風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2008/07/31(Thu) 18:23:35

7月31日
なんだかここ数日あんまり暑くないですね。
地元では真夏日になりません。楽でいいけど。

原稿を入稿したので、「この原稿が書けたら○○見に行くんだ」と
立てていた死亡フラグ(?)を折りに行ってきました。
ポ○ョではなく、弥生時代と古墳時代の発掘遺物の展示ですよ(笑)
よかった、本当の死亡フラグにならなくて。

来月も新しい作品にチャレンジです。

 

2008/07/27(Sun) 17:47:11

7月27日
今書いている原稿に登場する、大切なアイテムを、奇跡的に入手しました。
半分あきらめていただけに、やったーっっ☆
手に入りそうもないものだったんですが、ご縁があったということでしょうか。
お手間を取らせたかた、ご縁のあったかたに、心から大感謝です。

7月9日の見に行った花とあわせ、情報公開の際には、詳細発表できるんじゃないかと。
ほかにもいろいろとアイテムを入手してます。主人公の気持ちになれるよう、常に持ち歩いたりしてます。
原稿は書けたので、これから読み返して修正作業です。

 

2008/07/23(Wed) 20:22:42

7月23日
ふみの日。
本日発売、今年の「ふみの日切手・ハローキティ&ディアダニエルの平安バージョン」を買いに、郵便会社最寄り支店へ。ちょっと多めに買ってみました。十二単のキティと狩衣のダニエルがとっても綺麗で可愛いです。
ファンレターのお返事に使います。秋以降、本が出ましたら、皆様ぜひよろしくなのです。
同時発売百人一首(今年は紫式部入り)の切手も買いましたよ。
9月には源氏物語千年紀記念の切手モデルらしいです。どんなデザインかなぁ。

昨日あたり、またカウンタが飛んだみたいです。29000位だったのですが……。この前飛んでからだいたい一年ですね……。
とりあえず、その数字を、ご挨拶の所に加えておきます。

 

2008/07/19(Sat) 19:10:43

7月19日
梅雨が明けたみたいですね。

フリマに行き、古いビデオのセットを手に入れました。日本各地の美しい風景を音楽とともに流す、環境ビデオ、というものです。

DVDで探したのですよ、実は。資料としてほしくて。今書いている原稿の舞台(複数)へどうにも取材に行く時間がとれないんですよね、情けない。
なので写真とか手に入れたんですが。映像の方がきっと詳しいです。景色のいいところなので、この手の映像にはありそうな。……でも、なかった。

このビデオには、全部ではないけれど目的地があったので。よかったよかった。一本50円だしw

いただいた本のご紹介
「お狐サマの赤い糸ッ!」
(著:かたやま和華先生 画:風都ノリ先生 B's-LOG文庫より発売中)
かたやま先生からいただきました。いつもありがとうございます。シリーズ6巻め、な、ななな、なんかチュウが進化してますよっ!?

 

2008/07/18(Fri) 20:50:34

7月18日
昨夜作った麦茶。うっかり冷蔵庫に入れ忘れて放置し、気がついたのがお昼過ぎ。
飲んでみたら……酸っぱかった!
暑いですね。食べ物の管理には気をつけないと。

原稿はどうにか進んでます。予定から遅れない程度に。

いただいた本のご紹介
「暗く、深い、夜の泉」
(著:萩原麻里先生 画:Fuzzy先生 一迅社文庫より発売中)
萩原先生から頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
以前増田メグミ先生のイラストで、講談社X文庫ホワイトハートから刊行されていたご本の、最刊行です。少年向けレーベルより新たに出版されました。

それで、最後のページに一迅社文庫の新人賞の応募要項が載っているのですが、あらすじの書き方が実に丁寧に書いてあるんですね。その要項から一部を引用しますと、「作品全体の仕掛けやネタ割れを含めたものを指します」とあります。なかなか画期的な応募要項ではないか、と思いました。

 

2008/07/15(Tue) 11:42:46

7月15日
たまには、パズルのお仕事の話でも。
まずはこちらをご覧くださると幸いです。
中日新聞こどもタイムスの7月6日の記事

記事のように、パズルは紙と鉛筆で作りますよ。私は10mm方眼のノートと2Bの芯を入れたシャープペンを使っています。
パソコンのソフト開発して、それで作ればいいのに、とよく質問されます。
たしかに、ナンバープレイス(記事中では「数独」)はソフトが作れられるようになりましたね。

けれど、クロスワードパズルは、まだ人間の手作業のほうが勝っている気もします。作者の「遊び心」「テーマ」「こだわり」といったものが感じられるパズルでなければ、解いてもきっとおもしろくないのではないかな、と私は思ってます。
パソコンソフトに「遊び心」を自在に楽しむ「揺らぎ」を組みこむ、というのはまだ未来の話のような……どうなんでしょう。
特に「ヒント」は、小説がパソコンソフトで書かれるようにはまだならないのと、同じ理由が想像できるのではないのでしょうか?

そもそもパズル作家の仕事って、結構速いですしね。
10X10のマス目のクロスワードパズルだと、入る言葉=ヒントは40コくらいになります。
私の場合、このサイズで「四隅に花の名前を入れて、ヒントのうち10コ園芸に関係するものにして、答えも園芸関係で」みたいな「テーマ」つきだと、どんなにかかっても1時間でマス目を組み=パズルの完成したものを手書きで作成し、1時間でパソコンで清書(エクセル)して「メモ帳=テキスト」にヒントを書きます。
特に速いわけではないというか、たぶんもっと速いかたは大勢いらっしゃいます。(ちなみにパズル関係者ってたいてい解くのも速いですよ、考えることはほとんどなくマス目を埋めたり)

ということで、私が生きているうちは、パソコンに負けて失業しないとは思ってるんですけどねえ。

 

2008/07/12(Sat) 21:24:30

7月12日
今年いっぱいずーっと休みなく原稿を書かなくてはならないかんじでいたのですが、なんだか年が明けてもさらに書くみたいです。

ちょっと以前ですが、付録についていたニャンコ先生のストラップが欲しくて、ずいぶん久しぶりにLaLa(白泉社)を買いました。もう何年もコミックス買いになっちゃってて……。全員サービスもニャンコ先生のぬいぐるみだっていうし。
ニャンコ先生は緑川ゆき先生の「夏目友人帳」のキャラです。招き猫を依り代とした妖怪で、ぶさかわいいんです。

いただいた本のご紹介
「風の魔法つかいリオン 1 使い魔はしゃべるねこ!?」
(著:森川さつき先生 画:さがのあおい先生 フォア文庫童心社版)
童心社の担当Y女史さまから頂戴いたしました。お気遣いいただきまして、ありがとうございます。ネコがでてくる魔法少女ものです!
さがの先生は、電撃文庫の「天国に涙はいらない」シリーズ(著:佐藤ケイ先生)のイラストレータさんですね。

 

2008/07/09(Wed) 20:33:58

7月9日
取材に行ってきました。今回も花を見に。先月行ったのとは別の花で、今書いている原稿に登場します。
こちらの花の方が、たぶん先に本が出ますので、そのとき詳しくご紹介できると思います。
山の中に咲く貴重な野生の花ですので、場所は秘密ですけれど。私も見たいと思いつつあきらめていました。たまたま咲いている場所を教えていただけまして、本当に偶然。
想像以上にほっそりと可憐でたおやかで、美しい花でした。静かな森、小鳥のさえずり、緑の中の幻想的な花の群れ、心が洗われるようだったですね。

 

2008/07/05(Sat) 18:22:13

7月5日
七夕の短冊に恒例の文字「商売繁盛」を書きました。今年こそ晴れて、お星様の目に留まりますように(笑)

特定作品のための取材、というわけではないのですが、機会に恵まれましたので滅多にできない体験へ行ってきました。ネタになるというか何かの役に立かもしれないし、おもしろそうだし。

……仕事が押してます遅れてます、更新が滞ったらごめんなさい。

 

2008/07/01(Tue) 12:48:38

7月1日
とうとう今年も半分が過ぎてしまいました……。

HEADLINE、何も新情報がない定例更新でごめんなさい。
いろいろと仕事はしておりまして、進んでおりますが、まだ発表できる段階にございませぬ。
夏中黙々と働いてますので、どうかお見捨てなきようひらにひらに……暑い夏になりそうです。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania