風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 12 月 (3)
2017 年 11 月 (5)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事内検索

2005/08/30(Tue) 15:46:29

8月30日
月刊ドラゴンマガジン10月号発売日。
p117に「玉響三」のご案内と、カバーイラストが載っております。
皆さま、よろしくお願い申しあげます。9月10日発売、¥588(税込)でございます。
ボリュームは二と同じくらいです。あらすじは、ドラゴンマガジンをご覧下さい。明後日午後には、富士見ミステリー文庫編集部の公式サイトにもUPするかと思います。
公式発表を確認して、こちらのサイトでも画像を公開します。明後日1日の、夕方の予定です。

 

2005/08/26(Fri) 18:50:26

8月26日
お仕事がいくつか先へ進んでうれしい日。
資料の本をいっぱい買ってしまいました。(また……)
この資料のお話も、世に出るといいなぁ……まずは、読んで楽しいよい原稿を書かないと。
自分でどうにか進めなければ、誰もどうにもしてくれないのであります。
今やっているのは、来年形になるお仕事がほとんどです。
一年が過ぎるの、速っ★

 

2005/08/23(Tue) 14:52:21

8月23日
おなじみ、イラストちら見せが、増田恵先生のサイトにUPされました。
今回は、カラーイラストにあの花が登場です。
あと、ピンクのくまさんがぴょんぴょんしているTipsという文字をクリックすると、白黒イラストもあります。本来は別の目的のページなのですが(笑)
ぬっふっふ、あのシーンのイラストがこうなったのね、と、パソコンの前で一人喜んでいる時海。
皆さまはあとすこし、楽しみにお待ちくださいませ。

 

2005/08/22(Mon) 15:23:24

8月22日
日帰りで東京に行って来ました。超ラブ過ぎ新シリーズ関連の展示を見学して、資料を少々手に入れました。
会場はものすごい熱気で、このお仕事に係わらせていただくことに、たいへんな責任感と緊張を覚えました。
詳しいことを早くこの場で発表できますよう、祈るばかりです。
まだまだ越えなければならないステップがいくつかあります。多くのかたのお力をお借りいたしますので。

 

2005/08/20(Sat) 11:58:25

8月20日
本日は富士見ファンタジア文庫の発売日。
新刊に挟まっているチラシ「ドラゴンプレス」に、「玉響三」の内容がちらっと紹介されているですよ。よろしければチェックしてみてくださいね。

HEADLINEにも昨日書きましたが、「コウヤの伝説2」の発売日が、営業戦略のため、お年玉後の1月に延期になりました。
原稿はほぼできてますし、イラストもゆづか先生がそろそろ描き始めてくださるころでしょう。
今のところ、3巻は来年夏に刊行の予定です。

明日はコードネーム超ラブ過ぎ新シリーズ関連の、見学取材に行ってきます!
ほかにも長編短編いろいろお仕事してますが、長編が世に出るのは来年でしょうねぇ。
今年ももうすぐ三分の二がおしまいなんですよ? たいへんたいへんf(゚o゚;)))))

 

2005/08/17(Wed) 12:57:28

8月17日
風立ちぬ。いざ、生きめやも。 ――堀辰雄

八ヶ岳の麓、近くの町に、高原のサナトリウムがあります。
いまは周囲の林もほとんどなくなって、普通の総合病院ですが、戦前は結核患者の終末医療施設。
元祖難病純愛もの「風立ちぬ」の舞台になったり、竹久夢二終焉の地だったり。

風立ちぬ……今年は、今日、立ちました。
八ヶ岳の高原では、8月のお盆を過ぎて一日二日、よく晴れたお昼前くらいに、突然ざわざわと森や林や野原の葉先を鳴らして、地面から湧きあがるような、涼しい風が吹きます。

これを「風が立つ」といいまして、今後は、日々の平均気温が下がりはじめ、木々の緑色があせてゆきます。
晩夏(ゆくなつ)の始まりです。

いつかこの風が立つ風景を小説に印象深く取り入れたいのですが。できれば純愛(笑)

BGMは「少年時代」(井上陽水)でよろしくです♪

 

2005/08/14(Sun) 19:50:33

8月14日
夏休みって何だろう、見たことないけど、食べられるの?
……。
………。
…………。
すいません、ほんとうはこういうのを「怠け者の節句働き」というのです。盆も正月も働かないと、遅れた仕事が間に合わないのです(TT)
でもv ちゃんとしめきり守って、超ラブすぎな新シリーズの1巻めの原稿書きあげたですよ。
担当さま(まだコードネーム未定・男性)の夏休み前に。
でも引き続き、まだ詳しいことは内緒のお仕事も、もしょもしょともくもくとこなさないとならないのです。なんだかいろんなタイプのお仕事を頼まれるようになってきました。

 

2005/08/09(Tue) 13:48:36

8月9日
玉響三のあとがきを書きました。ページ数今回少な……(^^;)
葉山透先生の「9S」(画:山本ヤマト先生)新刊と壁井ユカコ先生の「キーリ」(画:田上俊介先生)新刊が発売になりました。どちらも電撃文庫から。
積ん読の山に加えてちょっぴり幸せVv 
……ぢゃねーよっ、どなたかあたしに読書の時間を下さいまし神さま仏さま。でもお仕事も下さい(^^;)
もそもそと秘密のお仕事中。来月以降発表できるといいな。

いただき本のご紹介
「コウヤの伝説」シリーズのご担当童心社のY女史さまから、エミリー・ロッダ先生の最新刊をいただきました。
「フェアリー・レルム」シリーズ 1金のブレスレット 2花の妖精
(訳:岡田好惠先生 画:仁科幸子先生 童心社)
2冊ずつ発売されるそうで、今ですと、「デルトラ・クエスト」シリーズ(岩崎書店)と並んで書店に置いてある気がします。翻訳も同じ岡田先生ですしね。ピンクの装丁です。

 

2005/08/08(Mon) 23:35:54

8月8日
玉響三のあとがきのページ数が決まりました。最後のお仕事ですな。

恥ずかしいので、事後の告白ですが、先々週のこと、テレビドラマのロケの取材に行きました。
うちのあたりはけっこうロケが多いので、たびたび見ることができるのですが、今回は主役のかっこいい俳優さんを間近で見られたり、スタッフの方のお仕事も見られたりして、よかったです。
でもそうしていたら、ADさんというのですか? スタッフの方に声をかけられまして「通行人になって下さい」
主役の後ろを歩いて通過するんです。どきどきどき。

すっげーきんちょーしましたよ。
だって、小学校3年生の学芸会から、私は真っ先に脚本・演出係を押さえて裏方に回ってしまうタイプだったから。自分が演じるのはどうも、衣裳着るのは好きですが、台詞や演技がどうにも苦手。妄想する分にはいいんですけどね、表に出して人に見せたくないんです。
だから実は自著を目の前で朗読されるのも苦手です……。自ら音読されている作家の方とか、尊敬します。
我が心の中から相手の心の中へ、ダイレクトに伝えたいのですよ私(^^;)

結果、放映では……私の頭の影だけが、主役の背後を通過してゆきました。
いやがる私を居間から追い出して、どんなシーンか聞き出して、むりやりみんなで見ていた家族に、爆笑されました、とさ。

 

2005/08/05(Fri) 23:01:17

8月5日
暑中お見舞い申し上げます。
言葉の有効期限は明日までだそうで、後は残暑見舞い……。
時節柄ご自愛下さいませ。

葉山透先生の新刊「9S此廖焚茵Щ核椒筌泪叛萓検‥天睚幻法。検殖隠宛式発売)のフラッシュ(動画)が、葉山先生のサイトで公開されました。
すごすぎる出来映えです!
リンクからぜひどうぞ。新刊も読むのが楽しみです!!

いただき本のご紹介
「平井骸惚此中ニ有リ 其伍」(著:田代裕彦先生 画:睦月ムンク先生 富士見ミステリー文庫 8/10発売)
著者の田代先生より賜りました。いつもいつもありがとうございます。
これがシリーズ完結編、本当におめでとうございます、そしてお疲れさまでした。
そうかこうなったのね、のラストですね。

 

2005/08/03(Wed) 14:46:52

8月3日
先ほど、ハニカの真名へ応募された方へ、リボンブックマークを発送しました。
たぶん郵送途中で、区分けのための機械のローラーを通るので、潰れてリボンがしわになってしまうんじゃないかと思います。
なので届いて、もしもしわになっていたら、やかんのお湯が沸騰して湯気が出ているところへ、ぴんと引っぱったリボンを近づけてください。直ると思います。熱いので、火傷に気をつけてくださいね。アイロンは、スチーム低温でお願いします。
それと、使っていて端がほつれてきたら、はさみで切り直して、ライターかろうそくの炎の先端へ一瞬くぐらせると、直ります。一応、そうやって焼いてほつれ止めはしてありますが。
では、ご笑納下さいませ。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania