風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2007/09/29(Sat) 20:16:21

9月29日
さ、さぶい〜★ 
うちのあたり、昨日より最高気温が12℃低かったんだって。
大あわてで衣替えをしました。

今更ですが、脳内メーカーをさっきやってみました。
時海結以の脳内は……。

「愛」という桃色の文字で95%ほど埋まってました(笑)
四隅のはじっこに「幸」「善」「友」「妄」の字が一つずつちらばって。
他はぜぇぇぇんぶっ「愛」!

なんて鋭いンだっΣ(゜Д゜;)/

「幸いにも善き友」にめぐまれ、助けられて生きておりまする。
もう一文字ある? そいつぁ聞くだけ野暮ってぇモンだよおまえさん。

「愛」で埋まった脳内、「ラブすぎ」のふたつ名はどうやら伊達じゃあないってことで☆
時海がラブシーンを書かなかったら、時海じゃございません。
明日もラブシーン書きにいそしみたいと存じます。
(誰が私の名前を打ちこんでも、必ずこの結果が出るのかなあ。とにかく私が自分でやったらこうなりました。)

ついでに新作の脳内カレンダーってのもやったんですけどね。

一ヶ月31日全部が全部、「デート」で埋まっておりました♪

…………全部が全部、二次元、確実まちがいなし(笑)

わが脳内に住みついて原稿の上でフラグを立てまくってくれる連中とか、他人さまが生みだしてくださるステキ男子さまがたとか。

本日のステキな殿方は、「坂崎さま」ですよv 「春告小町」(作:山口美由紀先生 白泉社花とゆめコミックス全四巻)の。
ええもう、男子たるもの、顔がよくてやっとうが強くて体もよくて、不器用で純情で心に傷(以下15kbほど略)
まーた漫画読んで仕事さぼったなとかいわないの、栄養吸収と呼んでくださいませ(^^;)


いただいた本のご紹介
「そらのこども」(著:萩原麻里先生 画:岩崎美奈子先生 ヒヨコ舎 単行本)
萩原先生よりいただきました。どうもありがとうございます。プロデビュー以前に書かれた貴重なご本もご一緒に。
増田メグミ先生のご縁でお知り合いになった萩原先生、お互いにファンで知り合えるというのは、大変な僥倖であります。感謝♪
今、増田先生のサイトへゆくと、萩原先生の「トキオカシ」(富士見ミステリー文庫)に捧げるイラストが見られますよ。
たぶん次の日記で上書きと思うので、お早めにどうぞ〜♪

 

2007/09/25(Tue) 21:16:01

9月25日
十五夜お月見。お団子食べました。
涼しくなってきて、とてもさわやかですね。この秋初めて、長袖を着ました。あと、手にハンドクリーム塗りましたよ。一日何度も薬用石けんで手を洗うので。

季候がよくて原稿が進むかと思ったら、眠かったり、遊びに行きたくておしりがうずうずしたり、いけませんなあ。冷房の頃は図書館が一番居心地がよかったのに、今は屋外が気持ちよさそうで。

いただいた本のご紹介
「幻獣降臨譚シリーズ」1〜6巻
(著:本宮ことは先生 画:池上紗京先生 講談社X文庫ホワイトハートより発売中以下続刊)
たくさんいただきまして、サブタイトル省略で本当にごめんなさい。ご縁あって、編集者のかたから頂戴いたしました。ありがとうございます。
逆ハーレムです! 騎士たちが護る巫女姫、ステキ男子だらけ。必然性のある逆ハーレムって、すごくおいしいです大好物Vv このごろあたし、男ツンデレに目がないのですよー。おだやかメガネも好きなんですけどね。
一気に読んでしまいました、ちょっと小説家として自信喪失しかけたくらい(笑)うまくて読みやすくておもしろいです、おすすめ。

 

2007/09/21(Fri) 19:49:44

9月21日
お彼岸なのに真夏日。
昨日今日と、取材見学にちょっと遠出。ええと、源氏物語関連の特別展示とか、「メガネC」関連とか、もう一個別のラノベじゃないの用とか、博物館をいくつもいくつも。
「メガネC」に関しては、目的地に着いたら、予想もしなかったうれしいことに遭遇。これも同作に関連シーンのある出来事です! 滅多に見られることではありません。しかも行った先で偶然やっているとは。
これはどんだけラッキーなんだ、と遠巻きに見守ったりさりげなく観察(私は怪しい者ではありません無関係な通行人ですからね、ってかんじで)。
具体的に書くとネタばれするので、こんな書き方ですみません。速く埋め合わせできる日が来るのを切に祈ってます。
来週からまた原稿モードです。

いただいた本のご紹介
「はんぴらり! 2 秋の宴(うたげ)はおおさわぎ」
(著:廣嶋玲子先生 画:九猫(くびょう)あざみ先生 フォア文庫童心社版より発売中)
廣嶋先生よりいただきました、どうもありがとうございます。シリーズ2巻め、鈴音丸が相変わらずめっちゃかわいいです、今回のゲストの山の精霊たちもとってもかわいいですね。


 

2007/09/16(Sun) 11:40:44

9月16日
金曜日、上京して、青い鳥文庫のMr.つちのこさまや、某社レーベル「メガネC」担当の山男デスク氏(仮名)さまと、打ち合わせ。
訳あって、山男デスクさまの気合いの入った執事コスプレを堪能しました。何というサービス精神。今度から敬意を込めて、執事デスクさまとお呼びしたいと思います(笑)
なんかマホガニー材でできた実用一点張りの丈夫な机みたいな呼び名ですね(^^;)
本が出たらあとがきではちゃんとお呼びしたいと思いますので、とりあえず仮名ということで。

いただいた本のご紹介
「死神姫の再婚」(著:小野上明夜(おのがみめいや)先生 画:岸田メル先生 乙女小説B's-LOG文庫より発売中)
新人賞受賞作です。B's-LOG編集部よりいただきました。私にまでありがとうございます。天然ヒロインをとりまくいろんな男たちという女子向け王道をふまえた設定ですね。

 

2007/09/10(Mon) 08:30:20

9月10日
原稿、どうにか〆切にまにあうめどがついた……ほっ。
ラブはじめいろんな方向へ濃ゆくなった気がしないでもないですが。
笑いもせつなさも青臭さも痛さも萌えも燃えも。
うーん、私の気のせいなだけで、いつも程度なのかなあ。
や、その前に、ちゃんと世に出せる出来なのかを心配せねば(苦笑)

いただいた本のご紹介
「魔天使マテリアル 目覚めの刻(とき)」
(著:藤咲あゆな先生 画:藤丘ようこ先生 JIVEカラフル文庫より発売中)
略してマテマテ、藤咲先生よりいただきました。いつもいつもどうもありがとうございます。
黎夜(レイヤ)くんカコイイo(*>▽<*)o
小学5年生に萌えてどうするよですけど(笑)
「紫(し)の末裔」シリーズ(乙女小説B's-LOG文庫)に続く藤丘先生とのコンビのシリーズですね。どちらも続きが楽しみです。

 

2007/09/07(Fri) 08:48:06

9月7日
あわわ。しめきりが。
現代学園ものである「メガネC」、キャラが男女かまわず着せ替え人形と化してます(笑)
時代物ってそんなに着替えなかったし、冒頭で説明すればすんでいたので。
時間の経過も早いため、冬服合服夏服と制服があり、私服はキャラごと好みを固定して外出着と部屋着があり毎日着替え、体操着となぜかコスプレ??まで。
アクセサリーとフレグランスにメイク、ひとつひとつ考える私より、こりゃ具体的に絵にするイラストレータさんが大変でしょうね。私は楽しんでますが。

いただいた本のご紹介
「イチゴミルク ビターデイズ」(著:壁井ユカコ先生 メディアワークス ハードカバー)
壁井先生からいただきました。いつもどうもありがとうございます。
電撃ブランド一般文芸です。チョコレートな帯と本体表紙に、マーブルチョコのピンクのみたいなカバーが。青春ものですね。
あとがきに時海の名前なんか載せていただいちゃって、お気遣い恐縮しております。数行だけ、お手伝いさせていただきました。先生があとがきに書かれたとおり、このご本の舞台は私と壁井先生の出身地付近です。……読むと具体的に場所のイメージがわくです個人的に(笑)

 

2007/09/02(Sun) 09:37:46

9月2日
昨日の午後は、「メガネC」の内容に関係する講演会へ。
「●●の力」について、歴史とかうんちくとか。●●は重要なネタなので公式発表まで秘密v
独学と経験から導き出した感覚で理論を組み立て、メインのモチーフとしていたのですが、それがおおむね間違ってなかったので、一安心しました。

どうにもこうにも私の小説の書き方は論文式だと思います。
特にモチーフとかガジェットの使い方において。舞台背景のシステムとか。
仮説を組み立て、けっこうな量の資料を探して検証する、架空の空間を構築するのに。
うまく説明できなくてあれですが、富士見時代は「そこまで細かく裏付けや検証しなくても」みたいにいわれたこともありました。そういった舞台周りよりもキャラだよ、と。
「いえ、そうしてしっかりした空間とか外からの行動原理を与えないと、キャラが立って動かないんです、感情も意志も明確にならないんですよ」てな会話をよくしました。
つまりは私自身がどれだけ自分の作る仮想空間の細部に自信が持てるか、なんですよね。

 

2007/09/01(Sat) 08:53:27

9月1日
急に涼しくなって、空気がきらきらと澄んで秋めいてきました。
今はちょいと原稿の執筆に追われてます。詳しくは申せませぬが……。
今月前半で仕上げないと。

いただいた本のご紹介
「テリアさんとぼく」(著:風野潮先生 画:亜沙美先生 岩崎書店より発売中 児童書ハードカバー)
岩崎書店編集部経由で風野先生よりいただきました。いつもどうもありがとうございます。
女装美少年ヨシキくんのシリーズ(と私が勝手に名付けていいのか?)2巻めです。
亜沙美先生の超美麗イラストで、相変わらずの手芸が得意な(手芸店の孫)美少年っぷり! 
やっぱ侠気があって顔のいい男子は料理裁縫も当然できないと(笑)
そして女装もいいけど学ランもいい、ぐへへ(危★)

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania