風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2007/03/30(Fri) 17:36:52

3月30日
知人が、宝塚歌劇団で「あさきゆめみし」の公演があるよ、と教えてくれました。

http://kageki.hankyu.co.jp/schedule/04.html
ページの真ん中あたりですので、スクロール

公式サイトによりますと、花組公演、大阪梅田芸術劇場、7/7〜7/23だそうですね。

以前に一度、宝塚歌劇団で公演されていまして、一昨年の夏、大和先生の「あさきゆめみし原画展」の際、そのときのお衣裳も一緒に展示されていました。原画ともども拝見させていただきました。当時の公演のビデオが発売になっているようです。
内容が同じなのか違うのかまでは、私にはちょっと判りません。

宝塚歌劇団の公演って、私はテレビでも見たことないんですが、きれいで豪華でステキなかんじですよね。

 

2007/03/29(Thu) 16:36:33

3月29日
寒い山国のうちのあたりでも、梅がほころび始めました。

いただいた本のご紹介その1
「セカイのスキマ 3」(著:田代裕彦先生 画:綾瀬はづき先生 富士見ミステリー文庫より発売中)
田代先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。シリーズ完結編だそうです。新作も期待してます!

いただいた本のご紹介その2
「むしたちのうんどうかい」(著:得田之久先生 画:久住卓也先生 童心社 こどものひろば)
童心社の担当Y女史さまよりいただきました。いつもありがとうございます。絵本です。シリーズ1巻めで、5月に4巻めがでるらしいですね。

 

2007/03/27(Tue) 14:23:14

3月27日
ケータイを変えました。前のはもう3年使ったので、傷も多いし、大きな震動で勝手にリダイヤルするのは困りもの。
といっても、ひきこもりな私には、シンプルなケータイがあればOK。線のついた電話とパソコンがお友達なので。


ケータイ変えると、お気に入りの待受画像を集め直すことになってしまいます。
というか、私の場合は、自著関連の画像ばかりですが。
まず、業多壱のカバーイラストは、残念ながらサービスがなくなっているっぽいです。かなり以前のでしたから。

「陰月のヤジリ」のカバーイラスト待受は、HJ文庫編集部より、無料で、皆さまにさしあげてます!! 
このサイトのギャラリーにも、亜沙美先生と編集部のご厚意で原画サンプルが置いてありますが、サナの上半身部分アップで、待受画像になってます。私も新しいケータイの待受にまず設定しました。(前のケータイは古すぎて対応できなかったのでうれしいv)
このURLを直接ケータイへ打ちこんで移動してください↓ そっこー画像が出て、もらえます。
http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/mobile/wp/kage/

「あさきゆめみし」原作関連の待受は有料ですが、定額取り放題です。月替わりのカレンダー以外に80枚以上ありますよ。
リンクから、「講談社ガールズ」へ飛んで、ご案内をご覧ください。


さて、それでこのサイトへケータイからアクセスしてみたのですが、シンプル機能なだけあって、対応していませんでした……。
もしかして、これで見られると喜んだ、「ちょく読み」「最強☆読書生活」もだめなのか?
あと、着メロ着うたなど音楽に全然対応してないので、効果音・ボイスしかDLできません。
「メガネC」の小道具が着メロなので、ほぼ同じの探そうとしたのですが。うっかりしたなあw

まあ、いいんですけどね。

 

2007/03/26(Mon) 11:31:29

3月26日
間があいてしまってすみませんでした。
ちょっと旅行に出かけておりました。プライベートですが、けっきょく、何見ても、ネタになるというか、取材になってしまうんだなあ、と浮かんだアイディアのメモを見つつ。

「あさきゆめみし1 桐壺の章」ラジオBOOKSの録音CDをいただきました。
桐壺の更衣の台詞を読まれる相田翔子さまの、儚げで健気で可憐なお声が素晴らしい!! 感激しました。
全国の皆さまに、次こそはお届けできるような、ヒット作を書きたいです。決意を新たにいたしました。
「あさきゆめみし3」校正作業まで進んでおります。

 

2007/03/18(Sun) 17:16:46

3月18日
3/9の近況報告の続き、「メガネC」についてのつぶやきです。

初めての現代もの長編なので、キャラを設定するのに、性格だけでなく、服のセンス、部屋の様子、読んでいるマンガのタイプ、好きな音楽、得意な教科、なんてのも全部設定したんです。きちんと理由もつけて。
高校生のセンスって友だちもだけど、それ以前に、幼時の家庭環境の影響が絶対あると思い、かいま見えるかんじに。

こんなにキャラって外回りから人間性が表せ、深く作りこめるものだったんだということに、私、今さら驚いてしまったんですよ。
服装が、身分や経済といった社会的要因によって選択の余地なく固定され、着替えもろくにない、という時代ものばかり書いていたから……。

考え方も身分によって制限をうけるという風な設定をずっとしてきたので、自由な未来が生まれたときからあるはずなのに親の考え押しつけられてもがいたり、みたいな、「基本的にBorn Free」なのが、かえってすごい手探りになってしまって。
それでいいんだろうとは思うんですけれど、リアリティを求めたとき。平成2・3年うまれのキャラを描くんだから。将来なんて、今まさに手探りですよね。

優しさや思いやりや愛情の表し方まで、今までと違うかんじになってしまいました。気ばかり遣って、生きるのに命がけでないぶん、ストレートに愛せない。
今、マジで恋愛しなきゃ、死んでしまう、という悲壮感がないんですよね。

自分の周りにごく薄い壁があって、たがいに壊さずに相手に触れようとしているかんじ、彼らにはでっかい夢もなく、まあささやかな結果を求めて部活にのめり込んでるんだけど、自覚してないだけで不安をごまかすための「目先の行動」だったり。
それでも、彼らなりに成長してゆくし、うっかりした自己主張の結果互いに傷つくし、傷つくと知っていても追いつめられて回避できずこわごわぶつかりあってもみるし……信じあうとか思いやるとか、どこまでやったら本物になるんだろう、みたいな。

キャラたちと一緒に手探りしながら、私は今、新しい物語世界をまさに切り開いているんだなあ、と実感しています。

そんなで、濃ゆいラブとはまた異なるもどかしくて壊れ物っぽい繊細な、手もなかなか触れられない、kissなんて遠い憧れ抱きしめるのさえ怖くて決心のいるリアル・ラブですが、文体もすごく軽やかでシンプルですが、そんなでももしよろしければ、もうしばらくお待ちくださいませ。

 

2007/03/17(Sat) 19:24:47

3月17日
書店に行ったら、雑誌コバルト最新号の隣に意外な本を見つけてびっくり。
「源氏物語 あさきゆめみし Perfect Book」(別冊宝島880 宝島社)

三年半前に出版された「あさきゆめみし」原作コミックスの、美しくて使いやすい解説本です。
しかし、とっくに品切れ重版未定で、私が手に入れた1年あまり前には、ネットオークションでプレミアがついてました。それでも安い出品者を探して、2倍はせずに買ったのですが。

慌てて奥付を確認。おお、重版されたんですね!
やっぱり人気のロングセラー「あさきゆめみし」だけのことはあります。
詳細はこちら
一見の価値(特にイラスト)のある本です。ただし、原作を全部読んだ方々向けなので、思いっきりネタばれしてますけど(^^;)

そうそう講談社の公式ガイドブックを忘れてはいけません。
「あさきゆめみしの世界 源氏物語ナビBOOK」(監修:青木健先生 KISS編集部編 講談社)
こちらです
書店に注文すれば、買うことができるはずです。が、ネタばれがやはり……。

皆さまに読んでいただきたいけれど、読むとネタばれ、というわけで、私としましては悩ましい? ご紹介でした。

 

2007/03/15(Thu) 20:38:16

3月15日
HEADLINEにも書きましたが。

「源氏物語 あさきゆめみし 3」5月17日ごろ発売予定!!
今のところ進み具合は順調です、え? ホントにというくらいするりと進んで怖いです(笑)

ただいま青い鳥文庫公式サイトで、はやみねかおる先生と担当Mr.つちのこさまこと森定さまの動画によるメッセージが配信中です。ギターをかかえてらっしゃるのは、はやみね先生です。
有能な(本当に。本当に! 本当に!! 本当にったら本当に☆ 5回もゆったから大丈夫>何が?)担当つちのこさまです。「あさきゆめみし」のすてきな本を作ってくださっているかたですよ!
いっぱいいっぱいラブシーンとかラブシーンとかラブシーンとかにアドバイスをくださるんです。
リンクからどうぞ。サイトトップのビデオメッセージをクリック!
っと、「あさきゆめみし3」の紹介もぜひ読んでくださいね。これから出る本をクリック!!


資料として、「陰陽師」のビデオを入手。夢枕獏先生原作の。源博雅くんが出てくるあれですね。
書店に行ったらレンタルビデオだったのを、ひとつ100円で売ってました。
6〜7年前のタイトルがずらり。
そしてなぜか私の手元には、その書店で使える商品券が。

なので、映画版「陰陽師」(狂言師野村萬斎さん主演)と、TVドラマ版「陰陽師」全巻(SMAPの稲垣吾郎さん主演)と、買いました。
直衣の動きとくに袂(たもと)とか裾(きょ)とか、女性の壺折(屋外で歩ける姿)とか、リアルで見たくて。

アニメの「少年陰陽師」も、早く見たいな〜!
……「あさき3」の校了と「メガネC」の入稿まで、つまり手元やりかけのお仕事が終わるまでは、無理っぽいけど。

 

2007/03/12(Mon) 17:38:48

3月12日
児童書短編入稿、年内には世に出ると予想。またそのころにコメントします。微ラブ?

いただいた本だらけご紹介スペシャル。
「オーパーツ こんなものがなぜ存在する 全4巻セット」(著:南山宏先生 岩崎書店)
南山先生と岩崎書店編集部さまからいただきました。ありがとうございます。
南山先生が、じつは、というのを、わたしは 恥ずかしいことにお目もじかなった後に、大森望先生&三村美衣先生のご著書で知りました。
私、南山先生が編集された「あのスペースオペラ」、何回読んだか判らないですよ、学生時代!!気になられる方は、☆がタイトルに含まれる、該当するご本をどうぞ(^^;)


「カラフル」(著:森絵都先生 理論社)
「樹上の揺りかご」(著:荻原規子先生 理論社)
「ミカXミカ」(著:伊藤たかみ先生 理論社)
「サンネンイチゴ」(著:笹生陽子先生 理論社)
「カチューシャ」(著:野中ともそ先生 理論社)
「キサトア」(著:小路幸也先生 理論社)
            *刊行年月日順
理論社編集部さまから恭しくいただきました。いっぱい、ほんとうにどうもありがとうございます。
芥川賞とか直木賞とか綺羅星のような単語の並ぶ帯、眩しくてとてもとても恐れ多いです。
こちらは頂戴する身、セレクトはお任せしたのですが、「たぶん時海さんに一番合う」と一言添えられていたのが、「樹上の揺りかご」でした。
鋭い! 荻原先生のお作のなかで私が一番好きなご本を当てられるとは!!!
(ファンタジーじゃないのが、意外ですかしらね?)
ありがたく保存用およびサインいただく用にします。……昨年ある会場で、雛壇前主賓席の荻原先生に1mまで近づいてみたものの、緊張で気絶しそうになって声も出せず、末席の自分の席へ逃げ帰りました(ちょーへたれな自分)
サインいただく用となる日は、かなり夢のまた夢だと思います。

 

2007/03/09(Fri) 17:40:23

3月9日
制作秘話を更新するために、制作秘話の過去ログとか、業多姫のあとがき、ひっくり返してあることを探すはめになりました。
なぜか、は更新した制作秘話35を読んでいただくとして。

自分ですごくびっくりしたのですが。
業多姫の文体って、こんなに一行が長文だったんだ、です。はい。
あとがきのつもりが、本文もついつい読んでしまった。
確かに思い出してみると、一文40字以内を目安にしていたから、一行42字の文庫だと、びしっと、一行埋まったりすることもあるわけで。

現在は30字以内、できればなるべく短文を重ねる、という方針になっています。
児童書を多く書くようになったから、というのもありますし、ライトノベルである「メガネC」もこれから書くだろうたぶんなHJ文庫も、そんなかんじですね。

玉響始めたときに、切り替えた記憶はあります。長さと言うよりも、言い回し。そうしてさらに長さを短くしたのかな、なんとなくだんだんと。「陰月」はその流れで、かなり一文が短い印象だと思います。


理由は、キャラの意識ですね。
命がけで生きるか死ぬかで日々過ごしている、厳しく悲惨な人生を幼い時から送ってきた、すごく大人びたキャラだったんですよね、颯音。
鳴も、一国の民全員の命運を背負う家に生まれたし。そして二人ともまじめですから、なんか堅い漢字だらけの長文だった。

玉響で変えたのは、マユラもイメタテも、争いに巻き込まれていきなり当事者になるまでは、周囲の愛情や尊敬も得て、守られ幸せに育ってきた、少なくても命の保証がしっかりあった、ということなんです。
だから年齢相応というか、ちょっと甘いところがあって、それが文のかっちり具合から、外れて弛んだ、というかんじ。


今書いている「メガネC」のキャラは現代の高校生です。平成2年とか3年とかに生まれたことになります。ケータイで連絡取ってカラオケいってファストフード食べてオンラインして、授業よりも部活に熱心。
でもテストの成績もすごく気になる、そんな生活です。なんかケータイメールのシーンがやけに多い気がして、削ったりしましたwww キャラ全員の着うた設定表なんて作ったんですよ? 

ですから、文体、めっさ軽めです(笑)。ゆえに今、あらためて業多姫との違いをしみじみしてしまったのでした。キャラの年齢はだいたい同じなのに。
ささいな日常でも、一生懸命、現代の彼女彼らなりに恋と友情に生きてます。

がんばって書いてますので、たぶんどうにかおそらく一応刊行されるでしょう暁には、こんな現代の高校生たちに、同世代の皆さま、共感していただけたら、幸いです。
私自身はちょっと学生時代から遠くなりましたが、下調べなど、してみたつもりですw

 

2007/03/04(Sun) 18:06:59

3月4日
まずは、ひなまつりすぎたので、飾ったひな人形をおかたづけ。それから取材。
舞楽です。

源氏物語の若菜帖にでてくるふたつを鑑賞。
左舞(さのまい)の陵王(りょうおう)は2度目でしたが、今回は右舞(うのまい)の落蹲(らくそん 納曽利・なそりの一人舞)もセットだというので、無料だしかぶりつきだし、うはうはといってきました。
雅楽生演奏ですもちろん。風折烏帽子と直垂(ひたたれ)がすてきです。

舞楽は面白いです。はまります。
落蹲は、竜に扮した舞で仮面をつけるのですが、今回舞人が若い女性のかたで、童舞(わらわまい)にしてました。
面をつけず、天冠に桜の挿頭(かざし)。

童舞というのは、現代でいうと、バレエの発表会だと思ってください。
親がうれしがって、衣裳着せて、お習いごとの発表をするんです。それが平安貴族では、バレエでなく舞楽だったと。なので、顔が見えないとつまらないですから、面なしお花つき。

右舞は緑系の衣裳(左舞は赤系)なのですが、今回は萌黄の生絹(すずし・すけすけ布)という春らしい衣で、左舞との動きの比較もできてよかったです。
左の方が派手だそうです。
しかし、こういう走舞(はしりまい)って、スクワット何百回とか鍛錬しないと、あれはきっと太ももの筋肉に来ますね。ジャンプとかしますし。

けさ、ひな人形片づけていて、説明書にあったトリビア。
五人囃子は舞楽の伴奏なんです。
管弦ではない。オーケストラじゃないんですね。
七人雅楽だと、箏と琵琶の弦楽器が入るので、こちらが管弦でオーケストラということです。

問題は……若菜帖、私が書いている「あさきゆめみしノベライズ」には、まだ収録未定、ずいぶん先の話だ、ということです(^^;)

 

2007/03/02(Fri) 18:10:29

3月2日
マウスが絶不調につき、買い直しました。もう指とか掌底の当たるところの色がはげてて……。
それでも動けばまあいいのですが、クリックボタンの接触が変になってしまったんです。このままでは、クリックしてはいけない危ないメールなんかを削除しようとしてうっかりクリックしてしまいそう。

量販店で一番小さいのを買いました。白とピンクのツートンカラー、女性向けのでかわいいv
そしてとっても軽やかに動き、元気いっぱい。
……しまったキーボードも買い直したくなるじゃないか(笑)
キーボードもあちこち色がはげてて。
ということで、試運転を兼ねて、更新です。

 

2007/03/01(Thu) 14:56:51

3月1日
新しい情報がなくて、今月もごめんなさい。5月にはいろいろと出ますたぶん。
とりあえず今日は、早めに今月のパズルを入稿。

話題……最近面白かったマンガを紹介することにします。純粋に一読者として。
「オトメン(乙男) 1」(作:菅野文先生 花とゆめコミックス)
いやもう料理がめっさ上手で格闘がめっさ強くて顔がよくてめっさ純情な男、という私のツボ入りまくりなVv
オーソドックスにしてめちゃめちゃ面白いです、外れたところがどこもないかんじで尊敬。これはお勧めです!

中学生のときから花ゆめ&LaLaを愛読(当時何が載っていたかは聞かないでねv ガラスの仮面とパタリロはモチロンもうあったw)し続けていたりするわけですが、社会人になってしばらくしてからはずっとコミックス買い派でして、書店で表紙とか見てこのごろはネットとかでも、売れ筋を確認するのですが。

フルバのあとも、楽しみが続くのはよいことです♪


 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania