風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 12 月 (4)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事内検索

2008/11/28(Fri) 20:40:57

11月28日
8月に書いていた児童書も、修正作業とかいろいろと刊行に向け進行中。
オリジナルラブコメもがんばって進行中……イラストレータさんもお仕事していただいて、ありがとうございます。
来月には、なにやら刊行情報を発表できれば、うれしいなあ、とこれは願望ですが。下にあるとおり、年明けには世に出したいと。

12月上旬で冬刊行のお仕事に一区切りつけ、以降は春刊行のお仕事に入ります。幸いまだまだ小説書きとしてなにやら書いていても、よさそうです。本当に皆様のおかげで、ありがたいことでございます。感謝感謝です。

 

2008/11/25(Tue) 19:12:56

11月25日
オリジナル書き下ろしラブコメ原稿の完成作業、がんばってます。
キャラ絵も決まりまして、イメージが断然わいてきました。
年明けにはお披露目できればいいなと願っております。

やっと原稿の合間にリアル書店へ行けたので、「LaLa」最新号入手。
はっはっは、付録のカレンダーの「遙か4」分のキャラが意外なメンバーだったので、「おおっ」。すごいかっこいいですね、彼、こうやってメインで見ると。

もちろん、全サにも「遙か4」で申しこみますよVv
大人になるっていいなあ(笑) お金の心配があんまり無くなってきて、漫画雑誌買う程度なら。
ちらっとノベル版の広告も載せていただけたし。

そういえば、私は書いている作品の関連グッズをコレクションしたりするのです。去年は源氏物語で「十二単の絵」みたいなグッズ集めてたのですが、この夏はずっと百合でした。傘、ゆかた、着物、しおりにハンカチ、ブローチ。
「遙か4」のシンボルフラワーは、笹百合です。

いただいた本のご紹介
「またあえるよね 四年一組ミラクル教室」
(著:服部千春先生 画:高里むつる先生 講談社青い鳥文庫より発売中)
服部先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
シリーズ8巻めにして、最終巻です。涙腺ダイレクト刺激系なこのシリーズも、いよいよ4年生の終業式の季節に。本当に心に残るシリーズでした。

 

2008/11/22(Sat) 13:25:34

11月22日
取材に行ってきました。
「遙か4」関連でたぶん最後の。
ゲームに出てくるあれやこれやを実際に見てこよう、シリーズです。
小説版だと3巻にちらっとひとこと出てくることになるのですが、ゲームではとあるルートに入ると登場します。「孤高の書」(共通ルート)でもちょっと出てきますけど。
初めて生で見ました。それがなんなのかは、またあとがきあたりで……。

いただいた本のご紹介
「魔法少女レイチェル 滅びの呪文 上&下」
(著:クリフ・マクニッシュ先生 訳:金原瑞人先生 画:亜沙美先生 フォア文庫理論社版より発売中)
こちらも亜沙美先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。怖い系なダーク・ファンタジーです。前回の日記の「ボーイズ・イン・ブラック4」やっぱり読んだらうるうるとなってしまいました。

 

2008/11/19(Wed) 09:13:18

11月19日
初氷がはりました。例年より遅い気がします。

あちこちのオンライン書店さんで、データを修正していただけたようでして、私の名前での一覧にも「遙か4」が載りました。よかった、感謝です。

あー、次の原稿のプロット考えなければ。
児童書のほうは、担当様と打ち合わせできる段階まで考えたけど。
そうじゃないジャンルのをひとつ。


「あさきゆめみし」ではなくなってしまった源氏物語アニメですが。
中の人が決まったようです。
http://genji-anime.com/
(移動したら、最新情報をクリック)
光源氏:櫻井孝宏さま
頭中将:杉田智和さま
紫の上:遠藤綾さま

櫻井さまといえば。「遙か」的には「舞一夜」の多季史さんですね。アニメ映画の第一声「濡れるぞ」で、わたくし恥ずかしながら「ぎゃーっ」と失神しかけたのは事実です。
あんなセクシィなお声はなかなか聞けない…………。
何度見ても(何度も見てるんですよ)、「舞一夜」アニメは、ラストの封印シーンでぼろぼろ泣いてしまいます。舞台もすばらしかったです。
「舞一夜」ゲームは……セーブ中の鷹通さん、待っててねw

遠藤綾さまはやはり、「ネオ・アンジェリーク」のヒロイン・アンジェリークですよ。
戦闘メッセージが「この世界を優しさで満たして」ですからね、とってもやさしくてかわいらしいです。


いただいた本のご紹介
「ボーイズ・イン・ブラック 4 雨が上がれば……」
(著:後藤みわこ先生 画:亜沙美先生 講談社YA! ENTERTAINMENTより発売中)
亜沙美先生から頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
シリーズ最終巻です。しのぶくんたちとお別れだなんて、寂しいですぅ。読んだら泣きそうだ。いままでのいろんな謎が解決して、すっきりしそうではありますが。

 

2008/11/18(Tue) 09:32:48

11月18日
「遙かなる時空(とき)の中で4(フォー) (1) 果てなき天(あめ)」
原作:コーエーさま キャラクターデザイン:水野十子先生 イラスト:Chiyoko先生
GAMECITY文庫(コーエー)より本日発売です。
何とぞごひいきに、よろしくお願い申しあげます。シリーズ1巻めで、全3巻の予定です。

主人公葦原千尋は高校2年生になったばかりの少女。五年以上前の記憶を失っている彼女は、実は古代異世界の亡国の姫でした。
ある日運命を告げられて、生まれ育った「豊葦原」へ降り立ち、失った祖国を取り戻すための激しい戦いへ、身を投じてゆきます。
彼女を護ってともに戦う男性たちとの出逢いを描く1巻になります。

この先の巻では恋とか心の絆とか運命とかを描く予定です。

 

2008/11/16(Sun) 09:15:19

11月16日
今頃気がついたのですが、「あさきゆめみし」もパソコンサイトから試し読みできますね、全巻。

青い鳥文庫の公式サイトで、「本をでたらめに探す」というのをクリックすると、書影アイコンが宙を飛びさる、というゲーム画面になります。欲しい本の書影を捕まえる(ポインタ置いてクリック)と、紹介ウィンドウがひらき、「試し読み」のクリックで冒頭4p分が読めます。
シリーズはどれか一つ捕まえれば、紹介ウィンドウでシリーズ全巻のアイコンが出ますので、そこからほかの巻のウィンドウへ移動できます。

なかなか欲しい本が出てこなかったり、結構なスピードで飛び去りますけど。
試し読みを見ていただければ、中学生を対象と考えていて、決して中身は子どもっぽくないということが、お判りいただけるかなと思います。

ちなみに「遙か4」のコーエーGAMECITY文庫のパソコンサイトからの試し読みは、冒頭およそ3p分になります。実は、「遙か4」のほうが「あさきゆめみし」よりも、漢字をひらがなに変えています。「あさき」は全ての漢字にルビ(ふりがな)がつきますからね。

 

2008/11/14(Fri) 21:12:09

11月14日
「遙か4」1巻、どうやらオンライン書店の速いところでは、販売が始まったようです。24時間マーク出てますね。

オリジナル書き下ろしの新作ラブコメ、タイトルが決まりましたー。
今度こそ、誰が見てもすぐ意味のわかるタイトル。……なのかな?
いや、今度こそ、辞書にない単語は含まれておりませんので。
あ、玉響は辞書には載ってたか。でも辞書ひかなきゃ意味不明。
ま、いずれにしても私のつけるタイトルですからね……シンプルです。文章でタイトルがつけられないんですよ(笑)

「遙か4」2巻の完成に向け、作業中。お待ちくださいませ。
上記オリジナルともども、年が明けてからお届けできるようにがんばっています。

 

2008/11/11(Tue) 08:19:52

11月11日
「あさきゆめみし」アニメが中止になったようです。企画を変更し、源氏物語として、アニメ自体はその枠で予定通りオンエアされるみたいですね。

「あさきゆめみしアニメ」の公式サイトはなくなりましたので、リンクから削除し、HEADLINEからも該当記事を消しました。
一応表示しますと、こちらが新しい「源氏物語アニメ」の公式サイトです。
http://genji-anime.com/

ただの一ファンとしてアニメを楽しむつもりだった私は、おそれおおくも何も関係はないのですが、きわめて個人的な気持ちとしては、やはり大和先生の光源氏が動くのを見たかったかなと思います。

 

2008/11/09(Sun) 18:04:08

11月9日
オリジナル書き下ろしラブコメの原稿、できたので担当さまへ。
これから修正が待っています、担当さまのアドバイスで。自分でも何度か見直すんですが、どうしても客観的なご意見がほしい項目について、コメントをつけて、送信します。

この夏からずっと毎月一作書きあげる月産体制で、この先もありがたいことにしばらく忙しそうですが、たびたび「よくそんなに考えられますね」と尋ねられます。
考えるのは苦ではないというか、むしろお仕事があって楽しいのです。
が、手を傷める=腱鞘炎が怖くて、これ以上ペースを上げるのは無理そうです。

 

2008/11/06(Thu) 20:53:50

11月6日
どうにかオリジナルラブコメ原稿、最後まで到達した。
ほんと、書きながら笑っちゃうので……図書館で困りました。
お手洗いに駆けこんで……笑ったことも。
希望としては、年明けに出るといいですね、仕上げをがんばります。

図書館通いも冬モードです。
保温水筒にそば茶入れて、指なし手袋(フリース)、靴下用使い捨てカイロ、ひざかけ、マイ薬用ハンドソープ(チューブタイプ)<感染症対策にはまず手洗い、ハンドクリーム<手洗いで手が荒れる。
ひざかけは、今年トレンドの「薔薇ボア」買いました。本当はジャケットかコート買いたかったけど、着ていくところもなさそうだし、お金もないし。せめてひざかけ。暖かいです。

 

2008/11/04(Tue) 08:30:58

11月4日
ひたすら原稿中。ようやくクライマックス直前までたどり着きました。
洋風異世界魔法系ラブコメディ。と言っておきましょう(笑)
しかし、ヒロイン以外女子が一人も出てこないって……。

この春からずいぶん原稿書いたけれど、児童書はともかく、ラノベレーベルではヒロイン以外に書いた女の人がたったひとり。あとは何人男子を書いたか……数える気にもならないけれど、三十人くらい?
……次の書く予定の原稿は男女半々とか、百合とか、にしようと思います(百合って・笑)

 

2008/11/01(Sat) 13:18:46

11月1日
千年目の日ですね、源氏物語が著者の日記に記録されてから。

「遙か4」1巻の試し読み、ケータイのほうだと、実は全体の四分の一くらい読めてしまいます(笑)公開してからもずいぶんと原稿に手を入れたので、細かな表現ができあがった本とは違う部分もありますが。
たぶん、発売前に公開が終わってしまうんじゃないかとか終わる可能性が高いなとか、私としては思います。なので、お読みになることをご希望のかたがおられましたらば、お早めにどうぞ。
(読むこと自体は無料ですが、機種によってはDLに時間がかかります。定額パケットじゃないと、もしかしたら通信料が高くつくかもしれません、と一応念のため)

いただいた本のご紹介
「とんだトラブル!? タイムトラベル」
(著:友乃雪(ともの ゆき)先生 画:おかべりか先生 岩崎書店より11/12発売予定 児童書ハードカバー)
岩崎書店編集部さまより、頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
イケメン友乃先生には「遙か4」執筆に役立つ資料をいただいたりしました。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania