風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事内検索

2007/11/28(Wed) 18:19:25

11月28日
久しぶりに現役読者さんと楽しくお茶会しました。
お話しさせていただいた皆様、本当に楽しかったです、どうもありがとうございました。

ひとつ、ご質問いただいて、充分に答えきれなかったな、と思ったのが、「小説の文章力をつけるには」。

キャラ立てとかストーリー構成とか演出は、漫画や映画やアニメを見た方が、頭に入りやすくてたぶん役に立ちます、ライトノベルや児童小説を書くのなら。私もそうしています。
けれど、それを小説として表現したいなら、他の小説ではどう書いているか、小説をたくさん読むしかない、というようなことをお答えしたのですが。

具体的には小説のどこを見るか、なのですよね。目に入るもの、キャラの心理、すべて書いたら実はけっこう読みにくくなるのです。
どれだけの少ない言葉で、どのくらい大きな想像力を読み手の心ににかき立てているか。

すばらしい小説は、ひとつひとつの言葉に無駄がない、といおうか、ひとつひとつの言葉にちゃんと意味がある、すべての言葉に作者が気を配って書いている、ということに気がついて、その「意味」を考えながらじっくり読んでみたらいかがでしょうか。

私自身がそうしているからだし、私がちっともできなくて、いつも苦労していることだからです。
「ここの文章、ないほうがすっきり読めますよ、時海さん」と、どこでも担当さまがたにたくさん教えていただいて、やっと出版にこぎ着けているのですから。

あとは脳内でもいいから、とにかく書く。見ている映画とか漫画とかを文章に脳内で変換してゆく。
それともちろん、実際にたくさん書いてくださいね。

 

2007/11/24(Sat) 20:45:22

11月24日
「あったー!」と店頭で思わず声を上げてしまいました。恥ずかしかった。

ずっと探していたのです。「メガネC」のとある資料。
同じタイトルの作品がいくつかあり、私が探しているのよりも有名な作品があります。
作者の名前が思い出せないため、うまく検索もできないし。

しかし偶然、思いがけない場所で手に入れることができました。
これだよこれこれ。ええと、本ではないのですよ。詳しいことは例によって公式発表後に。

いただいた本のご紹介
「いじけちゃうもん 四年一組ミラクル教室」
(著:服部千春先生 画:高里むつる先生 講談社青い鳥文庫より発売中)
服部先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
涙腺にくるこのシリーズも、6巻め、またしてもうるうるうるとなってしまいました。

 

2007/11/22(Thu) 09:24:47

11月22日
右手の小指側サイド、手首と小指の付け根のあいだの手首側三分の一に、一年半くらい前から丸くて堅いたこ(胼胝)ができまして。
なんだろうと思っていたのです。虫さされがたこみたいになってしまうことがあるから、私。
やっと最近、「マウスだこ」だと気がつきました。
普通は親指側サイドがパッドにつくらしいですね。が、私は「業多参」(だったと思いました)のあとがきに書いたように、生まれつき腕の角度がちょい曲がって肩についているため、マウスに手を載せると小指サイドがパッドにつくんです。

イラストや同人マンガを描いていた頃とか、原稿も草稿までは手書きしていた投稿時代は、筆圧が高いためペンだこ自慢だったのですが。右手中指のペンだこがずいぶん薄くなったなあ、と思っていたここ数年。
パソコンにはパソコンなりのたこがあるのねえ、となんか感心してしまいました。

いただいた本のご紹介
「エンドロールまであと、」(著:壁井ユカコ先生 小学館 一般文芸の単行本)
壁井先生より頂戴いたしました。いつもいつもどうもありがとうございます。
8月にご紹介しましたルルル文庫版からイラストを除いて、短編三つを加えた、一般文芸のバージョンだそうです。カバーのデザインがとってもおしゃれで綺麗ですてきです。
むろん中身の物語はもっとせつなくて狂おしくてすてきです!

 

2007/11/17(Sat) 18:10:37

11月17日
今朝は寒かったですねー。初氷でした。
図書館での執筆に持ってゆくものが一つ増えました。
液体ハンドソープです。

風邪の予防に手洗いを徹底しているのですが、
私は普通の固形石けんや液体石けんでは手あれするんです。
考えて、キャンプに油や台所洗剤を小分けに入れて持ってゆく、注ぎ口&キャップつき密閉ブラスチックボトルをひとつ買いまして、それに愛用の液体ハンドソープを詰めました。
帰宅したときはお茶うがい、というのもやろうかなと、思っています。

あと「メガネC」のシンボルみたいな印のアクセサリーとか、買ってしまいました。
この印のついたグッズ、めでたくようやく刊行の暁には、読者の皆様にも、キャラ投票レターのお礼としてさしあげたいと考えています。

 

2007/11/13(Tue) 21:25:02

11月13日
カラータイツを買うのに、なぜかどうしても、派手な色が買えない時海です。
これまで買った色……チョコレートブラウン、ブルーグレー。
お気に入りの編み上げショートブーツと、同じ色になるワインレッドがほしいけれど見つからない。いつもいつも赤を買おうか迷って買えません。
手持ちのあの服に合わなかったら、やだな、とか思っちゃうんです。

ええと、今日はステキな日でした。「メガネC」に望みが出てきたためでしょうか。
未明にTVでやっていた古い映画、「メガネC」の資料として見たいなあと思っていたタイトルだったので、ラッキー買わずにすんだ、とHDDに録画しました。

が、今うちにはDVD−Rのストックがない。HDDから落とせない。
なのでホームセンターへ買いにいって、棚からとって、ひょいと前を向いたらば。
もうひとつ、同じく「メガネC」の資料として見たい古い映画の市販DVDが目の前に。古い映画なので、お値段もお安いのです、実は。
目に入ったのもなにかの縁、これも買ってしまえっ、と勢いで買い物かごへ。
いや、洋画の吹き替え版なんですけどね、声優さんのおひとりが山寺さん(けっこう年季の入ったファン)だったのでこれはもうっ(笑)

さらに。ポスターを見かけました。これまた「メガネC」の取材にふさわしいイベントじゃないですか。ぜひ行かなくては。
さっそくケータイを取りだして、ポスター見ながら書かれている問い合わせ先へかけると。
貼ったかた(関係者のかた)、まだすぐ近くにいらっしゃったのです。その場で取材予約成立。それが何か、は、夏に二回ほど「いった」とここに書いたのと同じものなのですが。

繰り返しになりますが、具体的なことを書くと作品内容のネタばれになってしまうので、無事どうにか公式発表が出た暁には、改めてコメントします。
今のところ、運がよければ(あくまでも)、おそらく来年早々になると思います。

 

2007/11/12(Mon) 09:05:02

11月12日
しまった、昨日1並びの日付で更新しようと思ってて、おもしろい本読んだら忘れてしまった……。
重版とか絶版とか草稿とか四百字詰めとか、そういう出版用語とシステムは江戸時代にできて、いまと事情が全然変わらないという内容の本でした。

おしごとは、児童書アンソロジーのゲラがきたので、校正をしました。本は年明けに出るそうです。またご案内します。
なお江戸時代には校正ではなく、校合といったそうです。

いただいた本のご紹介いっぱい
「お狐サマの神隠しッ!」(著:かたやま和華先生 画:風都ノリ先生)
「ソフィアの宝石 ―乙女は、謡う―」(著:渡海(わたるみ)奈穂先生 画:笛吹(うすい)りな先生)
「緋色の欠片(ヒイロノカケラ)―参の章―」(著:水澤なな先生 原案・原作:藤澤経清先生 画:カズキヨネ先生)
「プリンセスロード 〜まずは借金返済大作戦〜」(著:あすか先生 画:香坂(こうさか)ゆう先生)
「ソウルメイトでいこう! ―鞠子の占い事件簿―」(著:小川いら先生 画:ひだかなみ先生)

以上5冊、今月の乙女小説B's-LOG文庫の新刊です。B's-LOG編集部よりいただきました。販促ポストカードつきで(ぐへへv)
どうもありがとうございました!
ポストカードは、大型書店やアニメショップでこの新刊を買うと、早い者勝ちでもらえるようです。発売は15日になります。
創刊一周年フェア開催中、プレゼント応募については帯をご覧くださいませ。(いただいた義理、宣伝してみました〜)

個人的にはトランプしおり(B's-LOG文庫のしおりはそれぞれの本のカバーイラストのトランプになってますので、本ごとに違うんです)コンプリートセット(トランプ一組プラスアルファある)がほしいですが(笑)……私が応募するのは図々しいわけで、読者の皆様にチャンスを譲らないと。

 

2007/11/08(Thu) 21:05:57

11月8日
「あさき5」の原稿をわたしました。
刊行はたぶん早春ではないかと予想されます、いまのところ。

昨夜はうれしいメールがいくつもありまして。
どうやら進行が再開しそうです、あれの。よかったぁ☆
関係者の皆様、本当にありがとうございますです。
やっと春が来そうな予感…………。

はやく公式発表できる日がくるといいな。
できたら年内に……。年明けちゃうかもですが。

いただいた本のご紹介
「鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)V」
(著:舞阪洸先生 画:伊藤ベン先生 ファミ通文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつもありがとうございます。いただくばかりで。
女の子しかでてこない話だと思っていたのに、なぜ、なぜに王子さま??? ぜぇんっぜんOKっす先輩!!


 

2007/11/05(Mon) 09:08:15

11月5日
このサイトの新しいバナーを作ってみました。青海波とよばれるデザインで。光源氏と頭の中将の舞の装束に書かれていた波模様が時代とともにデザイン化され、江戸時代にはやった紋様ですね。たしか。
空と海の色が、このサイトのシンボルカラーなのです。リンクのページの下の方においておきましたので、よろしければコピーしてお持ち帰りください。

 

2007/11/04(Sun) 18:45:58

11月4日
「あさき5」最後まで書きました。
今回は余裕があるので、数日寝かせてから、読み直して修正して、渡します。

図書館でいつも書いていて、窓の外の目にはいるところに、桜の木が一本あります。
今回はその桜の葉が色づいてゆき、ゆっくり散ってゆくのをながめながら、書きました。

ラスト近く、そんなイメージの文があれば、ああ、と思っていただけたら、幸いです。

さぁて、明日はとりあえず今月のパズルのお仕事ですよ。
それから、資料格闘中のも、まとめに入らないと。新作の企画書に。
新作の構想を練って、だんだんと世界が、キャラができてゆく時間が、一番好きです。

 

2007/11/01(Thu) 19:40:54

11月1日
うちのあたりでは、紅葉がピーク、落ち葉が舞い散っています。
秋のシーンを書くのにはいいのですが、春のシーン書くのはきつい(笑)春の桜の頃には逆ですけどね。
「あさき5」、だいぶ書けましたよ。あと、1章……物語の終演が近づいています。

私の手の届かなさそうなあたりで進行ストップしてしまった「メガネC」、験を担ぎ、本になる日が近づくように祈って、シンボルになるであろう関連モチーフグッズを少し買いました。ファンレターのお返事のおまけにしようかな、と試しに買ってみたのです。なかなかよかったので、本が出たらネットで大量注文して、プレゼントにしますね。手作りプレゼントも、できたらすこしは再開したいです。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania