風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 10 月 (3)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事内検索

2006/07/29(Sat) 14:14:51

7月29日
HJ文庫校正作業に入ってます。
インターネットの一部サイトに該当する書籍の刊行情報が出ているようですが、ここ「風の鳴る音」ではHJ文庫編集部の公式発表を待ちたいと思います。
申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけたらと存じます。

 

2006/07/27(Thu) 14:53:25

7月27日
ようやく夏らしくなってきました。
HJ文庫はただいまイラスト作業に入ってます。絵師さまのお名前は公式発表まで内緒☆……この近況報告の「いただいた本」で何度か取りあげているかた……っぽいです(^^)
すばらしいキャラクターイラストで、イメージぴったり♪
戦う熱血編集長さまがべた惚れ、担当アサコさまが「ヒロインすっごくかわいいっ、男子美形過ぎジャパ!」とおっしゃる一品になっている模様です。(お二人に関しては、HJ文庫のサイトへ、リンクからどうぞv)

リンクといえば。「金沢文庫」サークルかなぶんの皆さま、お台場方面で開催される夏のお祭りにご出展です。
新井輝先生によりますと、情報が更新になっているそうですので、ぜひ。

いただいた本のご紹介
「総統は女子高生 1 めざせ!悪の一番星!!」(著:舞阪洸先生 画:竹浪秀行先生 竹書房Z文庫より発売中)
舞阪先生、いつもいつもありがとうございます。「恋とおしゃべりとケーキとダイエットとキス」を含むお話です、とうかがったときはどきどきしました(笑)

 

2006/07/22(Sat) 09:38:33

7月22日
うあ、一週間以上開いてしまった、ごめんなさい。
細かな仕事がたくさんあるときは、一週間とか十日の単位で、優先順位を紙に書き出して一覧にし、モニタの前に置いて、終わると横線で消すのです。
半分以上消えるとだいぶ快感ですね。
こういう日々と、一冊分の原稿を集中して書く日々とを交互に設けて、仕事のリズムを作っていくことが少しずつできるようになりました。

 

2006/07/14(Fri) 15:32:06

7月14日
暑いですねー、今年初めて蝉が啼いてます。
ギャラリーの書影に「コウヤ3」を追加しました。明日発売です。

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげる先生の原画展へ行ってきました。
幼稚園児と思われるお子さんたちが団体で見学していたのですが、解説の学芸員さんが「鬼太郎と一番のお友だちの水木さんなので、鬼太郎の絵とお話が書ける」というかんじで説明していて、うまいなー、と感心しました。

背景の書き込みがすごい。とにかくすごい。神業とはこんなかんじ。
あと、お宝の貸本漫画時代の作品がありました。

おみやげに、イラスト集とか目玉オヤジのイラスト入り団扇を買いました。エコマークつきです。
「ゆっくりくらしなさい」とのお言葉が。
ちなみにネズミ男のもあったのですが、「なまけ者になりなさい」とのお言葉がありました。

この夏はこの団扇でがんばりすぎない程度にがんばります。

 

2006/07/11(Tue) 18:02:27

7月11日
昨日締め切り守ってHJ文庫原稿の草稿書けた! 
なのでよく寝てからやっと美容院へ行き、L状態から脱出しましたw
絵師さんと編集部へイラスト資料も現物送付しました。

今日は「コウヤ3」の見本が届きました。
土曜日に発売です、地方では来週前半になると思いますが、ぜひともよろしくごひいきにお願いいたします。
近日中に、書影をUPしますね。
次巻は半年後になります、ともうカバー袖に予告されている(どきどき)、細かなあらすじや次のアイテムはもう決まっているので、書くだけです。

 

2006/07/07(Fri) 19:12:28

7月7日
七夕の笹に「商売繁盛 ヒット祈願」と書きました。
原稿ラストスパート!!
もう冬期の刊行のお話を各社担当さまと進めながらの推敲作業です。
パズルは8月にクリスマス、12月に4月の仕事をするのです。残暑でクリスマスネタだと、雰囲気求めて、冷蔵庫に頭突っ込んでみたり毎年やってます。
こういう先取り仕事は、本当に1年が速いです。未来ばかり見ていて足元の今を見ていない気がするというか。

いただいた本のご紹介
本ではなくてコミックス、本日発売です! 
「黒地旅記 カオスアイル 1」(作:ゆづか正成先生 一迅社 REXコミックス)
「コウヤの伝説」シリーズの挿絵をお願いしているゆづか正成先生のコミックスです!!
ゆづか先生より頂戴いたしました、どうもありがとうございます。
児童書挿絵とはまた違う迫力の少年漫画タッチ、異世界ファンタジーです。おまけ漫画は必見、私は爆笑しました。ぜひユゥちゃん(ヒロインの少女剣士)には、この「呪われてそうな剣」を使ってほしいな(笑)
こちらに公式のご案内があります。

 

2006/07/06(Thu) 12:10:10

7月6日
新作原稿に見通しがついたので、チェンバロのホームコンサートに。
15弦の中世のギター「リュート」とか、古楽器のコンサートには、なるべく行くようにしています。
音楽と、花というか花鳥風月が、自分は書くときのリズムに欠かせないなと感じるので。
一節切の笛だけでなく、玉響のときも、ライアー(「千と千尋の神隠し」主題歌のあの楽器)を取材してみたり。今は雅楽の取材とか。
音楽メインのストーリーも書いてみたいと思うのです。行間から音楽が聞こえるような。トルヴァドール(吟遊詩人)とか。
ちなみに私の学生時代の部活はずーっと合唱部でした。

音楽小説といえば、最近発売のこちらが気になってます。買ったけど読めてないですが。
☆「小説 金色のコルダ」(著:藤野恵美先生 カバーイラスト:呉由姫先生 コーエー)
呉先生のLaLaのコミックスでもおなじみ、アニメ化決定の乙女ゲームですね。男性キャラ5人がそれぞれ主役の短編集みたいです。
☆「ゴールドベルク変奏曲」(著:五代ゆう先生 画:鈴木理華先生 HJ文庫)
主人公は、歌うと幻を作り出して他人に見せることができる歌手、という設定がすてきです。ミステリーっぽい展開もラブも好みv 
今書いているHJ文庫の原稿の参考に入手したのですが、まだ読めてないので推敲の時にこそ(^^;;)

 

2006/07/02(Sun) 09:09:09

7月2日
仕事用座椅子を買い換えました。(私はデスクトップパソコンをローテーブルに置き、床にあぐらかいて執筆してます・笑 椅子だと肩が凝るんです)座りっぱなしですから、少しでも腰に負担がないものをと、低反発のにしてみました。
あんまり座っているから、お尻が平らになって横へはみ出した気がしてなりませんあーあ。

いただいた本のご紹介
「ぼくはアイドル?」(著:風野潮先生 画:亜沙美先生 ハードカバー 岩崎書店より発売中)
風野先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
女装美少年と勝ち気な幼なじみ少女、これはあたくし大好物でございますぺろりんv しかも激美麗な亜沙美先生のイラストがたっぷり堪能できます!
リンクからお二人のサイトをぜひどうぞ〜♪

 

2006/07/01(Sat) 07:16:09

7月1日
公式発表になったので。
本日創刊の新しいライトノベルのレーベルHJ文庫(ホビージャパン)から、本を出させていただくことになりました。
現在執筆中、まずは読み切りになります。純愛ファンタジーです。どうぞよろしくお願い申しあげます。
「ラブすぎ!」に加えて新しいキャッチは「きゅん死に系」なんてどうでしょ?(笑)
「ちょーラブすぎ!」シリーズは、児童書文庫から、詳細は8月頃には発表できると思います。

コウヤ3「みちびきの玉」のカバーイラストを、ギャラリーの原画にUPしました。
ゆづか先生の力作です。どうぞご覧下さい。
今回の帯には、新しく決まったシリーズキャッチが! なんかえらくかっこいいですよ? 考えてくださった担当さま&販売部の方、時海喜んで踊ってます♪
4巻に向けて、がんばります!

冬から春の刊行予定が、また少し決まってきました。これは風邪引くこともできないかんじです(^^;)
こんなにお仕事させていただけるなんて、ありがたやありがたやなむなむなむなむ(ー人ー)
これも皆さまの応援のおかげです、感謝しております。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania