風の鳴る音
これまでの作品
物語のひみつ11
穂(みのり)神社のひみつ
物語のひみつ10
言霊師どーもプロフィール
物語のひみつ9
おうばがふところの世界
物語のひみつ8
コウヤ4ネタばれとあとがきに書ききれなかった伝説
物語のひみつ7
コウヤ3のネタばれ
物語のひみつ6
コウヤ2のネタばれ
物語のひみつ5
図書袋の思い出
物語のひみつ4
感想文の宿題に、おすすめ本
物語のひみつ3
続・時海結以の素(歴史編)
物語のひみつ2
「コウヤの伝説」はいつ、どこのお話?
過去の物語のひみつ一覧
小学生むけの作品

これまでの作品はこちら

 

物語のひみつ 4

《その4》

日本史とラブとファンタジーがキーワードな物語。このサイトへ遊びに来ていただいている皆さまなら、きっとご趣味にかなうのでは?

感想文の宿題とか、図書委員で本の推薦文を書かないとならないとか、そんなときのお役に立てばと思い、図書館にあることが多いハードカバーの、中学生位の年齢に向いた児童書をいくつかご紹介です。
今までこのサイトの近況報告に取り上げてきたご本が多いです。なお、一読者としての私の、個人的な趣味からの選択と推薦であり、営業的関係者では全然ありません(^^)
著者名のあいうえお順です。

「えんの松原」著:伊藤遊先生 画:太田大八先生 福音館書店
中学生の国語の教科書全てを拝見したら、読書案内のリストに、伊藤先生のご本は「鬼の橋」と「ユウキ」(ともに福音館書店)がありましたが、このご本はなかったですね、たしか。
私個人はこの作品が一番好きです。平安時代の宮中、怨霊、女装の美少年、勝ち気な少女、というキーワードにピンと来たらぜひどうぞ(笑)

「虚空の旅人」&「蒼路の旅人」著:上橋菜穂子先生 画:佐竹美保先生 偕成社
異世界ファンタジー「守り人」シリーズ外伝。なぜかこっちの方が好きなのは、少年主人公だから? 守り人シリーズの1巻「精霊の守り人」(画:二木真希子先生 偕成社)だけ読んでいれば、人間関係と舞台設定はだいたい判ると思います。
上橋先生で私が一番好きなのは、この物語のひみつの1「時海の素」にあげた「月の森にカミよ眠れ」(偕成社文庫)ですね。こちらは奈良時代くらいの九州が舞台です。あわせてお勧めします。

「風神秘抄」著:荻原規子先生 徳間書店
世界観を共有してはいますが、「勾玉三部作(徳間ノベルスEdge)」を読んでなくても大丈夫です。舞台は、源頼朝の少年時代。笛を吹く戦う少年、天才的舞姫のツンデレ少女、この二人の純愛と離別と、少女を取り戻そうとする少年の冒険。
いつもの荻原ワールドとはちょっと逆な、男のコ視点の物語です。なお、私が一番好きな荻原先生のご本は、実は「樹上のゆりかご」(理論社・C☆NOVELS中央公論新社)という、現代学園ミステリーだったりします。

「サラシナ」著:芝田勝茂先生 画:佐竹美保先生 あかね書房
漢字で書けば「更級」。モチーフとしては、「勾玉三部作」の「薄紅天女」と同じです。皇女と坂東の若者の、身分違いの恋のエピソード、桓武天皇の時代。
でも、これはアイディアのひとひねりがきいています。必然的に導かれるラストシーンには泣きそうになりました。

「水底の棺」著:中川なをみ先生 画:村上豊先生 くもん出版
平安末期の争乱時代、せいいっぱいに生き抜いた一人の少年。ジェットコースター展開と悲恋が印象深い、読後心に何かがひっかかって残る物語です。


さらに、「少年いっぱいよりどりみどり」が好きなあなたに(笑)必読のシリーズをご紹介。

「バッテリー」シリーズ全6巻 著:あさのあつこ先生 画:佐藤真紀子先生 教育画劇 文庫版は角川書店から刊行中 「あすかコミックス」版もありますよ。
中学の野球部です。私のような病弱弟属性の方にはたまりません……いえ、そこじゃなくて、クールな主人公と周囲の少年たちにしびれてください。

「ビート・キッズ」シリーズ全2巻 著:風野潮先生 講談社
バンドを組む少年たち! 映画ではひとりが少女でしたが、原作は少年です。かっこいいんですよ。人情劇で熱くなります。講談社文庫版・KCコミックスもあります。

「DIVE!!」シリーズ全4巻 著:森絵都先生 講談社
高飛び込み競技で、将来のオリンピック選手を目指す少年たち。ライバルとの戦いと友情、息もつかせない展開が、これぞスポーツものってかんじです。文庫版は角川書店から上・下巻で。

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved