風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2008/03/30(Sun) 13:52:25

3月30日
HJ文庫「陰月のヤジリ」が台湾で翻訳出版されました。
海外進出は初めてです。正直びっくりしました。
関係者の皆様、どうもありがとうございます。

お祝いの描きおろしイラストを、挿絵の亜沙美先生より早速頂戴いたしました。
ギャラリーのオリジナルのところに飾らせていただきましたので、ぜひご覧ください。
亜沙美先生、まことにありがとうございます。

著者見本が届いたのですが。
日本の文庫や新書・コミックスよりも大きいですね、これ。B5?  とも違う。

画像をギャラリーの書影のところに載せておきました。
タイトルは画像で判りますか?
うちにはスキャナーがなくて、荒いケータイ画像ですみません。

「陰月的箭簇」どっちも「矢尻」という意味の字だけど、たけかんむり。
日本では「鏃」という一字ですよね。たけかんむりに前というこの字も使うことがありますね。

本文は縦書きですが、二字下げです、改行。日本では一字下げですが。あと会話のカギ括弧もそのまま下がってますね。日本では下げませんが。
大学の中国語の授業では横書きだったっけ、教科書。

どうなるんだろ、と一番興味があったキャラ名。
私が最初に漢字で括弧書きに入れたのが、そのまま使われてました。サナ=早名=づぁおみん、ユツキ=弓月=ぐんゆぃえ、というかんじでしょうか。

著者紹介で。
解謎作家=パズル作家、ね。一瞬何かと思ったです(笑)


 

2008/03/29(Sat) 15:48:33

3月29日
こんなかんじで「あさき全5」箱入りセット、一部オンライン書店で扱いがあります。
リアル書店さんでも、ISBN 978-4-06-937369-5 をしっかり伝えれば、注文できるはずです。
……お届けに時間がかかったら、ごめんなさい…………。

下↓にも書いてありますが、しあさって、この場所に書かれることは、季節柄のイベントです。

 

2008/03/27(Thu) 20:28:51

3月27日
もくもくと異世界ファンタジー執筆中。
もっともっとラブくしなくては〜〜〜〜〜〜☆

毎年恒例の予告です。
季節柄のイベントを起こします。
来週火曜日のここの記述は、嘘ですので、信じないように。
よろしくお願いいたします。

 

2008/03/23(Sun) 08:34:38

3月23日
すみません、お詫びです。
原作漫画の「あさきゆめみし 完全版」、3巻だけではなく、4巻以降も刊行されるんですね。
ここに訂正し、謹んでお詫びいたします。
なんで思いこんだんだろう……。3巻じゃ いくらなんでも一冊当たりが厚すぎるよねえ……。
たいへん失礼しました。

「あさきゆめみし」はコミックスでは13巻あります。(文庫で7巻)
以前コミックスでは10巻まで(青い鳥文庫版全5巻までの内容)の時点で、「愛蔵版」という大型の美本が刊行されたことがあり、そんなかんじで最後まで完全に刊行されるということでしょうか。
私も一読者として、ほんとうに楽しみです。

 

2008/03/22(Sat) 09:57:10

3月22日
今年は源氏物語千年紀ですが、同時に赤毛のアン誕生百周年だそうですね。(青い文字をクリックすると、青い鳥文庫版の「赤毛のアン」ご紹介へ)
たとえばこちら↓(新潮社さんのサイト・私が全巻持っているのはこれですね)とか。
http://www.shinchosha.co.jp/anne100/

いくつかの記事を目にして、はっと、気がつきました。
私の書く文章の自然描写へのこだわりと、ガジェット(小道具)使いって、赤毛のアンの叙情豊かで美しい文章に学んだのではないかな、と。自分でもどこから来たのか、不思議だったのですが。
12〜3才の頃の話です。

いただいた本のご紹介
「お狐サマの花吹雪ッ!」(著:かたやま和華先生 画:風都ノリ先生 B's-LOG文庫より発売中)
かたやま先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。シリーズ5巻めです。
ええと。最後の最後の一番最後の一文にヤられましたv

 

2008/03/19(Wed) 12:49:21

3月19日
新作用に借りた資料が50冊近く。
自分にとって未知(というか苦手で敬遠してきた)の領域にも踏みこまないとならない設定で、勢いとはいえ、早まったかなと(笑)

ふと気がついたのですが。右利きの人は、右手(の親指)でケータイを操作しますよね?
私、左手でないと操作できません。右利きなのに。なぜだろう。ネットでやった診断で右脳人間(左手左目から情報を入れているらしい)だと出たから、脳の認知の問題かしら。
ちなみに野球でも右投げ左打ちみたいです。ペットボトルのキャップも左手で開けます。でも左利きをなおしたわけではありません。
母方の祖父が、左利きだったのを昔のことだから矯正したらしいので、いくらか遺伝しているのかしら。

 

2008/03/16(Sun) 10:42:08

3月16日
昨日冬服を片付けました。

HEADLINEにも書きましたが。
青い鳥文庫の公式ホームページで、「あさき5」にお寄せいただいた愛読者はがきの一部が公開されております。
ファンクラブアンケートのコメント欄に「あさき」読みました、と書いてくださった皆様と合わせ、愛読者はがきをくださったみなさま、本当にありがとうございます。

編集部宛の愛読者はがきなどは、普通私の手元には届きません。
しかし青い鳥文庫の場合は、時間はかかりますが、最終的に私の手元へ生のおはがきが届きます。
といっても、私はお名前と学年またはお歳しか判りませんので、お返事を直接差し上げることはかないません。

この場で、心からの感謝の気持ちを表させていただきたく存じます。
編集部も私も、いただいたおはがきは、何度も何度も、ちゃんと隅から隅まで、読ませていただいております。

直接私からのお返事を希望される方は、時海の名を宛先にはっきり書いた、普通のお手紙やはがきでの「ファンレター」を送ってくださいね。お願いします。
必ずお返事いたします。


先月からちょこっと触れている「ファンタジー」とは別のラノベ新作のため、図書館へ資料を探しに行かないと。こちらも本決まりになりましたら、コードネームをつけて発表します。
二つ同時に書くことになるかも……いや、まだ判らないのですが。力及ばず、ボツになるかもしれないし。

 

2008/03/12(Wed) 13:43:12

3月12日
昨日今日と暖かかったですね。
もそもそといろんなお仕事同時進行中。
しかし実際本になるのは、そのうちいくつで、いつになるのか、手探りのまま。
が、がんばります。

原作コミックの「あさきゆめみし完全版全3巻 KCDX」が一部オンライン書店で予約始まっているようです。

 

2008/03/06(Thu) 10:16:26

3月6日
パズルのお仕事中。
陽射しが春めいてきましたね。

パズルやりつつ、いくつもの原稿の準備をしたり。
児童書と少女系ライトノベルとを合わせ、複数のシリーズが今年の秋以降にスタートできたらいいな、というかんじです。希望を込めて、ここに記す(笑) まだまだ希望の域を出られませんが。
それぞれのコードネームも決めたので、草稿が担当さんのOK出た段階くらいで、コードネームを明かすかも。

うまくいけば、冬眠からさめて、そろそろ忙しくなりそうです。

 

2008/03/02(Sun) 10:24:01

3月2日
ギャラリーのオリジナルに、京都取材のとき撮影した画像を2点追加しました。
「小柴垣」と「紫式部像」です。
よろしければごらんください。
画像ももっとたびたび追加したいとは思っているのですが……。

昨日、長野県の多くの高校で卒業式があったようです。
全国的にも卒業シーズンでしょう。
ご卒業されたみなさま、おめでとうございます。

 

2008/03/01(Sat) 13:49:14

3月1日
青い鳥文庫のファンクラブアンケートが、公式サイトで公開されています。
年間200冊以上(読書数)を選択された読者さんが一番多いって!
「あさき」を読みました、とアンケートへコメントをくださったみなさま、本当にどうもありがとうございます!!

私は……資料入れれば3桁確実ですが、小説のみとなると……一般向けのはもうほとんど読んでないので、児童書とライトノベルで50〜99冊の間くらいでしょうか。いただくだけで50冊近くになるのでは? この近況報告でご紹介しただけでも、かなりありますよね?
ま、積ん読がすごいです(苦笑)

しおりを挟むことができない性格なので、すくなくても1時間とか誰にもじゃまされない時間がぽっかり空かないと、本を手に取ることができません。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania