風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2009/01/30(Fri) 18:17:33

1月30日
ふっふっふ、届いたぜ、PS2版『遙かなる時空の中で 夢浮橋Special』トレジャーボックス。
自腹です。いや、百人一首CDが欲しくて。さっそく聞き惚れていたり。
で、本体の方はいつプレイできるんだろう(涙)

あ、LaLaDX全サの「八葉複製原画」も届きました!
美しいなぁVv

ケータイで配信されている「遙か4」ノベル版無料試し読み、配信期間終了のようです。ご愛読どうもありがとうございました。

 

2009/01/28(Wed) 12:55:38

1月28日
やっと四神の水晶の珠の浄化とカスタマイズをすませました。これで実装できます。

メッセージでご質問をいただいたので。
「メガネ恋。」のプレゼント応募のお手紙、〆切を設定してませんでしたね。
受験シーズンでもあり、3月までのんびり待つつもりでした。

いったん2月末で区切って発送し、定員に達しないようでしたら、3月も待っております。
その際はまた、ここで告知いたします。


いただいた本のご紹介
「戦場のライラプス」(著:瑞智士記先生 画:高橋武久先生 徳間Edgeノベルスより発売中)
瑞智先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
「哀しい。」という帯のキャッチが力強く、そして寂寥感を煽ります。戦場ものというかアクションファンタジーだそうです。こういう設定(ネタばれなので言えませんが)私はすごく惹かれます。むずむずと何かを書いてみたくなります。

 

2009/01/26(Mon) 09:46:45

1月26日
文化財防火デー。
創刊以来くらい愛読している「活字倶楽部」(雑草社)最新号を買ったら、一迅社文庫アイリスの広告ページがありました。「メガネ恋。」のカバーイラストが大きく載っていて、びっくり。ありがとうございます。

新作の資料を山積みして勉強中。来月に入ったら書き始められるといいなあ。というか、書かないと。

 

2009/01/23(Fri) 13:11:25

1月23日
「遙か4」のゲームのビジュアルブックが出ましたー!
メイン男子8人それぞれのポスターがすてきです(初版限定付録みたい)。
フルカラーの本で、サブまで入れた各キャラのルートのあらすじと、スチルがいくつか紹介されてまして、メイン8人にはエンディングのラブメッセージが収録されてます。

こんな本です↓「遙かなる時空の中で4」ビジュアルブック
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32193766
URLが短くて、書影が拡大できるお店を選んだだけで、他意はございません。
カバーキャラ、表側がこの4人ですが、他の4人は裏側におりますので、よろしくなのですVv

「遙か4」ノベル版の3巻「護るべき人」は3月終わりの発売予定です。よろしくお願いいたします。

 

2009/01/20(Tue) 08:30:32

1月20日
「メガネ恋。」公式発売日です。よろしくお願いいたします。
HEADLINEにも書きましたが、発売記念感謝プレゼントのお知らせです!

郵送によるファンレターをくださったかた30名様に、アンティークシルバーのメガネチャームとアニスのリボンをイメージしたコットンレースの淡いピンクのリボンのついた、時海手作りストラップをプレゼントいたします。
本のあとがきの次のページに、「お手紙の宛先」が載っていますので、よろしくなのです。
うれしいことにお手紙が多かった場合、抽選になってしまうかもですが……。

ストラップのサンプルがまだ作れていません、〆切に追われていてごめんなさい。近日中に画像をUPする予定です。
お手紙、謹んでお待ちしております!!!


いろいろと細かい作業が終わらない〜〜〜。終わらないうちに次のお仕事が入るです。
細かいのを片付けて、じっくり腰を落ち着けて次の原稿を書きたいのですが。自分の要領の悪さが哀しい(TT)
ひとつひとつこなしてゆくしかありません。私以外にやる人いないんだし。

 

2009/01/17(Sat) 21:04:39

1月17日
一部のオンライン書店で「メガネ恋。」の発送が始まりました。っていうか、早っ。
もちろん実質本日発売の「遙か4」2巻も、販売開始になっておりますよ。
どちらもイラストがすばらしいです!
皆さまどうぞごひいきに、よろしくお願い申しあげます。

ということなので、リンクに鳴海ゆき先生を追加しました。
制作秘話は公式発売日になっている20日の更新です。
時海からの「メガネ恋。」の発売記念感謝プレゼント企画も、20日に発表します。

 

2009/01/16(Fri) 21:03:34

1月16日
今朝、寒くて洗濯機が凍ってしまいました。父がヘアドライヤーの温風で溶かしました。

HEADLINEにも書きましたが、
「遙かなる時空(とき)の中で4(フォー) (3) 護るべき人」
3月の終わり頃発売の予定です!! シリーズ完結巻になります。

「遙かなる時空(とき)の中で4(フォー) (2) 志(し)の遠き地(つち)」
明日か明後日には、店頭に並ぶとおもいます。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

というわけで、サブタイトルは三つ並べると「天・地・人」……大河ドラマのタイトルみたいですが、制作秘話にも書きましたが、「三才」というものです。陰陽二極と四神のいる四方と、セットになる言葉にしてみました。

お仕事は春以降に書くものを用意しつつ……皆様のおかげさまで、どうにか今年の夏くらいまではお仕事がありそうです。ありがとうございます。本当にありがとうございます。

 

2009/01/14(Wed) 21:08:11

1月14日
年末から書いていた某児童書、やっと書けた……。
ていうか、お正月にちょっとさぼってしまったごめんなさい担当さま。

「あさき4」から6冊(というか春に出るまだ公表できない本もあるので正確には7冊)、続けて守っていた「草稿しめきり」を、とうとう破ってしまいましたorz
正直にここへさらして、深く反省します。

次のお仕事は「遙か4」3巻の完成作業です。小説版でしか読めないシーンが、あれとかこれとかあります! 3巻は小説版オリジナルシーンが多めだと思います。
冬の間にもう一冊長めの本(もしかして今までで一番長かった「業多弐」よりも少し長くなる??)を、まるまる書かないとなりません。ここで取材とか資料とか書いているのなんですけど。がんばります。

 

2009/01/12(Mon) 15:55:36

1月12日
パズルのお仕事中。
次の原稿のための資料読んで、必要なことをまとめたファイル作らないとならないけれど、その膨大さ広大さ深遠さを甘く見てうっかり手をつけたことを悔い、なかなかはかどりませんorz

ところで。書き忘れていたのですが、「メガネ恋。」の恋のルビはカタカナで「コイ」です。
「メガネコイ」というひとつの言葉? なのです。
もともとは「メガネがメガネに恋する物語です。」の略なんですが。
タイトル考えたときに、私が言いたかったキャッチの文から、少しずつ削って本当に言いたいことを絞りこんでゆく作業をして、残ったのが「メガネ恋。」
よろしくお願いいたします!

いただいた本のご紹介
「聖鐘の乙女 光の王子(プリンス)と炎の騎士(ナイト)」
「聖鐘の乙女 黒猫と白の女王」
(著:本宮ことは先生 画:明咲(あさき)トウル先生 一迅社文庫アイリスより発売中)
アイリスの担当さまから頂戴いたしました。どうもありがとうございます。勉強させていただきます。

そういえば。アイリスの扉ページには、タイトルが英訳つきなのです。
「メガネ恋。」も英語タイトルをつけていただきました。(自分では横文字苦手です……でも、キャラの名前の綴りを教えてといわれて、調べました・笑)
「メガネ恋。」の場合、カバーにも英語タイトルが表示されてます。

 

2009/01/09(Fri) 11:55:08

1月9日
この冬初の大雪。

「メガネ恋。」の著者用見本をいただきました!!
すばらしいできあがりで、とっても美しい本です。
イラストの鳴海ゆき先生、デザイナさま、担当さま、まことにどうもありがとうございました。
デザイナさまに特にお礼を申しあげたいです。
おしゃれなデザインで横文字のサブタイトル考えてくださったり、本当にお世話になりました。

書店で販売する分は、ただいま印刷中だそうです。
発売日の20日をお待ちいただきたく存じます。
そしてもしももしも、おもしろかったから続きが読みたい、と思っていただけたなら、ぜひとも「続きが読みたい」と、編集部の方におはがきとかお問い合わせメールとか(公式サイトから送れます)送っていただけたら、時海泣いて踊って喜びます!
伏してよろしくお願い申しあげます。


いただいた本のご紹介
「半日で読む源氏物語」
(著:吉野敬介先生 世界文化社より発売中 実用書)
世界文化社パズル編集部の編集長さまからいただきました。
どうもありがとうございます。
著者のかたは元ヤンのカリスマ進学塾講師、だそうです。
ノリノリでツっこみながら、源氏物語のあらすじを語ってゆきます。平安時代の貴族社会の解説コラムも充実。
そーですよね、光源氏の女好きってビョーキ(以下略)
私も彼を書きながら、何度イラっときてツっこn(以下自主規制)
つまり、女の哀しみと誇りを描いた物語なんですよねぇ、きっと。








 

2009/01/06(Tue) 10:22:13

1月6日
誕生日らしいです。
昨年の誕生日に妖怪宣言をしてから、年齢不詳の感覚が一段と増しました。どうやら、年々若くなるという術式の会得へ向かっているようです。主に2次元および2.5次元男子の色気と某社の基礎化粧品と脳のエネルギーというチョコレートを注入することによって。

昨日は多くの官公庁や会社が仕事始めだったので、さっそくお仕事が動き始めました。
がんばって働きます。
とか言いつつ、昨日はさっそく買ってきた「バクマン。」1巻読んでおおいにうなずいていたり。

いただいた本のご紹介
「サムライガード 2 北の大地で待つ姫は」
(著:舞阪洸先生 画:椎野唯先生 GA文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつも本当にどうもありがとうございます。精力的にお仕事してらっしゃって、尊敬いたします。
「ぱ○つじゃないから(以下略)」というかんじの……あ、ちがうのかな? 一部は合っていると思うんですが(笑)

 

2009/01/04(Sun) 20:49:32

1月4日
仕事始め。
図書館が開いたので、出かけていって仕事しました。
家だと全然ダメですね、誘惑が多くて。漫画とか本とか読んでしまう。いや、読む必要があったり読みたかったりするんですが。
お正月で家に家族がいるので、音と映像でさぼっていると分かってしまうゲームとアニメの録画見るのはがまんしました。

明後日は誕生日なので、自分にプレゼント。
今年は、四神の彫られた珠が含まれる水晶のブレスレットにしました。
吉日を選んで、流るる水を祀る氏神さままで珠の浄化に行ってきます。神社だから、呪は大祓詞でいいのかな? 修験道のとか古代神道のとか、原稿がらみでいくつか憶えたんですが(笑)
そのうちどれかの原稿に、執物(とりもの)として出そうかな、これ。

 

2009/01/01(Thu) 09:44:39

1月1日
御服、「母方は三月こそは」とて、晦日(つごもり)には脱がせたてまつり給ふを、また親もなくて生ひいで給ひしかば、まばゆき色にはあらで、紅・紫・山吹の地のかぎり織れる御小袿(おんこうちぎ)などを着給へるさま、いみじう今めかしく、をかしげなり。
 (中略)
「『儺(な)やらむ』とて、犬君(いぬき)がこれをこぼち給へれば、繕ひはべるぞ」とて、「いと大事」と覚いたり。
「げに、いと心なき人のしわざにもはべるかな。今、繕はせはべらん。今日は事忌みして、な泣い給ひそ」とて、(後略)


(紫の君の喪服の)お衣装を、「母方の(祖母の喪中)は三ヶ月間だから」と大みそかには脱がせた。
けれど(紫の君は)親もなくて育っている。
なので、派手で綺麗な衣も用意できず、紅・紫・山吹色の、地のまま織ってある(=違う色の糸での織り模様がない)小袿を着ていらっしゃるご様子は、かえっておしゃれの最先端に斬新でとてもかわいらしい。
 (中略)
(紫の君が言うには)「『追儺(ついな=鬼は外の行事、節分が平安時代は大みそかだった)をやるのよ』って、犬君(=紫の君の従者の少女)が(大騒ぎしたら)これ(=お人形遊びのドールハウスセット)を壊しちゃって、私が今直しているの」と、「とても大事なんだもの」と感じていらっしゃる。
(光源氏が)「本当に、なんて思いやりのない人がやらかしたものだろうね。今直せばいいよ。今日は(元旦だから)よい子にして、泣いてはダメだよ」 と言って(後略)   

(「源氏物語 紅葉賀」より、紫の君が十一歳になった元旦の光景  訳:時海 今年は「アニメにきっとありそうな」元旦シーンを選んでみました)


明けましておめでとうございます。

旧年中は応援いただきどうもありがとうございました。
本年もなにとぞごひいきに、よろしくお願い申しあげます。

今年もがんばって、いろいろな本が出せるよう、精進してまいる所存でございます。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania