風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2006/11/30(Thu) 14:47:42

11月30日
ということで、ドラゴンマガジンを入手。
で、榊先生&増田先生の新連載特集をぱらり。
「……え!?」
タイトルの意味は、「異種」だって???

あわてて辞書をひきます。「ディスパレイト=全く異なる」
となると?? 「デスパレイト=追いつめられる」
うわ★ 「dis」じゃなくて「des」……うわわぁぁんっごめんなさいっ失礼しました!!!
そういえば、「dis」は隔てを表す接頭語だった気がする、ディスタンスとか。
英語に弱いことが、ばれてしまいました(滝汗)

なので、増田先生の描く「異種・異生物」を、ぜひお楽しみください。深海魚……じゃないよね、これ? 

 

2006/11/29(Wed) 10:16:11

11月29日
「あさきゆめみし2」のあとがきを、昨夜書きました。
今年も残すところ、あと一ヶ月――だ、だ、だれか、うそだといってくれぇっ★
うそ、うそだよねっ、兄さん!(<だれ?)
今年中に書かないといけない原稿があと二冊分っていったい。はわわぁぁ〜★
ということで、しばらくまた、更新が滞ったらすみませんです。

あ、自分のじゃないけど、もいちど宣伝しとこうっと♪
増田メグミ先生のイラスト特集が、明日発売のドラゴンマガジンに載るそうです。
榊一郎先生の新連載「ディスパレイト」です。このタイトル、「がけっぷち」「ぎりぎり」みたいな意味の英語だと私は理解しているのですが(笑)違ったらすみません、ともかく私個人的に楽しみにしてます。
増田先生の描かれるメガネ男子、おすすめですぞVv

追記:本当にタイトルの意味かんちがいしてました。まことに失礼しました。すみません。

 

2006/11/25(Sat) 21:11:17

11月25日
HEADLINEにも書きましたが、もう予約始まってますね。
「あさきゆめみし2」……厚いんです……ええ、わりと。児童文庫にしては。
なので、3巻の厚さをどうしようか、担当さまと相談中。完全な続きものですから、どこで切るか、難しいです。私はとにかくどんどん書き起こして、あとから切るところを決めてラストっぽく少々補筆する、というつもりでいるのですが。

あと、いわゆる「大人のぬり絵」に、「あさきゆめみし」も参戦するらしいです。
編集は幼児図書出版部(絵本の編集部・青い鳥文庫のお隣のブースです)のほうなので、私はうわさしか知らなかったんだけれど。こちらのほうが、数日早く発売されるようですね。
「あさきゆめみし」関連本で、今現在手に入る本などを、来月の更新で、制作秘話にあげようかなと思ってます。

 

2006/11/23(Thu) 21:10:33

11月23日
図書館でパソコンが使い放題だ(電源も)ということに気がついたので、ノートパソコンをもって、通い始めて2ヶ月。
図書館は、お茶やお水を飲みながら、仕事ができません。トイレへ行くにも気を遣います、他にも勉強している人がいますから。
でも、仕事は進みます。いままで、ちょこちょことさぼりすぎていたんだ。トイレ行って、飲みもの飲んで、お菓子あさって、あ、天気予報の時間じゃんとちょっとテレビつけて……。デスクトップのパソコンはすぐ、メールチェックとかネットへ逃げられるし。それにセールス電話が来たり、玄関のチャイムが鳴ったり。

図書館では、1時間〜1時間半くらいを目安に、きりのいいところで、お茶の休憩(必要ならトイレ)を10分間取る、という規則正しい執筆ができるようになりました。
お茶は、水筒持参です。通い始めた頃は、安売りの名水とかお茶のペットボトルだったのです。が、冷たいのは飲むと体が冷えてそろそろ辛いので、10日ほど前から、保温水筒へ自分で淹れたハーブティーです。
たしか以前懸賞で当てた保温水筒があったはず、とキッチンの収納戸棚を発掘して、発見しました。(私の記憶では、紅茶メーカーの懸賞だったはずですが、見つけたのはソーセージやハムのメーカーのロゴ入りでした。紅茶メーカーで当たったのは、ティーカップセットだったかも)

しかし、ファミレスで書く作家さんとか、喫茶店で書く作家さんとか、いままで何でだろうと思っていたのですが、やっとわかりました。人の目があってだらけたりできないんで、集中せざるを得ないんですよ。
とくに図書館となると、みんな何かに集中してますから、その雰囲気で、気持ちが引き締まりますね。


いただいた本のご紹介
「ウソじゃないもん 四年一組ミラクル教室」
(著:服部千春先生 画:高里むつる先生 講談社青い鳥文庫より発売中)
服部先生より頂戴いたしました、シリーズ4巻めです。どうもありがとうございます。
このシリーズは、人前で読まない方がいいです……涙腺、ダイレクトに刺激されます。やさしさに、泣けます。

 

2006/11/22(Wed) 21:01:36

11月22日
まずは訃報から。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-00000072-mai-peo
渡辺茂男先生がご逝去されました。
私が人生最初に、「作者」の名前をチェックして選択的に読んだ、作家さんだと思います。「じぷた」と「エルマー」が印象に残って。
詳しくは、「小学生むけの作品」の「物語の秘密1 時海結以の素」をクリックでどうぞ。

私が冒険と友情と竜(笑)を書くのも、コンプレックスを書くのも、たぶん幼い時の読書体験からだと思うんです。
謹んで、ご冥福を、心よりお祈り申しあげます。
うちの本棚から、エルマー3部作をひさびさに出して、読んでみようかと思います。

コードネーム「メガネC」の担当さまからこんなかんじのメールが。
「さくっと早めに新刊出したほうがいいのは確かです。
 時海先生がおっしゃるように、チャレンジする作品にしてみたいですね」
はい、がんばって、早く原稿書かないとなりませんね。チャレンジで。時海こんなタイプの話も書けるんだ、みたいな。
春休み刊行くらいを目標に、がんばりまする! 

おまけのニュース↓
http://www.animate.tv/nf/detail.php?id=0000001012
彩雲国アニメ、来年4月以降も続く!
8巻茶州編までだと思っていたので、9巻以降もアニメ続くんですね。
タンタンCVはだれだろう、わくわく。
(原作者の雪乃先生は大変だろうなと、勝手ながら、つくづくとご想像いたしますが)

 

2006/11/18(Sat) 21:19:13

11月18日
コードネーム「メガネC」の資料読みこみしました。同時に、文体や描写、キャラのイメージを脳内に構築していきます。本文を書くイメージトレーニングですね。
この新作には、担当さまから条件が付けられています。
「時海さんが今まで書いたことのない、新しい面をぜひ見せてください」
最初、その条件を聞いたときは、ちょっと驚きました。
それまでは、どこのレーベルでも「時海さんの得意なもの=歴史・恋愛をお願いします」だったので。そうではなかった。
そんなんで、念入りにイメージトレーニング中です。しかしいくらイメージしても実際書き出したら、テンポ掴むまで、何回か書き直すんだろうな、冒頭。
なので、すくなくても、歴史ものではありませんし、ファンタジーでもありません。ライトノベルですから、ラブはちゃんとありですが。メガネ男子も登場可能、というわけですね。

いただいた本のご紹介
下の15日のところ↓にも書いたのですが。
「紫(し)の末裔」(著:藤咲あゆな先生 画:藤丘ようこ先生 B's-LOG文庫)
藤咲先生より頂戴しました。いつもどうもありがとうございます。「乙女のための最強文庫」ですから、どの作品もいい男比率高いですね。藤咲先生の書かれる男子は、不器用なところがあって、でもまっすぐで純粋ですよね。男のコらしい男のコ。
(余談:今日のNHKBS2「彩雲国物語」アニメ、藤咲先生の書かれた脚本でしたが、静蘭よかったーv やはりいい男ってのは、とことん頭に来たとき、ひそかに壁殴らないと・笑)

 

2006/11/15(Wed) 21:43:18

11月15日
「コウヤ4」を入稿してイラスト作業が始まった(ゆづか先生お願いしますがんばってくださいませ☆)ので、ライトノベルの新作用の資料を買ったり借りたりしてきました。
とりあえず、この新作の一番の楽しみは、メガネ男子が書けることです!(ぇ?)
メガネvめがねv眼鏡v
発売スケジュールがほぼ決まっている「あさき3」も、どうにかしないとならないのですが……(^^;;)
「新作」ではわかりにくい(複数になる可能性大ありのため)ので、コードネームを付けましょうか。
ではコードネーム「メガネC」で。没になることなく無事正式発表に辿り着くまでは、これでいきましょう。Cは、視力検査表に並んでいるランドルト環……ではありませんよ?
ええと、ずっと以前に書いた「ちょっといい男がぞろぞろ」のほうです。リーダー格がメガネ男子で、今までの私の作品にはいなかったタイプですかね。
どうか、没にならないことを祈ってください(苦笑)

メガネ男子といえばその1、増田メグミ先生のサイトで新作の告知が出てましたね。
ただいま発売中のドラゴンマガジン12月号の「来月号の予告」にも載ってますけれど。この予告イラストにすてきなメガネ男子が♪
作者は、榊一郎先生です! 

メガネ男子といえばその2、本日発売の藤咲あゆな先生の新作にもすてきなメガネ男子が。しかも日本刀使うですよ!
私が解説書かせていただいたフォア文庫ではなく、「乙女小説」ビーズログ文庫(エンターブレイン)のほうです。

 

2006/11/10(Fri) 10:51:55

11月10日
積ん読が増えすぎて、暖房器具を置く場所が、仕事部屋から夏の間に失われていました!
それでとうとう新しい本棚を買ってきましたよ。「まだ読んでいない本専用」の(涙)
ただいま詰め込み作業中です。

いただいた本のご紹介〜断続的に更新中だけれどたぶんこれでしばらく打ち止め?〜
「タクティカル・ジャッジメント9 被告人・山鹿善行」
(著:師走トオル先生 画:緋呂河とも先生 富士見ミステリー文庫より本日発売)
とうとう「第一部完」ですね! ご縁あっていっしょにデビューし、はげましあってもうすぐ5年目になります。
師走先生、お疲れ様でした。
サインに添えられた「異議あり!」の文字が光っておられますよ、汗と涙で。

 

2006/11/08(Wed) 16:34:07

11月8日
寒っ。半端ないっす。
今朝のうちの庭の最低気温は氷点下3度。初氷&初ストーブでした。
昨日の風と今朝の寒さで、一気に樹木の葉っぱが散りました。
「あさきゆめみし2」の初校を戻し、今月分のパズルの原稿もほぼできたので、次は「コウヤの伝説4」仕上げ作業ですよ。

いただいた本のご紹介〜連続じゃないけれど更新!〜
「なぞコレ1 幸せになるなぞなぞ」
(著:このみひかる先生 画:たかいよしかず先生 童心社より発売中)
童心社フォア文庫の時海ご担当Y女史さまより頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
といいますか、ええと、これは小学校低学年向けの「なぞなぞ」の本ですね(笑)
シリーズでこれが1巻、2巻は「頭がよくなるなぞなぞ」です、同時発売中。
ちょっと解説しますと、作者の先生は「なぞなぞの第一人者」でよく絵本でお名前を拝見します。
イラストレータの先生は、「マーブルチョコレート」のキャラクターを描いてらっしゃいます。パッケージが筒になっている、あれですよ^^

 

2006/11/06(Mon) 17:49:18

11月6日
このサイトのために借りているサーバの会社から、契約更新手続きの連絡が来ました。
あした、手続きをしてお金を払ってこようと思います。1年ごとの更新です。
ということで、早々ながら、来年もこのサイトのごひいきのほどをよろしくお願いいたします。
郵便局へ行ったら、年賀はがきを売っていたし、今年ももうおしまいですか、大変大変★

読書の秋に、いただいた本のご紹介連続更新スペシャル〜その5〜
「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち1」
(著:壁井ユカコ先生 画:テクノサマタ先生 電撃文庫より11月10日発売というかたぶん明日か明後日には売っているでしょう)
「キーリ」シリーズが完結した壁井先生の、電撃文庫新シリーズです。
今度は現代物で、ちょっとゆるいかんじで、なかなかおしゃれ。
「今度のシリーズはあまり気負わずに読んでもらえる」という、壁井先生のあとがきにいたく共感いたしました。私もそんな感じで、新シリーズ書いてますので。「心臓がきりきり(by壁井先生)」しない、ほんわかしてくるお話。
ところで、着ぐるみがすっごくいい味なんですが、着ぐるみが!

 

2006/11/05(Sun) 19:04:11

11月5日
「あさきゆめみし2」初校中。1巻より1章分長いです。全4章。
たぶん、全巻のなかで一番らぶしーんというかえっちしーんが、具体的に?多いと思われます(笑)
……すごい予告だな(^^;)

読書の秋に、いただいた本のご紹介連続更新スペシャル〜その4〜
「紅牙のルビーウルフ4 皓白の反旗」
(著:淡路帆希先生 画:椎名優先生 富士見ファンタジア文庫より発売
中)
淡路先生から頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
ジェイドかっこいいよジェイドていうかもどかしいっルビーにぶいっ☆

 

2006/11/04(Sat) 15:20:27

11月4日
文具を買いに行ったら、ハロウィングッズが撤去されてクリスマス一色になっていました。
海外向けのクリスマスカードのスタンドに、源氏物語の冒頭の部分の古文書をプリントしたものがあったので、なんとなく衝動買い。
もしかしたら、「あさきゆめみし」の感想を送ったくださったかたのうちのどなたかに、これでお返事書くかもしれません(笑)

読書の秋に、いただいた本のご紹介連続更新スペシャル〜その3〜
「セカイのスキマ2」(著:田代裕彦先生 画:綾瀬はづき先生 富士見ミステリー文庫より発売中)
田代先生からサイン入りでいただきました。どうもありがとうございます。

田代先生は「読み終えた後に読むからあとがきだ」タイプらしいのですが、ちなみに私は「まずはあとがきから読む派」なので、自著のあとがきにはネタばれ書かずに「書店でご覧の方は買ってください念波」を封じこめておりますw
このコメントの詳細な意味が知りたいなと思われますかたは、「セカイのスキマ2」のあとがきをどうぞv

 

2006/11/03(Fri) 19:45:44

11月3日
文化の日、寒くなってきました。今日は午前中キーボード打つのに、指なし手袋をはめました。
お昼ごろ「あさきゆめみし2」のゲラ(試し刷り)が届きました。順調に進行してます、いまのところ。これを読んでミスがないか、チェックします。

読書の秋に、いただいた本のご紹介連続更新スペシャル〜その2〜文化の日特盛!
 ☆なんと5冊一気に☆

「封縛師 ―あなたのお悩み封じます―」
(著:流星香先生 画:睦月ムンク先生)

「神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼(ヴァンパイア)」
(著:志麻友紀先生 画:スエカネクミコ先生)

「金の王子と金の姫 〜神の眠る国の物語〜」
(著:剛しいら先生 画:佐倉汐先生)

「春に来る鬼 〜骨董店「蜻蛉(とんぼ)」随縁録〜」
(著:日向真幸来先生 画:柴倉乃杏先生)

「オトメキハイスクール ―運命の子、ヨミ―」
(著:オトメキハイスクール制作委員会 画:松平徹先生)

すべて、B’s−LOG(ビーズログ)文庫(エンターブレイン=ファミ通文庫と同じ)より発売中!
ビーズログ文庫編集部のsaoさまからいただきました。
先月14日に誕生した、新しい、「乙女専用」レーベルです!
なんか綴りがあれですが(笑)、BLでは(ほとんど)ありません。
美少年もラブもときめきもいっぱい、ノーマルですてきな「乙女小説」です。
ぜひよろしくおねがいしまーす、とsaoさま。

個人的ないちおしは、睦月ムンク先生の水干イラストがすばらしい、和風退魔もの「封縛師」でしょうか。

 

2006/11/02(Thu) 19:49:24

11月2日
ネットでニュースを読んでいたら、昨日11月1日を「古典の日」にしようとか、2008年に「源氏物語千年紀」イベントをしようとか、そんな呼びかけが文化人の大先生がたから、なされたそうですね。
紫式部日記の、西暦で言うと1008年の、11月1日のところに「わかむらさきやさぶらふ」と書かれているからだそうです。
「わかむらさき」は源氏物語の「若紫」帖でそれが「侍う」=やってきた、あった、ということですから、書き写し=コピーを取りおえて本編が手元に戻ってきたとかそんな意味なんでしょうか。
後で紫式部日記を資料の山から発掘してみます。
青い鳥文庫版「あさきゆめみし」では、「若紫の章」は2巻の最初の章になります。
1巻ラストシーンの続きですよ?

業務連絡:HJ文庫編集部へ10月に届いたファンレターが、私の方へ転送されてきました。この連休中にお返事を投函する予定です。

読書の秋に、いただいた本のご紹介連続更新スペシャル〜その1〜
まずはいきなりのWで!
「火魅子炎戦記7」
(著:舞阪洸先生 画:ゆきやなぎ先生 富士見ファンタジア文庫より「一応」発売中)
「鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)掘複魁法
(著:舞阪洸先生 画:伊藤ベン先生 ファミ通文庫より発売中)
著者の舞阪先生から、いただきました。いつもいつもどうもありがとうございます。
すばらしいご健筆ぶりでいらっしゃいますね、尊敬いたします。

 

2006/11/01(Wed) 14:12:43

11月1日
「あさきゆめみし」のケータイ待受画像ですが。
昨夜、講談社の広大なサイト内を彷徨っていたら、ご案内ページを発見したので、リンクしました。
どのケータイでも購入できますね。もちろんそりゃそうですよね(^^;)
ということで、リンクからご案内ページへ飛べますが、詳しくはケータイでないと読めません。ご案内ページのガイドに従って、ケータイでアクセスしてくださいね。
サンプル(青い鳥文庫版1巻p127のイラストにパソコンで着色したもの)のところまでは、無料で見られるはずです。
なお、「あさきゆめみし」の待受画像、一部に大人向けなデザインが混じっておりますので、一応念のため、ご注意を促しておきます(^^;;)

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania