風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2008/02/29(Fri) 10:33:27

2月29日
せっかく4年に1度の2/29なので書いてみたり。

昨日の「青い鳥文庫版あさきゆめみし箱入りセット」はこちら↓
http://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/news.html#0802_1
発売になりましたら、お知らせいたします。

いただいた本のご紹介
「七本腕のジェシカ」
(著:木村航先生 画:芳住和之先生 MF文庫Jより発売中)
木村先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。
いままでにない吸血鬼、という自信作だそうです。てゆーか、なんですかこの「○○○の男性は視力にかかわらず全員メガネ着装」ってステキすぐる設定は!! しかも「制服は白」って☆
一発でヤられてしまいました(*^o^*)

 

2008/02/28(Thu) 12:16:36

2月28日
原作漫画のほうの話題。
http://shop.kodansha.jp/bc/comics/kc/index.html#p
「あさきゆめみし 完全版」4/25 全3巻同時発売

「完全版」というからには、予告とかカラーページとか収録されるのでしょうか? 情報を仕入れられたら仕入れたいです。
お値段は1575円X3冊=4725円(税込)。
漫画文庫全7巻箱入りセットが4673円なので50円ほどしか違わず、カラーなどおまけが多ければ、だんぜんお得と思います!

私も楽しみです、5巻の印税で買いますとも保存用に。

ちなみにひっそりと、青い鳥文庫版全5巻箱入りセットももうすぐあと半月くらいで発売になりますので、これから大人買いされる方に、僭越ながらおすすめいたししますデス。
セット独自のISBNがあるので、それ一回の「ぽちっ」で済んで、購入が楽なのではないかと思うですよ(笑)

 

2008/02/23(Sat) 21:30:21

2月23日
東京では春一番が吹いたそうですが、こちらは吹雪でした。

昨日、「もやしもん6」(著:石川雅之先生 イブニングKC 講談社)の特装版を買いました。
何がついてくるかは知ってたんですが、おまけにしてはちょっと大きいので悩んだ末予約してなかったんです……が、書店さんへ通常版買いに行ったら、平台で なにげに売ってたんで……およそコミックス一冊のためとはなんだか予想できなさそうな気もするサイズの段ボール箱を。
中身はA.オリゼーのぬいぐるみとクリアブックカバー、と本体であるコミックス。

きゃーっかわいいっVv

ぬいぐるみ、「かもすくん」と名前をつけて、大事な大事な楽俊(「十二国記」のキャラグッズ・関係者の方からのいただきもの)ぬいぐるみの横に並べてみました。その横では、卓上カレンダーの仔猫のチーちゃん(「チーズスイートホーム」のグッズ)が笑顔で。亜沙美先生からいただいた「若おかみ」ポストカードセット(青い鳥文庫の同作読者全プレ品)からも、何枚か飾ってあるのです。

講談社コーナーだな、デスクトップパソコンのモニターの上(笑)

さて、明後日から、新作を書き始めますよ。少女向けのオリジナルで、また新たな世界に挑戦です。
今度こそいつの日か必ずや、皆様にお届けできるよう、背水の陣でがんばります。

 

2008/02/21(Thu) 22:05:12

2月21日
図書館で、サイデンステッカー氏訳の源氏物語英語版を見つけ、目次を開いたら。
「若紫」帖がLavenderとなってました。
ラベンダー……欧米のかたがたには、紫といえばラベンダー、のイメージなんですね。
訳者の工夫に感じ入りました。
ちなみに「若菜」はHerb(ハーブ)だったかと。なるほどー。ハーブは元々「草」という意味の言葉ですっけ。

 

2008/02/16(Sat) 11:58:15

2月16日
「中高生向けの作品・既刊紹介」に「あさき5」のデータを仮UPしてみました。
あとで修正するかもしれませんけど。
カバーイラストは、1巻と対になっているかんじです。桜と萩……腕の中の紫の上を見つめる源氏というモチーフは、同じなのですが……。

一部のオンライン書店では、既に発送が始まっているようです。
2巻と同じ厚さです。個人的なおすすめポイントは明石の入道の親父ツンデレっぷりと、猫が出てくることで有名なあのシーンです。
なにとぞごひいきに〜〜♪

いただいた本のご紹介
「氷石(こおりいし)」(著:久保田香里先生 画:飯野和好先生 くもん出版より発売中)
久保田先生よりいただきました。どうもありがとうございます。児童文学ハードカバーです。
奈良時代天平年間聖武天皇の治世の寧楽(平城)京(ならのみやこ)が舞台、児童文学ではちょっと類書が私の寡聞にして思いつかない、お話です。木簡がガジェットとかしっかりした時代考証が試みられた作品ですね。

 

2008/02/15(Fri) 20:37:55

2月15日
HEADLINEにも書きましたが、「あさきゆめみし」の公式ご案内特設ページが5巻仕様に更新しました。
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/asakiyumemishi/index.html
昨日↓のURLは公式データのほうです。あらすじが書いてあるページ。
特設ページはカラー口絵や人物紹介・人物関係図があります。
新キャラも出てますよ。カラーイラストの一番上、お姫さまが一人、朱雀院(源氏の兄)の娘「三の宮」です。
発売まであと数日、最終巻です、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2008/02/14(Thu) 10:06:29

2月14日
バレンタインデーVv

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2850125&x=B
「あさき5」の公式ご紹介ページできました。
カバーイラスト画像が青い鳥文庫サイトのより大きいので判りやすいです、ぜひご覧ください

「永遠のラブストーリー」とか書いてあります☆
生まれ変わってももう一度あなたに出逢いたい、といったかんじのキャッチが帯につくらしいです。ラブいーっo(*>▽<*)o

今日に間に合うよう、「世話(になってます感謝)チョコ」いくつか送りました。
担当Mr.つちのこさまには、桜の花と花びら(ピンクの桜餅味)と葉っぱ(緑の抹茶味)の形の和風チョコ詰め合わせです。見つけたとき、今年はこれっきゃないと思いました!
「自分チョコ」は夕方値引きシールが貼られてから(^^;)、外国の有名メーカーのを。

 

2008/02/10(Sun) 12:45:04

2月10日
HEADLINEにも書きましたが、児童向けミステリーアンソロジーが発売になりました。
「名探偵はどっち?  きみも名探偵7」
(画:ぬえ りつき先生  日本児童文学者協会 編  偕成社)
『王子さまをさがして』という短編が収録されています。リンクの偕成社からどうぞ。
ぬえ先生のお名前の漢字が文字化けしてしまいますので、ひらがなでごめんなさい。正しくは空+鳥です。

ぬえ先生は「パルサー宇宙戦記」シリーズ(著:川北亮司先生 フォア文庫金の星社版)のイラストでおなじみです。
表題作は、リンクもしている大崎梢先生ですね。「きみも名探偵」シリーズは全10巻で、3巻にも拙作「ひまわりの迷路」が収録されてます。

こちら(紀伊國屋書店さん)の紹介ページ↓がわかりやすいかな。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4035387703.html

児童向けのミステリー短編のお仕事は、「謎が解けると心が温まる」をテーマとして、いつも書かせていただいてます。

 

2008/02/08(Fri) 10:48:08

2月8日
針供養。ああ、デビュー以来、ぜんぜん針仕事(趣味)してない……。

すこしずついろいろ水面下でゆっくりじっくり進行中。新作関係です。ストップしたあれも鋭意努力中。
今年後半にはいっぱい本が出せることを夢見て、毎日カタツムリのごとくじりじり前進。

最近はまった漫画です。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」(著:青木琴美先生 小学館フラワーコミック ただいま10巻まで)
いわゆる「難病悲恋純愛」とひとことでいってしまうには、あまりにも存在感のある主人公の少年に、惚れこみました。
難病のため大人になるまで生きられない体で「生きたい」という切望と苦悩と葛藤を抱えて、深く愛する彼女や周囲のために、思いやり深く健気でありながら、きれい事じゃ済まない部分の心の動きや喜怒哀楽がリアル。つい彼が実在しているような気がして、「死なないで」と、私は願ってしまうんですよ。

(私信>かんこさま:温かい励ましをどうもありがとうございました。とってもうれしくて、冷えていた心が元気になれました。)

 

2008/02/03(Sun) 20:53:49

2月3日
節分。
鬼退治なことをしようと、一年版くらい前に、一本100円で、レンタルビデオショップの処分ワゴンにて手に入れた「陰陽師」の映画を見ました。平安時代の資料用のつもりだったんだけど、いまごろになっちゃいました(笑)
「あさき5」に出てくるあるシーンを再現してくださるイベント取材ため、昨春うかがった京都のお寺がロケに使われてました、すぐ判った(^^)

本来の鬼退治シーズンである年末には、アニメの「少年陰陽師」全話とテレビ放映になったアニメ映画の「遙かな時空の中で 舞一夜」も見たし。
鬼退治といえば陰陽師のおしごとでしょ?(笑)
(「遙か」のシリーズのほう、まだ見てないからレンタルしてこなきゃ、旧暦の大晦日には。漫画ファンの私、八葉でどうしても誰か選べと言われたら、「問題ない」の彼をVv ああやっぱでもどなたも捨てがたいー)

平安時代の「鬼は外」は大晦日だったんですよ?
「あさき5」にも大晦日の「鬼は外」シーンが出てきますので、よろしくなのです。

 

2008/02/01(Fri) 20:18:51

2月1日
ただいまパズルのお仕事中。

「あさき5」のカバーイラスト(いわゆる表紙の絵)が青い鳥文庫公式サイトで公開されました。
紫の上をだきしめる源氏ですね。「萩の上露」というシーンだと……。
最終完結巻です。ちい姫ちゃんが大人になったり、最終巻なのに(笑)新キャラが登場したりしてます。あと猫!

HEADLINEにも書きましたが、書店の店頭に行き渡るのは19日頃ではないかと思います。北海道や九州とかだともっと遅いと聞いたこともありますが……。


 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania