風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 12 月 (3)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事内検索

2007/06/28(Thu) 11:47:35

6月28日
取材に行ってきました。二つ三つ。
ひとつは会場が近いため梯子で、「メガネC」のある展示と「源氏物語の香り」という講座と。
展示は「メガネC」関連も見たけれど、それとは無関係なところで、シールドとレイピアがよかったです!
講座の方は、4〜5年前に放映されて人気があった某アニメの聖地巡礼の場ですw 聖地巡礼とは関係なくもっと以前に私は一度来たことが。今回二度目は季節が違って、いつでも落ち着くよい場所です。

建物自体が文化財。アニメにも出てきたその建物の会場へ一歩はいると、スパイシーさのまざった、お香がくゆってました。
花の香りとか、焼香のような単純な香ではなく、人工的で幻想的で、優雅だけれど強さのある甘い香り。感情を刺激するので、なんだかとても印象に残ります。

これが本物の、練り香というものでした、はい。
目は眼福というのですが、鼻はなんていうのでしょうね。


もうひとつは、5月半ばにも一回ここに予告書いた気もしますが、「源氏物語絵巻」(国宝)の平成復元図全幅を見学してきました。
「あさきゆめみし」原作にはいくつか、この絵巻を構図に取り入れたシーンがありますが、物語の後ろの方しか残ってないというか、宇治十帖が多めですよね。

絵巻の着色は、おもったよりも陰影のある立体的なものでした。これは一見の価値がありますね。
書き込まれた衣の紋様のかずかず、几帳や障子(現在のふすま)や屏風にもめいっぱい描きこまれているし、調度品の金蒔絵とか。
期間中、何度か行けたら行きたいです。

 

2007/06/24(Sun) 21:24:20

6月24日
梅雨寒。傘をさしやすいよう、ハンドバッグからショルダーバッグに変えました。「もやしもん5」ストラップつきを買えたぜやたーVv

キャラって生き物ですよね。私が生んだはずなのに、勝手に動いてしゃべって思うようになりません。

ホントは私が生んだのではなく、発見したのだと思います。この辺にあるんじゃないか、と目星をつけ、異世界との壁を磨いてくと、だんだん壁が透きとおってきて、あちらがのぞけるようになる。
んで、生き生きと動いて悩んで恋してるキャラを「発見」するんですよね。慎重に磨いてきますよ、音を立ててしまってこちらの存在に気づかれ逃げられたり、磨くのに力入れすぎて壁にひびが入っちゃって見えなくなったりしないように、慎重に慎重にじっくり壁の薄さと透明度を上げて行く。するとだんだん模様入り磨りガラスから透明な板ガラスに変化してキャラの姿が明瞭になってくるし、いっている言葉もはっきり聞こえる。
そしたら磨りガラスの時に予想してたのとちょっと違ってたりする。

そんなかんじです。


いただいた本のご紹介
「マジカル・ドロップス」(著:風野潮先生 光文社より発売中)
風野先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
一般文芸です。主人公は主婦、中高生の子どもを持ってる普通のお母さんですね。でも彼女、15歳のときに見失った思いを、やり直すチャンスを手に入れます。
風野先生お得意の音楽(バンド)もの、さすがにステージ描写がすばらしいです。
お母さんにも15歳の時があったんですよ、想像つかないでしょうけれどね(^^) そんなお話です。

 

2007/06/19(Tue) 11:14:52

6月19日
下記の「体を張った取材」は家族を無理矢理引きずっていって、決行してきましたよ!
結論:スイーツを底なし食べられるキャラは、ギャグとして扱うこと。甘さ控えめで、美味しいのですが、思ったより食べられないものであります!
(平均より多い数を食べといてどうよというツっこみななしの方向で)


このごろ心がけていること……マイバッグ持参。
買い物用に、レジかごサイズで保冷になったでかいバッグ(もらいもの)と、ペットボトル4本サイズのミニトートバッグ、と2種類を車に乗せてます。

「メガネC」思ったよりもページが嵩んでいる……きっと地の文の表現や説明がもたついているところがいっぱいあるんだろうな、推敲でガンガン削ってテンポよくしなきゃ。(けっしてボケ&ツっこみ会話とフラグの立つイベントが大杉とは言わない言うもんか★)
とりあえず、最後まで書かないと。っつーかなんだかどうしてこんなに大風呂敷広がっちゃったんでしょ(苦笑)

…………思いっきり「2巻へ続く」になりそうな予感、1巻打ち切りじゃ泣くに笑えねぇ(違っ)ので、どうか平に平に(これもびみょーに日本語正しくない)応援よろしくお願い申しあげマース、皆さまのお心にかないお気に召しますようにv

 

2007/06/15(Fri) 10:27:23

6月15日
体を張った取材に行こうかどうしようか、迷ってます。








  ケ ー キ バ イ キ ン グ 食 べ 放 題






楽しそうじゃんって? ごめんなさい(^^;)
せっかく体重が減ったとこなんで、すげー迷ってますですよ、まじ。
物の弾みでヒロインの趣味がケーキとお菓子作りとか研究熱心とか設定しちゃったんですよ、資料本眺めたかったからケーキの。ケーキの。ケーキの。
で気がついたらケーキバイキングデートのシーンに到達し……。

ケーキがっつりに女一人で行く方が、体重云々よりもいやーんなかんじ、そこも自分的に大問題。失恋したわけでも自棄食いでもないんだからねっ仕事よ仕事。
グルメライターさんとかレストランの覆面調査員? のかたとか、大変そうですね。

 

2007/06/14(Thu) 09:14:51

6月14日
がびーん★
またカウンタがとんだ……今回はもう、1000も行ってなかったし、この前数字を5000に切り上げているので、トップの「付け足し数字」は変更しません。
サイトを持つ他の作家さんたちから、「よくとぶねえ」と同情されてます。
不思議です……。同じソフトやシステムとかサーバを使っている作家さんも複数いらっしゃるのに、うちだけがとぶ(泣)

下の日記のご本と「後宮4」(作:海野つなみ先生 KissKC)と資料用のクラシックCDを買いに、いつもの書店へいったら。
 
 ステキなことにVv

  レ ジ に ガ ン ダ ム が い ま し た 。   ファーストの。


       で か っ ☆  等 身 大     実寸大ではなく。1.3mくらい。


とあるゲーム企画会社にはシャア専用とか、某出版社にはドムとザクが、とかいろいろ飾ってあるという噂は聞きますが。こんなかんじのなんだー。
某社の受付嬢等身大綾波は、おなじものをフィギュア会社の展覧会で見たことがあります。
でもメカ見たことがなかったから、けっこううれしくて、じーーーーっと、いい大人が恥ずかしいw……すごいですね個人的にはGJ!


ええと、お仕事してますわよー。
ラブシーンの連続? 山場に入ってます。
「メガネC」はキャラが多く、複雑かつ複数の、進行具合の違うカレカノがいるため、程度の異なるラブシーンがいろいろと登場します。
つか、ステキ男子軍団が前後の見境なくフラグ立てまくり、という噂もどこかにあるようですが(笑)

 

2007/06/12(Tue) 09:50:20

6月12日
学習研究社(学研)の子ども向けサイト「学研キッズネット」で、睦月ムンク先生の描く紫式部肖像画が見られますー。
講談社青い鳥文庫「タイムスリップ探偵団」シリーズでおなじみ楠木誠一郎先生の連載コラムです。源氏物語のついての解説ありです。
リンクページから睦月ムンク先生のサイトのトップを経由してくださいませ。
「話のびっくり箱」のバナーから入り、画面一番下の入り口文字から学研のトップへいってもリンクがあります。このサイトからはコンテンツ直リンクなので、トップへ移動するお手間をかけますが。

これは知らなかった、本日発売今から買いに行きます!
大和和紀先生がなんと、清少納言を漫画にしていらしたとは!
「春はあけぼの殺人事件」講談社漫画文庫
もう、カバーイラストに一発でヤられました♪ 

もう絶版久しいのですが、「あさきゆめみし」がリアルタイム出ていた当時、学研から「枕草子」の訳へ美麗なカラーイラストを大和先生がお描きになったご本があり、ネットオークションで手に入れたです。

 

2007/06/07(Thu) 22:05:37

6月7日
年に一度の健康診断、まったく無問題でした。運動不足以外は……。

来月いっぱいくらいまで(少なくとも)、原稿追い込み連続で、大変っぽいかんじになってきました。
いくつの本が同時進行しているのか、私自身直視したくない気分です(笑)。が、ともかくも秋には出さねばならないだろう2冊が、まず絶対に完成しないと。
ほかは冬といおうか来年に向けて……今年もあと半分ですねわははのは。でも来年は飛躍の年にしたいです、何作かいろんなジャンル、時間かけて策をいろいろ練って準備もしてきましたので……主に児童書方面ですが。
ラブなライトノベルもお仕事がいただける限り、そして皆さまのご支持と応援がある限り、続けますですよもちろん。

 

2007/06/03(Sun) 16:55:18

6月3日
一昨日の夜、またしてもカウンターがぶっ飛んでしまいました(涙)
今回は5000行くか行かないか……正直ちょっと行ってなかったので、トップの告知をどうしようか悩んだのですが……。
その数字をなかったことにするのも失礼だと思い、きりよく5000を足しておきます。

で、一昨日の夜のそのころ、私は体験取材にでかけておりました。
雅楽の管楽器です。
龍笛、笙、しちりき、ですね。

私は自他共に認める不器用人間なので、たいていの体験で失敗するのですがw
それで、笛には嫌われて? いて、いろんな笛の音が全然出ない……フルートとかの吹奏楽楽器全般、尺八、ケーナ、篠笛……しかし龍笛は、割といい音が出せました!

…………出せただけですが。

指の先ではなくてかなり中の方というか関節と関節の間でおさえる、というのはびっくりでした。
お祭りの篠笛とはちがいますね。

笙はパイプオルガンやハーモニカと原理が同じなので、音はでます。しかし指遣いがめちゃくちゃ難しそうです。
しちりきは……音が出なかったやっぱり。これはオーボエやクラリネットと同じダブルリードなのですが。

そしてどれも、すごく肺活量が必要でした。たちまち酸欠で、くらくらめまいを起こしてしまった、なさけない。
肺活量には自信があったのになあ……。
運動不足かなあ。

体験させてくださったみなさま、どうもありがとうございました。

 

2007/06/01(Fri) 11:06:05

6月1日
衣替え、らしいです。家から出ていないので、未確認w
でも昨日、書店へ行ったついでに、半袖のトップスを少し買いました。
雷がすごくてパソコン使うのが怖かったので、仕事あきらめて。ええ、見事に降られましたw
ノートパソコンに外付けのバッテリーを追加装備しないと、ナンのために買ったやら。夏場の雷対策が第一の目的だったのに。
……一時間しか、内蔵バッテリーがもたない機種を、他機能優先で買う私が悪いんですが。


いただいた本のご紹介
「河童のクゥと夏休み」(著:木暮正夫先生 画:こぐれけんじろう先生 岩崎書店より6月5日発売)
こちらの本です。
岩崎書店編集部長さまより、いただきました。この夏休みに、全国ロードショーされるアニメ映画の原作本です。
「映画 クレヨンしんちゃん」の原監督作品です。あの、傑作と名高い「オトナ帝国の逆襲」の!

木暮先生(前・日本児童文学者協会会長)はこんな変わり種の時海を、児童文学の世界へ温かく受け容れてくださった大切な恩人です。
今年の初めまだお正月の松の内に、突然お亡くなりになったという報せを受けて、叫んでから絶句しました。涙もしばらく出ませんでした。
年末に毎日小学生新聞連載用の原稿をお見せして、FAXで手書きのお返事をいただいていたのに。

その直後、初めて毎日小学生新聞の担当さまと電話で話したのですが、おたがい「初めまして、よろしくおねがいします」といったあと、何十秒か絶句。言葉が出ませんでした。
それから、泣きそうになって話ができなくなり、メールアドレスを教えていただいて、メール打ち合わせに切り替えたのですが、もう涙でまともに文が書けなくて。

お別れの会でまたいっぱい泣いて、そのときに手のひらに落ちた幸せの種がいくつか。遺影の先生が私を心配してくださった、としか思えません。
恩人を天国の門の前でもまだ振り返らせてしまうような出来の悪い私ですが、少しでも応えるべくがんばっていきます。
木暮先生のご冥福を、改めて衷心からお祈り申しあげます。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania