花梨も選べるようにするぞ! で、いつやるんだこれ……。

『遙か3』もセーブ中の現在、『夢浮橋Special』への道がさらに遠くなった気がしてなりません(^^;)

 

2009/02/15(Sun) 11:27:46

2月15日
「遙かなる時空の中で4 (3) 護るべき人」は3月下旬の発売予定です。すでに一部のオンライン書店では予約を開始している模様ですね。
ノベル版オリジナルルートっぽいかんじに入るシリーズ完結巻となります。もうあとがきも書きました(笑)
「遙か4」1巻が、なんだか品薄みたいですね。お買い上げいただきまして、まことにまことにありがとうございますm(_ _)m 心からお礼申し上げます。

 

2009/02/14(Sat) 16:11:58

2月14日
あ……暑い……。
これでまた寒くなったらなんだか風邪引きそう。

お仕事はあとがきとか修正とかプロットとか。
なかなか新作原稿に本腰入れて取り組めませんが、とにかくがんばります。書きたい話がいくつも目白押ししてます、脳内で。

いただいた本のご紹介
「お狐サマの挑戦状ッ!」(著:かたやま和華先生 画:風都ノリ先生 B's-LOG文庫より本日発売)
かたやま先生より頂戴いたしました。本当にいつもありがとうございます。シリーズ8巻めになります。
ドラマCD化おめでとうございます! 声優さんたちが豪華ですね!!!

 

2009/02/11(Wed) 12:14:32

2月11日
HEADLINEにも書きましたが、今年も児童書アンソロジーに参加させていただきました。
今年は怪談です。……実は、小学生当時の私の実体験を元に創作したお話です……。
もしもよろしければ、今月下旬以降、書店の児童書売り場でチェックしてみてくださいませ。

春に出る新作児童書、タイトルとかキャララフとかカバーラフとか、いろいろと決まってまいりました。イラストはまたまた、すばらしいかたにお願いしております!

こういう話が書きたかった、というかんじの「小学生だった私が読みたかったお話」ですかね。学園ミステリーになるのかな、ジャンルとしては。タイトルには「探偵」というようなミステリーっぽい言葉は含まれませんが。

……今日でパズルを完成させて、某新作原稿に戻らねば。

 

2009/02/08(Sun) 21:15:17

2月8日
今年もやらなくては。
余寒お見舞い申し上げます。
夏は立秋過ぎたら残暑お見舞いになるように、立春過ぎたら余寒お見舞い。
毎年一人で「余寒お見舞い普及運動」を地味にやっております(笑)

今月のパズルのお仕事中。月刊誌ですから。

明後日2月10日は左利きの日らしいですね。
0・2・10で「れ・ふ・と」なんですって。
私も隠れ左利きなんで。

 

2009/02/05(Thu) 12:00:33

2月5日
コミックス版「遙か4」発売!!!
ということで、早速買ってまいりました。

加筆がある! うれしいっ♪

ノベライズは、コミックス版の雑誌連載からヒントを得た小ネタや設定をいくつか入れてますので、両方お読みいただけますと、いっそう楽しめるかもしれません。

なんといってもコミックス版の私的おすすめは、メガネスーツの風早先生と、制服那岐です! ネクタイVv 自宅のシーンも好きですね、男子ふたりの部屋着とか、風早どんだけ背が高いんだよ(187cm)、とか。

や、千尋の私服もかわいいし、布都彦の寝顔とか、カリガネの美しいアップとか、アシュや柊の存在感・魅力・色気とか、シャニのかわいい(そろそろ自主規制)……とにかくすばらしいです!!!!
「遙かなる時空の中で4 ―はじまりの書―」(水野十子先生 白泉社 花とゆめコミックス)

 

2009/02/02(Mon) 20:59:05

2月2日
『遙か4』の来月出るドラマCDで、ゲームでは声がなかったリブにも、声が入ることになったそうです。
「遙か」シリーズではおなじみの、浜田賢二さま。
仮に銀(しろがね・『遙か3十六夜記』のキャラ)の声のトーンのイメージで、せりふをちょっと脳内変換してみたり。「や、殿下、よろしゅうございました」ってかんじ。

わ、なんか癒されそうv

なお、ノベライズには登場しないキャラですが、道臣さんにも声が入るそうです。
鳥海浩輔さまですって。やはり『十六夜記 』でおなじみですね。
詳しくはリンクから「ネオロマンス・オフィシャルサイト」へどうぞ☆


いただいた本のご紹介
「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 6 Blood Party!」
(著:壁井ユカコ先生 画:テクノサマタ先生 電撃文庫より2月10日発売予定)
壁井先生より一早くいただきましたv どうもありがとうございます。シリーズ完結巻になります。
壁井先生のおうちのわんこさん、一度だけお目にかかったことがあるのですが、本当にかわいいんですよVv(あとがきに反応してみた)

 

2009/02/01(Sun) 09:08:36

2月1日
本日もただいま取り組んでいる原稿の取材。資料の方はどうにか読み込み完了……付け焼き刃ではなく、自家薬籠中のものとしなければならないわけですが(^^;)
ちなみに現代学園ものということになるのでしょうか。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania