風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 08 月 (3)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
記事内検索

2006/01/29(Sun) 19:14:43

1月29日
昨夜夢の中で、原稿書いていたんですよ。
コウヤ3「みちびきの玉」の原稿をだいたい書きあげて、4の予告用にサブタイトルを決めて担当さんへ連絡しないと、と思いながら最後のシーンを書いていて。
んで、うんうん考えて、思いついたところで目が覚めた、あらら夢だった。
あわててメモ用紙に、考えた4のサブタイトルを書く。

ここまでが全て、夢でした。
朝起きて、がーん。
すごく疲れた。寝た気がしません。

幸いなことに、考えたサブタイトルは憶えていました。
変なのではなく、まともで、使えるものです。今度こそとメモ。
コウヤのサブタイトルには自主ルールがあって、「○○○の☆」☆はやさしい漢字一つ、しかもカバー裏に絵で描けるものです。夢の中でもそのことをうんうん考えました。
このサブタイトルが採用されるかは、まだ連絡してないので……ようするに、3の原稿が書けていないので、未定です。

夢の中で書いた文をパソコンへ移植してくれる妖精さんがほしいです。どなたか妖精さん召喚呪文をご存じないでしょうか??

それはそうと、コウヤ2「まもりの刀」増刷が決まりました。入手できなかったかた、書店にご予約いただきますと、いまなら手に入るのではないかと思います。ちょっと時間かかるかもですが。
応援どうもありがとうございました。

 

2006/01/27(Fri) 10:00:39

1月27日
サーバのメンテナンスが無事終了したようです。
毎日原稿書いて、気晴らしにときどき漫画読んで、ちょっと読み過ぎて、というかんじに生きてます。家から出ないからまた体重が増加しているし。

そういえば、「活字倶楽部」(雑草社)最新号の「注目のイラストレータ」の記事(p46)に増田恵先生のお名前が!
業多姫という作品自体は、書評や紹介、投稿はがきを載せていただいていたのですが。小説を取り上げるので、どうしても第一に作品名、次に作者名で、イラストの名前が出ることって少ないというか、目立たない面があり、その点で、とてもうれしいです。増田先生の複数のお仕事が注目されるのは。
にしても「活字倶楽部」は、創刊号とはいわないまでも、相当以前からの愛読者でしたから、いつの間にか、自分の名前がちらっと載ったり、毎回複数の知り合いの作家さんが登場していたりするのは、不思議な感じです。
K美さまの言葉を借りるなら「時海結以特集が載るまで、がんばるですよv」なのですが。
がんばります……。

 

2006/01/23(Mon) 17:01:15

1月23日
期限まで割と余裕のあるようなないような、一定のペースで毎日原稿書いていると、だんだんきょうが何日なのかわからなくなってきますよ?
もう23日なんですかそうですか。寒いですね。指出し手袋はめて、原稿を書く冷え性の時海です。マウスが右手のひらを冷やすので。

先日「働きマン」(作:安野モヨコ先生 講談社アフタヌーンKCDX)1&2を読みました。
とっても忙しそうな出版社の女性編集者が主人公です。
そして思わず「営業のかたにありがとうとお礼を伝えてくださいませんか」と担当さまへメールしてしまいました。
主人公の編集者が担当作家に「あの人達が売ってくれないと、本、書店さんに並ばないんですよ」と、営業の担当者を紹介するシーンがあって。
ああ、そうだった、すごくすごく大事なことだった、と。
関係する全ての皆さま、本当にどうもありがとうございます。買ってくださったあなたにも、感謝です。

 

2006/01/17(Tue) 17:07:56

1月17日
HEADLINEにも書きましたが、1/27未明は、このサイトを見ることができません。
サーバのメンテナンスだそうです。ご承知おきいただけますと、幸いに存じます。

「コウヤ2」発売になりました。今日辺りは店頭に並びだしたはずです。どうぞよろしくお願いいたします。

冬になってからずーっとがしがし原稿を書いてます。とりあえず今のところ、元気に予定通りスケジュール消化してますが、3月いっぱいまで埋まっているので……。いや、そのころになると、たぶんその先も埋まるのではないかと思います。

 

2006/01/13(Fri) 16:58:01

1月13日
「コウヤ2できました!」とY女史さまから連絡がありました。もうすぐ手元に見本が届きます!
書影をギャラリーに飾りましたので、ぜひごらんくださいませ♪

今日は「ザ・ビーンズ」と「ビーンズA」(ともに角川書店)の発売日。
増田恵先生のポスターが、「ザ・ビ」のほうについていると思いこんでいた私は、「ビーA」開けたら飛びだしてきた、その増田先生のポスター(「花に降る千の翼」月本ナシオ先生・角川ビーンズ文庫)にびっくり。
で……でかっ。雑誌のサイズが大きいので、綴じこみも大きい。なんだかお得な気分です。

 

2006/01/09(Mon) 18:03:01

1月9日
全く違う物語を書くときは、間にパズルの原稿を書いて、気持ちを切り替えるようにしているのですが。友人としゃべったりとか、買い物やピクニック、そういうことも前はしていたのですけれど、ホントに家から出られない状態のこの冬……。
せめてパソコン使わない作業は、図書館でやるとか、気分転換は大変です。

気分転換の時期にパズルの仕事がないときは、少しずつ、漫画を読むのが楽しみになってきました。
最近では、「げんしけん」(作:木尾士目先生 講談社アフタヌーンKC)とか「もやしもん」(作:石川雅之先生 講談社イブニングKC)とか読みました。
青年漫画で、どちらも大学が舞台なので、中高生の皆さまには、まだイメージのわかないところがあるかもしれませんが、大学で実習の多い専攻だった、自分も含めてオタク友人も多かったわたしには、とても楽しめました。
ぶっちゃけ(死語?)「げんしけん」の高坂くんにはまっちゃいました、カノジョがいたっていいです、美少年で性格がよければ!!(けっきょくそこかい)
しかもオタク同士なら、あたしとお話があいそうですばらしい(こらこら相手は二次元だぞ)

 

2006/01/06(Fri) 10:09:32

1月6日
うう、また一つ歳を取ってしまった。
じゃなくて。
私と同じお誕生日の皆さま、お誕生日おめでとうございます。
毎日言うのはちょっと無理っぽいので、きょうだけ、はっぴーばーすでー、らっきーなあなたは一緒に喜びましょうね☆
きょうのお仕事は今月分のパズル原稿です。

 

2006/01/05(Thu) 15:14:03

1月5日
コウヤ2の販売促進チラシ画像を、編集部の許可をいただいて、公開しました。
ギャラリーの、「原画」に置いてあります。
ゆづか先生のお手を煩わせてしまいました。

TBS系で2日3日に放映された「里見八犬伝」、かっこよかったですねー。
べつにタッキーのファンじゃなかったはずですが(笑)、アクションも衣裳も素晴らしくて、なんかほれぼれしました。長大で複雑なストーリーもわかりやすくなっていて、原作の見せ場は残してあり、再放送とか、もしもあったら、お勧めです。初めて「時代劇」を見るお若いかたに、特に。
春にはDVDが出るらしいので、買っちゃうかもしれません。

 

2006/01/03(Tue) 16:41:22

1月3日
さっき初詣へ行きました。
おみくじを引いたら「吉」でした。
「アドバイスをきいて、人と力を合わせたら仕事が上手くいく」というご託宣でした。
心したいと思います(^^)

いただいた本のご紹介
「火魅子炎戦記5」(著:舞阪洸先生 画:ゆきやなぎ先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
ひさびさにひとこと感想で>九峪くん、だいじょうぶ??
舞阪先生、いつもいつもありがとうございます。あとがきを拝見すると、今年もとても充実してらっしゃるといいますか、さらにお忙しくなられたようで、どうぞお体にはお気をつけて、としかお伝えしようもないのですが。

 

2006/01/01(Sun) 15:20:32

1月1日
A HAPPY NEW YEAR!

お正月スペシャルサービス???

コードネーム「ちょーラブ過ぎ!」シリーズの情報を少しだけ公開。
舞台は千年ほど前の平安王朝、京の都。
四季折々の花鳥風月に想いを託して、日本人の心を千年間とらえ続けてきた、あの、せつない恋愛絵巻が蘇る。ってかんじです。

でも、陰陽師は出てきませんので、あしからずご了承ください……。

昨夜も脳内平安時代のため、年越しで夢を見ました。
「少年陰陽師」アニメを見ている夢でした。
(ホントにアニメになるらしいですね、楽しみですv)

「いけーっ、もっくん!」
「ぴっか、ちゅーっ」
いやそれ、結城先生のあとがきのネタまんまぢゃないかっ★
「ぴぃかぁ?」
(ドラマCDもっくんCV:大谷育江さま@ピカチュウ)
しかもじーさまの若い頃かっこいいとか思ったら、横に源博雅くん(岡野先生版目ン玉まん丸バージョン)が、「特別出演」って札さげてうろうろしているし。
「晴明どーにかしてくれ」
「番組違ーうっ」……じーさま(若晴明)につっこまれてるし。

実話です(^^;)
くり返しますが、時海の作品には、陰陽師も式神も全然出てきません。ごめんなさい。

……早く原稿書かないと、「少年陰陽師」(著:結城光流先生 画:あさぎ桜先生 角川ビーンズ文庫)の新刊が読めません……。
「陰陽師」(コミックス 作画:岡野玲子先生 原作:夢枕獏先生 白泉社)もまだ4巻までしか読んでないし…………。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania