風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2006/05/28(Sun) 21:05:48

5月28日
富士見ファンタジア文庫編集部のブログを読んでいたら、「もやしもん2」を下から見ると「かもし」てある、とありました。
それは知らなかった、どうなってるんだ、と慌てて取り出して下を覗きます。
ほんとだー、かもしてあるー!
もしや、と「もやしもん3」をひっくりかえします。
うわー、もっとかもしてあるー!!
「もやしもん」(著:石川雅之先生 講談社イブニングKC)お勧めです。勉強になります。
なお、ファンタジア文庫編集部のブログは、リンクから富士見書房公式サイトの左フレーム、「FUJIMINOVELS」をクリックです。

コウヤ3カバーイラストができました。ゆづか先生ありがとうございます。
そういえば、私の書くキャラは基本的に食いしん坊というか、食べることにこだわりが強くなってしまいます。
その原点であろう、と思うのは「王さまシリーズ」だと思うんですよ、小学校低学年の頃に大好きでした。
作:寺村輝夫先生 画:和歌山静子先生 理論社

いまでもフォア文庫理論社版で読むことができます。リンクから公式サイトへ、本棚のページをクリック、、著者名で検索してください。
先日他界された、寺村先生のご冥福をお祈り申しあげます。

 

2006/05/23(Tue) 15:41:10

5月23日
さっき、キティぬいぐるみプレゼント抽選を狙って某コンビニへ行き、雑誌とか飲み物を買って、はりきってくじを引きました。

レジの店員さん「あ、当たりましたね」
やったー! 
私はよく見ないで当たり券を渡します。

店員さんが持ってきたのは栄養ドリンクのユ○○ルでした。
……キティ以外の賞品もあったんですね(^^;)
「よかったですねv」とユ○○ルを袋に入れて、満面の笑みの店員さん。
私そんなに疲れて見えますかそうですかそうでしょうねやっぱりね…………orz
店員さん、お気遣いありがとうございます。


いただいた本のご紹介
2冊です!
「ムーンライトワンダーランド オオカミ少年と伝説の秘宝」(著:藤咲あゆな先生 画:椿しょう先生 JIVEカラフル文庫より発売中 シリーズ第2巻)
「ナイトメア戦記 かがやく明日」(著:藤咲あゆな先生 画:矢野ユキエ先生 フォア文庫岩崎書店版より発売中 こちらもシリーズ第2巻)

著者の藤咲あゆな先生より頂戴いたしました。2冊同時期発売です。どうもありがとうございます!!
先日は夢の妖精メメちゃんにも会わせていただきまして、うれしかったです。いやほんとにメメちゃんは実在するんですよ? 今度はぜひ、クールでちょーかっこいいカナタくんに、会わせてくださいませ(笑)

フォア文庫の特徴は、新刊のカバー袖に、もう次巻のサブタイトルが印刷されていること。そう、早めに考えないとならないのです。
コウヤも4巻のサブタイトルが既に決まっています。3巻はただいまゆづか先生イラスト作業中です。

 

2006/05/21(Sun) 21:48:26

5月21日
都内、児童文学の催しへ出席してきました。
時間が少しあったので、とてもひさしぶりに、古本の街「神保町」(じんぼうちょう)へ。

大学時代通い詰めた街です。よく入ったハンバーガーチェーン店が、全く変わらずにあり、なつかしくてうれしくて。
そこのハンバーガーを食べるためのお金も本代に使ってしまい、はらぺこで家まで帰ったこともときどきありました。(当時はsuicaみたいなプリペイドカードがなかったので、帰りの切符だけはまず地下鉄降りたとき買っておくんです、帰れなくならないよう)

児童文学の催し、(メインといえるでしょう)ゲストは荻原規子先生でした。
生でお声を拝聴でき、本当にホントに感激でした。
当日や、前後にお会いしました関係者の皆さま、お世話になりまして、どうもありがとうございました。
(お仕事の打ち合わせもしたのですよ)

作家石崎洋司先生とイラストレータ藤田香先生に、連名サインとオリジナルおまけグッズをいただきました。たいへん恐縮です。
サインを戴いたご本はこちら>「黒魔女さんが通る!!」シリーズ、講談社青い鳥文庫より発売中です!


いただいた本のご紹介
「紅牙のルビーウルフ3 西の春嵐」(著:淡路帆希先生 画:椎名優先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
シリーズも快調に巻数を重ねておられますね。「今回は今までで一番(主として)ラブ方面に」力を入れられたとの、淡路先生のお言葉をお伝えです!

 

2006/05/18(Thu) 14:55:41

5月18日
雑誌コバルトの発売日♪
表紙は増田先生です!
この雑誌コバルト6月号から、増田先生は改名されたそうです。
「増田恵」から「増田メグミ」先生です。
「恵」を「ケイ」と読み間違えられるため、という理由があったようですね。

昨日今日と、「マジカル少女レイナ 魔女のクッキング」を探して、いくつかの書店で、ハリー・ポッター新刊山脈の陰などをのぞいてみたりしました(笑)
売れてますねぇ、見あたりませんよ?
店員さんにお尋ねしても、「売れちゃったんですね」ということで、売れてます(笑)
さすがに石崎先生、大人気ですね。

 

2006/05/14(Sun) 14:54:17

5月14日

HEADLINEにも書きましたが、文庫巻末解説を書かせていただきました。

「マジカル少女レイナ」3 魔女のクッキング
(著:石崎洋司先生 画:栗原一実先生 フォア文庫岩崎書店版 5/17発売)

岩崎書店公式サイトのトップページに、本のご案内がありますので、ぜひぜひ、よろしくお願いします。


母の日のカーネーション、買いに行ったです。
うち、というか私は鉢植え派。一か月くらい飾って、梅雨入りしたら、庭に植えます。
多年草で広がるので、私が中学生の時に初めて買ったピンクのは、原種返りのクローブピンク状態となって、庭石の間を埋めてます。

毎年「普通の赤いのじゃつまらないよね」と、オレンジとか濃いピンクとか赤紫とか買うから、けっきょく普通の赤いのがないことに、買ってからいつも気がつくのです。

今年こそは普通の、と思ってさっき花屋さんに行ったんだけど……新種のピジョンブラッドレッドとかいうのを、つい買ってしまいました。深紅です。
今、母が苦笑いして受け取りました。

 

2006/05/13(Sat) 22:24:27

5月13日
うわー「サイト更新してない期間」の記録のほうを更新しちゃった。
すみません平身低頭平謝りm(_ _;)m

今日はお城へ雅楽の演奏を聴きに。
(予告すると、雅楽は「ちょーラブ過ぎ」シリーズの主要なBGMになりますので、よろしくです)

天気予報では雨が降りそうだっていうし、聴きに行こうかどうしようか、数日前から迷ってました。
原稿はなかなか進まないし。家を空けるとまた遅れます。

朝起きたらホントに雨だったので「迷ってたけど、雨だからやめた」とつぶやいたら、
母が真顔で「雨でもやるなら行ってきたら?」と。
あたしってばそんなにテンパった顔してたんですか、ここしばらく。あわわ。


雅楽を聴くのは無料です。
が、そもそもお城のエリアへ入るのに、門で見学料収めますから、築400年以上の天守を見学しないのは、もったいないです。
一時間の余裕を持って家を出て、お城も見学しました。階段ばしごがすごい急なんです。
久しぶりですなー、前に見たときの記憶で、業多壱書いたんだよなー。

で、雨なので、お庭の舞台ではなく、月見櫓(やぐら)という屋根付きバルコニーみたいなところでの演奏です。2階の屋根くらいの高さかな。パンフレットには11mあまりとありますね。
私も含めたお客さんは、お庭で雨に打たれながら、傘さして立って拝聴しました。
(テントの下にシルバーシートはあったですよ)
傘に当たる雨音も風情ですね。

お庭のボタンとツツジと藤が満開でした。

 

2006/05/01(Mon) 18:29:31

5月1日
いきなり今日は暑かったですねー☆
十日くらい前まで六花というか名残りの雪が舞っていたり、最低気温が氷点下だったりしたので、生活空間が冬仕様のまんま。

とりあえず、半年ぶりくらいに窓を開けて、空気を入れ換えようとしたら……開けられませんよ?
腰高窓の手前に積んだ本が邪魔で、手が届かないのです。(カーテンは、掛け軸をかけるための棒で開け閉めしていたことは、でっかい秘密です)
ええいもうっ、と部屋をすこしかたづけ、服も入れ替え、読み終えた文庫本と漫画の一部をしまうボックスを買うために、愛車で100円店へ出発。

暑いです。気がつけば、道行く中には半袖の人もちらほら。ほとんどの人はシャツ一枚。
あたしはまだカーディガンはおってますよ、厚地からひらひらした薄いカーディガンにしたのも、先週だし。
一緒に買ったチョコレートが、家に着いたら軟らかくなってました。
風が強いので、花吹雪がきれいでした。

それで、原稿書けずに、今日が暮れようとしてます……。


いただいた本のご紹介
「キーリ宗〇犲圓燭舛蝋嗅遒鳳別押覆佑燹砲襦_次
(著:壁井ユカコ先生 画:田上俊介先生 電撃文庫より発売中)
こちらも機種依存文字なので化けたらすみません。9巻、そして完結巻です。最終巻!
著者の壁井先生からいただきました。感激ですっっっ☆
ほんとうに、どうもありがとうございます。

実は、2ヶ月前にいただいた上巻である8巻もまだ読んでません。一気に読もうと思って……というよりも、怖くて読めなかったり。
読みたいような読みたくないような、これでおしまいかと思うと。

完結したシリーズをまとめて一気に読むのは平気なのに、刊行されるごとに1冊ずつ、リアルタイムで楽しみに読んできたシリーズは、どうしてこんなに完結巻を読むのが怖いのでしょうね。

ともかく完結、おめでとうございます!
壁井先生、心からお祝いと、お疲れ様でした、を申し述べさせてください。このシリーズと出逢えて、さらに壁井先生と知りあえたことは、大変な僥倖でした。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania