風の鳴る音
これまでの作品
物語のひみつ11
穂(みのり)神社のひみつ
物語のひみつ10
言霊師どーもプロフィール
物語のひみつ9
おうばがふところの世界
物語のひみつ8
コウヤ4ネタばれとあとがきに書ききれなかった伝説
物語のひみつ7
コウヤ3のネタばれ
物語のひみつ6
コウヤ2のネタばれ
物語のひみつ5
図書袋の思い出
物語のひみつ4
感想文の宿題に、おすすめ本
物語のひみつ3
続・時海結以の素(歴史編)
物語のひみつ2
「コウヤの伝説」はいつ、どこのお話?
過去の物語のひみつ一覧
小学生むけの作品

これまでの作品はこちら

 

最新の物語のひみつ

《その11》

「どーも」2巻の舞台は穂(みのり)神社。

どんな場所か、リョウに教えてもらいましょう。
嶺河(りょうが)くん、よろしくお願いします。


――おれ? いいよ。うちのことなら、まかせとけって。

うちの神社はじーちゃんが宮司(ぐうじ)、父ちゃんが禰宜(ねぎ)で、神主はそのふたり。
ほかに巫女(みこ)さんが三人で、母ちゃんが事務を手伝ってるんだ。
お正月はアルバイトの巫女さんもいるよ。

上の兄ちゃん、太洋(たいよう)っていうんだけど、この春から神主になる学科のある大学へ通ってるよ。
下の兄ちゃん、峻地(しゅんじ)は高校一年、神主には興味がないみたいで、高校入ったら部活がいそがしいとかって、神主修業もさぼってる。

おれは、ぜったい、うちの神主になりたいんだけどね。


そうそう、これは先祖代々縣(あがた)家の男子独特の習わしみたいなんだけど、名前がふたつあるんだ。
ふだん使う諱(いみな)と、神様に対して使ったり神主として正式に名乗るときに使う真名(まな)。

むかしはかんたんに名前が変えられたけど、今は市役所に戸籍(こせき)があってむりだよな。
変えられないことはないんだけど、じーちゃん(紘礎・ひろもとは真名だよ)のとき苦労したとかで、父ちゃんやおじさんからは戸籍の名前を音読したのが諱で、訓読みが真名なんだ。
戸籍の漢字にはふりがながないから、どっちもOK、ちなみに学校で名前を呼ばれたりするときの「住民票の読みがな」は諱になってる。

ホントはめったに真名を教えちゃだめなんだけど、特別に教えるとね。
太洋兄ちゃんは「まさひろ」、峻地兄ちゃんは「たかみち」、おれ嶺河は「みねゆき」っていうんだ。


あれ、話がずれたかな、えっと、穂神社のことだよな。

うちの神社ができたのは平安時代らしいけど、境内には千五百年くらい前の古墳(こふん)もあるからもっと前から何かあったんだと思うって、じーちゃんがいってた。
縣家は鎌倉時代くらいから、代々神主だっていうけど、実はもっと古いかもね。

うちの神さまは女神さまなんだ。
大気津比売命(おおげつひめのみこと)、食べものの神さまだぞ。
農業とか商売繁盛の神さまでもあるけどね。


それから、おれがいいたいのは、神社におまいりするときのポイントだな。

まず、鳥居の下と参道のどまん中は、神さまの通り道だから、歩かない。
おまいりの前に、鳥居の横に手水舎(てみずや)があるから、ひしゃくで水をくんで、手をすすいで、口もすすぐ。

おさい銭はすこしでもだいじょうぶだけど、よくばってお願いをしない。
神さまはたくさんの人のお願いをきいてるから、その中へうずもれないできいてもらいやすいよう、一つにしぼるのがいいと、おれは思うぞ。

おさい銭を箱へ入れたら、二回頭を下げ、二回ぱんぱんっと手をたたいて、お願いをして、もう一回頭を下げる。
いきなり後ろをむかないで、ほかの人にぶつからないよう気をつけて、横へずれてから、後ろをむくほうがいいよ。

神さまのいる建物の前を横切るときは、ま正面の三歩だけでいいから、頭を低くして、「失礼します」って姿勢をするんだ。


これは多くの神社でも同じだから、みんなの近くの神社へ行くときも、やってみてほしいな。


それと、いらなくなったお守りは、捨てないで神社へかえすといいよ。
よそのお守りでもひきとってもらえるか、近くの神社できいてみてね。
古いのをいつまでももってるより、お正月には新しくしたほうが、ご利益があるってじーちゃんがいってたっけ。

えっと、こんなんでいい?


はい、嶺河くん、ありがとうございました。

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved